構成エディター ツール (SvcConfigEditor.exe)Configuration Editor Tool (SvcConfigEditor.exe)

管理者と開発者は、Windows Communication Foundation (WCF) サービス構成エディター (SvcConfigEditor.exe) のグラフィカル ユーザー インターフェイスを使用して、WCF サービスの構成設定を作成および変更できます。The Windows Communication Foundation (WCF) Service Configuration Editor (SvcConfigEditor.exe) allows administrators and developers to create and modify configuration settings for WCF services using a graphical user interface. このツールを使用すると、XML 構成ファイルを直接編集せずに、WCF のバインディング、動作、サービス、および診断の設定を管理できます。With this tool, you can manage settings for WCF bindings, behaviors, services, and diagnostics without having to directly edit XML configuration files.

サービス構成エディターは、C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Bin フォルダーにあります。Service Configuration Editor can be found in the C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Bin folder.

WCF 構成エディターThe WCF Configuration Editor

サービス構成エディターには、WCF のサービスやクライアントを構成する手順をすべてガイドするウィザードが付属しています。Service Configuration Editor comes with a wizard that guides you through all the steps in configuring a WCF service or client. エディターで直接編集する代わりにウィザードを使用することを強くお勧めします。You are strongly advised to use the wizard instead of the editor directly.

標準の System.Configuration スキーマに準拠する構成ファイルが既にいくつかある場合は、ユーザー インターフェイスを使用してバインディング、動作、サービス、および診断の固有の設定を管理できます。If you already have some configuration files that comply with the standard System.Configuration schema, you can manage specific settings for bindings, behavior, services, and diagnostics with the user interface. サービス構成エディターを使用すると、既存の WCF 構成ファイルの設定だけでなく、実行可能ファイル、COM+ サービス、および Web ホスト サービスの設定を管理できます。The Service Configuration Editor enables you to manage the settings for existing WCF configuration files as well as executable files, COM+ services, and Web-hosted services. サービス構成エディターで Web ホスト サービスを開くと、上位レベル ノードのサービス固有の構成セクションおよび継承された構成セクションの両方が表示されます。When opening a Web-hosted service with Service Configuration Editor, both the service’s own configuration and inherited configurations sections of upper level nodes are shown.

WCF 構成設定は、構成ファイルの <system.serviceModel> セクションにあるため、エディターはこの要素の内容だけを操作し、同じファイル内の他の要素にはアクセスしません。Because WCF configuration settings are located in the <system.serviceModel> section of the configuration file, the editor operates exclusively on the content of this element and does not access other elements in the same file. 既存の構成ファイルに直接移動したり、サービス、仮想ディレクトリ、または COM+ サービスを含むアセンブリを選択することができます。You can navigate to existing configuration files directly or you can select an assembly that contains a service, virtual directory, or COM+ service. エディターがその特定のサービスの構成ファイルを読み込むと、ユーザーは新しい要素を追加したり、構成ファイルの <system.serviceModel> セクションで入れ子になっている既存の要素を編集することができます。The editor loads the configuration file for that particular service and allows the user to either add new elements or edit existing elements nested in the <system.serviceModel> section of the configuration file.

エディターは、IntelliSense をサポートし、スキーマ準拠を強制します。The editor supports IntelliSense and enforces schema compliance. 結果として得られる出力は、構成ファイルのスキーマに準拠し、構文的に正しいデータ値を持つことが保証されます。The resulting output is guaranteed to comply with the schema of the configuration file and to have syntactically correct data values. ただし、エディターは構成ファイルのセマンティクスが有効であることは保証しません。However, the editor does not guarantee that the configuration file is semantically valid. つまり、エディターは構成ファイルが関連するサービスで有効に機能することは保証しません。In other words, the editor does not guarantee that the configuration file can work with the service it configures.

注意事項

要素を変更すると、エディターは構成ファイルからその構成要素を削除できません。The editor cannot purge a configuration element from the configuration file once you have modified the element. たとえば、エディターを使用してエンドポイント名を空でない文字列に設定して保存すると、構成ファイルは次の内容になります。For example, if you use the editor to set the endpoint name to a non-empty string and save it, the configuration file has the following content, as shown in the following example.

<endpoint binding="basicHttpBinding" name="somename" />

そのエンドポイント名を削除するために名前を空の文字列に設定して保存しようとしても、構成ファイルには、name 属性が残ります。If you attempt to remove the name by setting it to an empty string and save the file, the configuration file still contains the name attribute, as shown in the following example.

<endpoint binding="basicHttpBinding" name="" />

属性を削除するには、別のテキスト エディターを使用して要素を手動で編集する必要があります。To purge the attribute, you must manually edit the element using another text editor.

特に、issueToken エンドポイント動作の clientCredential 要素を使用する場合は、この問題に注意する必要があります。You should be especially careful with this issue when you use the issueToken element of the clientCredential Endpoint behavior. 具体的には、address サブ要素の localIssuer 属性を空の文字列にしないようにします。Specifically, the address attribute of its localIssuer sub-element must not be an empty string. 構成エディターを使用して既に address 属性を変更している場合にその属性を完全に削除したい場合は、構成エディター以外のツールを使用して削除する必要があります。If you have modified the address attribute using the Configuration Editor and want to remove it completely, you should do so using a tool other than the Editor. そうでない場合、属性は空の文字列を含むことになるため、アプリケーションは例外をスローします。Otherwise, the attribute contains an empty string and your application throws an exception.

構成エディターの使用Using the Configuration Editor

サービス構成エディターは、次の Windows SDK のインストール場所にあります。The Service Configuration Editor can be found at the following Windows SDK installation location:

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Bin\SvcConfigEditor.exeC:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Bin\SvcConfigEditor.exe

サービス構成エディターを起動した後、ファイル メニューから 開く メニューを使用して、管理するサービスまたはアセンブリを参照することができます。After you launch the Service Configuration Editor, you can use the File/Open menu to browse for the service or assembly you want to manage. 構成ファイルを直接開き、WCF /COM+ サービスを参照し、Web ホスト サービスの構成ファイルを開くことができます。You can open configuration files directly, browse for WCF /COM+ services, and open configuration files for Web-hosted services.

サービス構成エディターのユーザー インターフェイスは、次の領域に分割されています。The Service Configuration Editor's user interface is divided into the following areas:

  • ツリー ビュー ペイン: 左側に構成要素をツリー構造で表示します。Tree View Pane, which displays configuration elements in a tree structure on the left. ノードを右クリックと、ツリーで操作を実行できます。You can perform operations in the tree by right-clicking the nodes.

  • タスク ペイン: ウィンドウの左下に現在の要素の一般的なタスクを表示します。Task Pane, which displays common tasks for current elements on the lower-left of the window

  • 詳細ペイン: ツリー ビューで選択された構成ノードの詳細設定を右側に表示します。Detail Pane, which displays detailed settings of the configuration node selected in the Tree View on the right.

構成ファイルを開くOpening a Configuration File

  1. コマンドウィンドウを使用してサービス構成エディターを起動し、WCF のインストール場所に移動して、「SvcConfigEditor.exe」と入力します。Start Service Configuration Editor by using a command window to navigate to your WCF installation location, and then type SvcConfigEditor.exe.

  2. [ファイル] メニューの [開く] を選択し、管理するファイルの種類をクリックします。From the File menu, select Open and click the type of file you want to manage.

  3. [開く] ダイアログボックスで、管理する特定のファイルに移動し、ダブルクリックします。In the Open dialog box, navigate to the specific file you want to manage and double-click it.

ビューアーは、構成のマージ パスを自動的にたどり、マージされた構成のビューを生成します。The viewer automatically follows the configuration merge path and creates a view of the merged configuration. たとえば、ホストされていないサービスの実際の構成は、machine.config と App.config を組み合わせたものです。変更は、Svcconfigeditor.exe 内のアクティブファイルに適用されます。For example, the actual configuration of a non-hosted service is a combination of Machine.config and App.config. Any changes are applied to the active file in the SvcConfigEditor. 構成マージ パスの特定ファイルを編集する場合は、直接開く必要があります。If you want to edit a specific file in the configuration merge path, you should open it directly.

注意

構成ファイルが構成エディター以外で変更されている場合、構成エディターは、現在開いている構成ファイルを再読み込みします。Configuration Editor reloads the currently opened configuration file when the latter has been modified outside the Editor. 再読み込みが発生すると、エディター内で永続的に保存されていないすべての変更が失われます。When this happens, all the changes that are not durably saved inside the Editor are lost. 再読み込みが連続して発生する場合は、構成ファイルに定期的にアクセスするサービス (バックグラウンドで実行するウイルス対策ソフトウェアなど) が原因と考えられます。If reloading happens consistently, the most likely cause is a service that constantly accesses the configuration file, for example, an antivirus software running in the background. この問題を解決するには、ファイルが開いているときに、構成エディターがそのファイルにアクセスできる唯一のプロセスであることを保証する必要があります。To resolve this, ensure that Configuration Editor is the only process that can access the file when it is opened.

ServicesServices

サービスノードには、構成ファイルで現在割り当てられているすべてのサービスが表示されます。The Services node displays all of the services currently assigned in the configuration file. ツリー内の各サブノードは、構成ファイル内の < services > 要素のサブ要素に対応します。Each sub-node in the tree corresponds to a sub-element of the <services> element in the configuration file.

[サービス] ノードをクリックすると、詳細ペインの [サービスの概要] ページでタスクを表示または実行できます。When you click the Services node, you can view or perform tasks on the service Summary Page in the Detail Pane.

新しいサービス構成の作成Creating a new Service Configuration

新しいサービス構成は次の方法で作成できます。You can create a new service configuration in the following ways:

  • ウィザードの使用: リンクをクリックして新しいサービスを作成...Using a Wizard: Click the link Create a New Service… [タスク] ウィンドウまたは [概要] ページで、ウィザードを起動します。on the Task Pane or Summary Page to launch the wizard. また、 [ファイル] メニューの [新しい項目の追加] を > ます。You can also do so in the File menu -> Add New Item.

  • 手動で作成する: [サービス] ノードを右クリックし、 [新しいサービス] を選択します。Create manually: You can right-click the Services node and choose New Service.

新しいサービス エンドポイント構成の作成Creating a new Service Endpoint Configuration

新しいサービス エンドポイント構成は次の方法で作成できます。You can create a new service endpoint configuration in the following ways:

  • ウィザードを使用して作成する: [新しいサービスエンドポイントの作成...] リンクをクリックします。Create using a Wizard: click the link Create a New Service Endpoint… [タスク] ウィンドウまたは [概要] ページで、ウィザードを起動します。on the Task Pane or Summary Page to launch the wizard. また、 [ファイル] メニューの [新しい項目の追加] を > ます。You can also do so in the File menu -> Add New Item.

  • 手動で作成: サービスを作成したら、 [エンドポイント] ノードを右クリックし、 [新しいサービスエンドポイント] を選択します。Create manually: Once you created a Service, you can right-click the Endpoints node and choose "New Service Endpoint".

サービス構成の編集Editing a Service Configuration

  1. サービスノードをクリックします。Click a Service node.

  2. プロパティ グリッドで設定を編集します。Edit the settings in the property grids.

サービス エンドポイント構成の編集Editing a Service Endpoint Configuration

  1. [サービスエンドポイント] ノードをクリックします。Click a Service Endpoint node.

  2. プロパティ グリッドで設定を編集します。Edit the settings in the property grids.

ベース アドレスの追加Adding a Base Address

  1. [ホスト] ノードをクリックします。Click the Host node.

  2. [新規] をクリックします。Click the New… [ベースアドレス] セクションのボタンbutton in the Base Addresses section.

  3. ダイアログ ボックスにベース アドレスの URI を入力します。Type in the base address URI in the dialog box.

  4. [OK] をクリックします。Click OK.

注意

このツール内で<baseAddressPrefixFilters >の値を編集することはできません。You cannot edit the value of <baseAddressPrefixFilters> inside this tool. この要素を追加または変更するには、テキスト エディターまたは Visual Studio を使用する必要があります。To add or modify this element, you should use a text editor or Visual Studio.

クライアントClient

クライアントノードには、構成ファイル内のすべてのクライアントエンドポイントが表示されます。The Client node displays all of the client endpoints in the configuration file. ツリー内のすべてのサブノードは、構成ファイル内の < client > 要素のサブ要素に対応します。Every sub-node in the tree corresponds to a sub-element of the <client> element in the configuration file.

[クライアント] ノードをクリックすると、詳細ウィンドウの [クライアントの概要] ページでタスクを表示または実行できます。When you click the Client node, you can view or perform tasks on the client Summary Page in the Detail Pane.

新しいクライアント エンドポイント構成の作成Creating a new Client Endpoint Configuration

新しいクライアント エンドポイント構成は次の方法で作成できます。You can create a new client endpoint configuration in the following ways:

  • ウィザードによる作成: [新しいクライアントの作成] リンクをクリックします。Create by Wizard: Click the link Create a New Client… ウィンドウの左下の作業ウィンドウまたは [概要] ページで、ウィザードを起動します。on the Task Pane on the lower-left of the window, or Summary Page to launch the wizard. また、 [ファイル] メニューの [新しい項目の追加] を > ます。You can also do so in the File menu -> Add New Item. クライアント構成を生成するサービス構成の場所の指定を求めるプロンプトが表示されます。The wizard prompts you to point to the location of the service configuration, from which the client configuration is generated. 接続するサービス エンドポイントを選択できるようになります。You can then choose the service endpoint to connect to.

  • 手動で作成する: [クライアント] の下の [エンドポイント] ノードを右クリックし、 [新しいクライアントエンドポイント] を選択します。Create manually: Right-click the Endpoints node under Client, and choose New Client Endpoint.

クライアント エンドポイント構成の編集Editing a Client Endpoint Configuration

  1. [クライアントエンドポイント] ノードをクリックします。Click a Client Endpoint node.

  2. プロパティ グリッドで設定を編集します。Edit the settings in the property grids.

標準エンドポイントStandard Endpoint

標準エンドポイントは、既定値に設定されたアドレス、コントラクト、およびバインディングの 1 つ以上の特性を持つ特殊なエンドポイントです。Standard endpoints are specialized endpoints that have one or more aspects of the address, contract and binding set to default values.

このような構成設定は、標準エンドポイントノードに格納されます。Such configuration settings are stored in the Standard Endpoint node. [標準エンドポイント] ノードには、構成ファイル内のすべての標準エンドポイント設定が表示されます。The Standard Endpoint node displays all of the standard endpoint settings in the configuration file. ツリー内のすべてのサブノードは、構成ファイル内の @no__t 0 要素のサブ要素に対応します。Every sub-node in the tree corresponds to a sub-element in the <standardEndpoints> element in the configuration file.

[標準エンドポイント] ノードをクリックすると、詳細ペインの標準エンドポイントの概要ページでタスクを表示または実行できます。When you click the Standard Endpoint node, you can view or perform tasks on the standard endpoint Summary Page in the Detail Pane.

新しい標準エンドポイント構成の作成Creating a New Standard Endpoint Configuration

新しい標準エンドポイント構成は、次の方法で作成できます。You can create a new standard endpoint configuration in the following ways:

  • [標準エンドポイント] ノードを右クリックし、 [新しい標準エンドポイント構成...] を選択します。Right-click the Standard Endpoint node and select New Standard Endpoint Configuration… ダイアログボックスでバインドの種類を選択し、 [OK] をクリックします。Select the binding type in the dialog box and click OK.

  • [標準エンドポイント] ノードを選択し、 [新しい標準エンドポイント構成...] をクリックします。Select the Standard Endpoint node and click New Standard Endpoint Configuration… ウィンドウの左下にある作業ウィンドウを表示します。in the Task Pane on the lower-left of the window.

[新しい標準エンドポイントの作成] ダイアログボックスが表示され、登録されているすべての標準エンドポイントの種類が一覧表示されます。The Creating a New Standard Endpoint dialog box displays and lists all registered standard endpoint types.

標準エンドポイント構成の表示および編集Viewing and Editing a Standard Endpoint Configuration

表示および編集する標準エンドポイント構成は、次の方法で開くことができます。You can open a standard endpoint configuration for viewing and editing in the following ways:

  • [標準エンドポイント] ノードをクリックして展開し、それぞれのエンドポイントサブノードをクリックします。Click to expand the Standard Endpoint node and click the respective endpoint sub-node.

  • [標準エンドポイント] ノードをクリックし、詳細ペインでそれぞれのエンドポイントをクリックします。Click the Standard Endpoint node and click the respective endpoint on the Detail pane.

エンドポイントの属性を右ペインに表示して、編集できます。Attributes for the endpoint are shown in the right pane for editing.

標準エンドポイント構成の削除Deleting a Standard Endpoint Configuration

標準エンドポイント構成は次の方法で削除できます。You can delete a standard endpoint configuration in the following ways:

  • [標準エンドポイント] ノードをクリックして展開し、それぞれのエンドポイントサブノードを右クリックします。Click to expand the Standard Endpoint node and right-click the respective endpoint sub-node. エンドポイントを削除するには、コンテキストコマンドの [標準エンドポイント構成の削除] を使用します。Use the context command Delete Standard Endpoint Configuration to delete the endpoint.

  • [標準エンドポイント] ノードをクリックします。Click the Standard Endpoint node. 作業ウィンドウで、 [標準エンドポイント構成の削除] をクリックします。In the Task pane, click Delete Standard Endpoint Configuration.

標準エンドポイントが使用されている場合、削除しようとすると警告メッセージが表示されます。標準エンドポイントは使用中です。ここで削除する場合は、構成の他の部分 (サービスエンドポイントやクライアントエンドポイントなど) ですべての参照を必ず削除してください。それ以外の場合、構成は無効になり、次回は開くことができません。標準エンドポイントを削除しますか? "If the standard endpoint is in used, a warning message is displayed when you attempt to delete it: The standard endpoint is in use. If you delete it now, please be sure to delete all of its references in other parts of the configuration (for example, in the service endpoint or client endpoint). Otherwise, the configuration will be invalid and cannot be opened next time. Are you sure you want to delete the standard endpoint?"

バインディングBinding

バインディング構成は、エンドポイントでバインディングを構成するために使用されます。Binding configurations are used to configure bindings on endpoints. このような構成設定は、バインドノードに格納されます。Such configuration settings are stored in the Binding node. エンドポイントはバインド構成を名前で参照し、複数のエンドポイントは単一のバインド構成を参照できます。Endpoints reference binding configurations by name and multiple endpoints can reference a single binding configuration.

[バインド] ノードには、構成ファイル内のすべてのバインド設定が表示されます。The Bindings node displays all of the binding settings in the configuration file. ツリー内のすべてのサブノードは、構成ファイル内の < bindings > 要素のサブ要素に対応します。Every sub-node in the tree corresponds to a sub-element in the <bindings> element in the configuration file.

[バインド] ノードをクリックすると、詳細ペインの [バインドの概要] ページでタスクを表示または実行できます。When you click the Bindings node, you can view or perform tasks on the binding Summary Page in the Detail Pane.

新しいバインド構成の作成Creating a New Binding Configuration

新しいバインド構成は次の方法で作成できます。You can create a new binding configuration in the following ways.

  • [バインド] ノードを右クリックし、 [新しいバインド構成] ... を選択します。Right-click the Bindings node and select New Binding Configuration ダイアログボックスでバインドの種類を選択し、 [OK] をクリックします。Select the binding type in the dialog box and click OK.

  • [バインド] ノードを選択し、 [新しいバインド構成] ... をクリックします。Select the Bindings node and click New Binding Configuration ウィンドウの左下にある作業ウィンドウを表示します。in the Task Pane on the lower-left of the window.

  • サービスまたはクライアントの概要ページで、 [バインドの構成] フィールドの [クリックして作成] をクリックし、対応するエンドポイントのバインド構成を作成します。In the service or client summary page, click Click to Create in the Binding Configuration field to create a binding configuration for the corresponding endpoint.

カスタム バインディングへのバインディング要素拡張の追加Adding Binding Element Extensions to a Custom Binding

  1. 拡張要素を追加するバインディングを選択します。Select the binding you want to add an extension element to.

  2. [追加] をクリックします。Click Add.

  3. 使用できる拡張一覧から、追加するバインド要素拡張を選択します。From the list of available extensions, select the binding element extension you want to add. 複数の項目を選択するには、Ctrl キーを同時に押します。To select multiple items, press the CTRL key simultaneously.

  4. [追加] をクリックします。Click Add.

カスタム バインドの拡張位置の調整Adjusting the Extension Position in a Custom Binding

カスタム バインドは、スタックを形成するバインド要素のコレクションです。A custom binding is a collection of binding elements that form a stack. スタックの各バインド要素には、独自の構成設定があります。Each binding element on the stack has its own configuration settings. カスタム バインド内のバインド要素拡張の順序は、スタック内のそれらの位置を示します。The order of the binding element extensions in a custom binding indicates their positions in the stack. スタック最上位の要素が最初に適用されます。Elements at the top of the stack are applied first. 順序を変更するにはTo change the ordering:

  1. カスタム バインディング ノードを選択します。Select the custom binding node.

  2. [バインド要素拡張の位置] セクションで、1つのバインド拡張要素を選択します。Select one binding extension element in the Binding Element Extension Position section.

  3. 一覧の左側にある上矢印または 矢印ボタンを使用して、選択した要素の位置を変更します。Use the Up or Down button on the left side of the list to change the position of the selected element.

カスタム バインドのバインド要素拡張の構成の編集Editing the Configuration of Binding Element Extensions in a Custom Binding

  1. ツリー内のバインディング ノードを選択します。Select the binding node in the tree.

  2. 編集する要素を含むカスタム バインディングを選択します。Select the custom binding that contains the element you want to edit.

  3. 編集するバインド要素拡張を選択します。Select the binding element extension you want to edit. 要素の設定が、編集場所の右ペインに表示されます。The settings of the element appear in the right pane, where they can be edited.

診断Diagnostics

[診断] ノードには、構成ファイル内のすべての診断設定が表示されます。The Diagnostics node displays all of the diagnostic settings in the configuration file. パフォーマンスカウンターを有効または無効にしたり、Windows Management Instrumentation (WMI) を有効または無効にしたり、WCF トレースを構成したり、WCF メッセージログを構成したりすることができます。It enables you to turn performance counters on or off, enable or disable Windows Management Instrumentation (WMI), configure WCF tracing, and configure WCF message logging. 診断ノードの設定は、構成ファイルの < system.diagnostics > セクション、および <system.serviceModel><diagnostics> セクションに対応します。The settings in the Diagnostics node correspond to the <system.diagnostics> section, and <diagnostics> section in <system.serviceModel> in the configuration file.

[診断] ノードをクリックすると、詳細ウィンドウの [診断の概要] ページでタスクを表示または実行できます。When you click the Diagnostics node, you can view or perform tasks on the diagnostics Summary Page in the Detail Pane.

パフォーマンス カウンターと WMI の構成Configuring performance counters and WMI

  1. [診断] ノードをクリックします。Click the Diagnostics node.

  2. [パフォーマンスカウンターの切り替え] をクリックします。Click Toggle Performance Counters. パフォーマンス カウンターには、Off (既定)、ServiceOnly、All の 3 つの状態があります。The performance counter has three states: Off (default), ServiceOnly, and All. リンクをクリックすると、これらの 3 つの状態の間で設定が切り替わります。Clicking the link toggles the setting among these three states.

WMI プロバイダーの構成Configuring WMI Provider

  1. [診断] ノードをクリックします。Click the Diagnostics node.

  2. WMI プロバイダーを有効にするには、[ Wmi プロバイダーを有効にする] リンクをクリックします。To enable WMI provider, click the Enable WMI Provider link.

WCF トレースの有効化Enabling WCF Tracing

標準プロパティを持つ WCF トレース ファイルを作成したり、カスタム トレース ファイルを設定したりできます。You can create a WCF trace file with standard properties or set up a custom trace file.

  1. [診断] ノードをクリックします。Click the Diagnostics node.

  2. [トレースを有効にする] をクリックします。Click Enable Tracing.

  3. トレースレベルを調整するには、 [トレースレベル] リンクをクリックします。Click the Trace Level link to adjust the trace level. トレース レベルは、Off、Critical、Error、Warning、Information、Verbose の 6 つあります。There are six trace levels: Off, Critical, Error, Warning, Information, and Verbose. [アクティビティのトレース][アクティビティの伝達] オプションを使用すると、WCF アクティビティトレース機能を使用できます。The Activity Tracing and Propagate Activity option enable you to use the WCF activity tracing feature.

  4. トレース ファイルとオプションを指定するには、トレース リスナー名をクリックします。Click the trace listener name to specify the trace file and options.

WCF ログの有効化Enabling WCF Logging

標準プロパティを持つ WCF トレース ファイルを作成したり、カスタム トレース ファイルを設定したりできます。You can create a WCF trace file with standard properties or set up a custom trace file.

  1. [診断] ノードをクリックします。Click the Diagnostics node.

  2. [メッセージログの有効化] をクリックします。Click Enable Message Logging.

  3. ログレベルを調整するには、 [ログレベル] リンクをクリックします。Click the Log Level link to adjust the log level. ログ レベルには、無効な形式、サービス、トランスポートの 3 つがあります。There are three log levels: Malformed, Service, and Transport.

  4. ログ ファイルとオプションを指定するには、リスナー名をクリックします。Click the listener name to specify the log file and options.

注意

アプリケーションを閉じたときにトレースログとメッセージログを自動的にフラッシュする場合は、 [自動フラッシュ] オプションを有効にします。If you want the trace and message logs to be flushed automatically when your application is closed, enable the Auto Flush option.

[診断概要] ページでは、診断の構成で最も一般的なタスクを実行できます。The Diagnostics Summary Page enables you to accomplish the most common tasks in configuring diagnostics. ただし、リスナーとソースの設定を手動で編集する場合は、 [診断] ノードを展開し、[メッセージログリスナー 、およびソース] ノードで設定を編集する必要があります。However, if you want to manually edit the Listeners and Sources settings, you must expand the Diagnostics node and edit settings in Message Logging, Listeners and Sources node.

WCF カスタム トレースまたはメッセージ ログの有効化Enabling WCF Custom Tracing or Message Logging

  1. [診断] ノードをクリックし、展開します。Click the Diagnostics node, and expand it.

  2. [リスナー] ノードを右クリックし、 [新しいリスナー] を選択します。Right-click the Listeners node and select New Listener.

  3. [InitData] フィールドにトレースファイル名を入力します。Type in the trace file name in the InitData field. [...] をクリックすると、をクリックしてパスを参照します。You can click the "…" button to browse to a path.

  4. [TypeName] 行をクリックすると、"..." と表示されます。;.Clicking the TypeName line displays a "…" button. このボタンをクリックすると、[トレースリスナーの種類] ブラウザーが開きます。このブラウザーを使用すると、既にインストールされている構成済みのトレースリスナーを見つけることができます。Click this button to open the Trace Listener Type Browser, which you can use to find pre-configured trace listeners that are already installed.

  5. [ソース] セクションに注意してください。Note the Source section. このセクションの [追加] をクリックして、使用可能なトレースソースを一覧表示するドロップダウンメニューを含むダイアログボックスを開きます。Click Add in this section to open a dialog box with a drop-down menu, which lists available tracing sources. トレースソースを選択し、[ OK] をクリックします。Select a tracing source and click OK.

  6. メッセージログの設定を編集するには、 [メッセージログ] ノードをクリックします。To edit Message Logging settings, click the Message Logging node. プロパティ グリッドで設定を編集できます。You can edit the settings in the property grid.

詳細設定Advanced

ビヘイビアーBehaviors

ビヘイビアーノードには、構成ファイルで現在定義されている動作が表示されます。The Behaviors node displays the behaviors that are currently defined in the configuration file.

動作構成は、エンドポイントとサービスの動作を構成するために使用されます。Behavior configurations are used to configure behaviors of endpoints and services. このような構成設定は、[サービスの動作エンドポイントの動作] の [詳細設定] ノードに格納されます。Such configuration settings are stored in the Advanced node under Service Behaviors and Endpoint Behaviors. サービス動作はサービスによって使用され、エンドポイント動作はエンドポイントによって使用されます。Service behaviors are used by services; whereas endpoint behaviors by endpoints.

動作は、スタックを形成する拡張要素のコレクションです。Behaviors are a collection of extension elements that for a stack. スタック最上位の要素が最初に適用されます。The element at the top of the stack is applied first. 各拡張要素は独自の構成を持つことができます。Each extension element can have its own configuration.

新しい動作構成の作成Creating a new Behavior Configuration

新しい動作構成は次の 2 つの方法で作成できます。You can create a new behavior configuration in two ways.

  • 動作ノードの1つを右クリックし、 [新しい動作の構成...] を選択します。Right-click one of the behavior nodes and select "New Behavior Configuration…

  • 動作ノードの1つを選択し、[新しい動作の構成...] をクリックします。Select one of the behavior nodes and click the New Behavior Configuration ウィンドウの左下にある作業ウィンドウを表示します。in the Task Pane on the lower-left of the window.

動作への動作要素拡張の追加Adding Behavior Element Extensions to a Behavior
  1. 動作ノードのいずれかを選択します。Select one of the behavior nodes.

  2. 編集する動作を選択します。Select the behavior you want edit.

  3. [追加] をクリックします。Click Add.

  4. 使用できる拡張一覧から、追加する動作要素拡張を選択します。From the list of available extensions, select the behavior element extension you want to add.

  5. [追加] をクリックします。Click Add.

動作の拡張位置の調整Adjusting the Extension Position in a Behavior

動作は、スタックを形成する要素のコレクションです。Behaviors are collections of elements that form a stack. スタックの各要素には、独自の構成があります。Each element on the stack has its own configuration. 動作内の動作要素拡張の順序は、スタック内のそれらの位置を示します。The order of the behavior element extensions in a behavior indicates their positions in the stack. スタック最上位の要素が最初に適用されます。Elements at the top of the stack are applied first. 順序を変更するにはTo change the ordering:

  1. 動作ノードのいずれかを選択します。Select one of the behavior nodes.

  2. 編集する動作を選択します。Select the behavior you want edit.

  3. [動作要素拡張の位置] セクションで、動作拡張要素を選択します。Select a behavior extension element in the Behavior Element Extension Position section.

  4. 一覧の左側にある上矢印または 矢印ボタンを使用して、選択した要素の位置を変更します。Use the Up or Down button on the left side of the list to change the position of the selected element.

動作要素拡張の構成の編集Editing the Configuration of Behavior Element Extensions
  1. ツリー内の動作ノードの 1 つを選択します。Select one of the behavior nodes in the tree.

  2. 編集する要素を含む動作を選択します。Select the behavior that contains the element you want to edit.

  3. 編集する動作要素拡張を選択します。Select the behavior element extension you want to edit. 要素の設定が、編集場所の右ペインに表示されます。The settings of the element appear in the right pane where they can be edited.

ProtocolMappingProtocolMapping

このセクションでは、プロトコル アドレス スキームと可能なバインドの間に定義されているマッピングを介して、http、tcp、MSMQ、net.pipe などのさまざまなプロトコルに対する既定のバインドの種類を設定できます。This section allows you to set default binding types for different protocols such as http, tcp, MSMQ or net.pipe through defined mapping between protocol address schemes and the possible bindings. 他のプロトコルへの新しいマッピングを追加することもできます。You can also add new mappings to other protocols.

の拡張Extensions

新しいバインディング拡張、バインディング要素拡張、標準エンドポイント拡張、および動作拡張を登録して、WCF 構成で使用することができます。New binding extensions, binding element extensions, standard endpoint extensions and behavior extensions can be registered for use in WCF configuration. 拡張は、名前と種類のペアです。Extensions are name/type pairs. 名前は構成の拡張の名前を定義し、種類は拡張を実装します。The name defines the name of the extension in configuration, whereas the type implements the extension. 拡張には次の 4 種類があります。There are four types of extensions:

  • バインディング拡張は、バインディングの種類全体を定義します。Binding extensions define an entire binding type. 例 : basicHttpBindingExample: basicHttpBinding.

  • バインド要素拡張は、バインディングの要素を定義します。Binding element extensions define an element of a binding. 例 : textMessageEncodingExample: textMessageEncoding.

  • 標準エンドポイント拡張は、標準エンドポイント全体を定義します。Standard endpoint extensions define an entire standard endpoint. 例 : discoveryEndpointExample: discoveryEndpoint.

  • 動作要素拡張は、動作の要素を定義します。Behavior element extensions define an element of a behavior. 例 : clientViaExample: clientVia.

構成に登録されている拡張は、同じ種類の他のすべての WCF コンポーネントと同じように使用できます。Extensions that have been registered in configuration can be used like any other WCF component of the same type.

新しい機能の追加Adding a new extension

詳細設定ノード内の拡張ノードの 1 つを選択します。Select one of the extension nodes in the advanced nodes:

  1. [新規] をクリックします。Click New.

  2. 名前と種類を入力します。Enter a name and type.

  3. [OK] をクリックします。Click OK.

  4. 拡張は、エディターの適切な場所に表示されるようになります。The extension now appears in the appropriate place in the Editor. たとえば、動作要素拡張を追加すると、使用できる拡張一覧に表示されます。For example, if you add a behavior element extension, it appears in the list of available extensions.

ホスト環境Hosting Environment

ここでは、環境をホストするサービスのインスタンス化設定を定義できます。This section allows you to define instantiation settings for the service hosting environment.

ウィザードによる構成ファイルの作成Creating a Configuration File Using the Wizard

新しい構成ファイルを作成する 1 つの方法として、新しいサービス要素ウィザードを使用します。One way to create a new configuration file is to use the New Service Element Wizard. ウィザードは、インストールされているサービスの種類と、WCF と互換性のあるその他の要素 (COM + および Web ホストの仮想ディレクトリを含む) を検索し、それらを読み込んで、構成の作成を大幅に効率化します。The wizard finds the installed service types and other elements compatible with WCF on the computer, including COM+ and Web-hosted virtual directories, and loads them to make creating the configuration much more streamlined.

構成ファイルの作成Creating a Configuration File

  1. コマンドウィンドウを使用してサービス構成エディターを起動し、WCF のインストール場所に移動して、「SvcConfigEditor.exe」と入力します。Start Service Configuration Editor by using a command window to navigate to your WCF installation location, and then type SvcConfigEditor.exe.

  2. [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、作成する構成ファイルの種類に応じて [実行可能ファイル、 Com + サービス、またはweb ホステッドサービス] をクリックします。From the File menu, select Open and click Executable, COM+ Service, or WebHosted Service, depending on the type of configuration file you want to create.

  3. [開く] ダイアログボックスで、構成ファイルを作成する特定のファイルに移動し、ダブルクリックします。In the Open dialog box, navigate to the specific file you want to create a configuration file for and double-click it.

  4. [ファイル] メニューの [新しい項目の追加] をポイントし、 [サービス] をクリックします。In the File menu, point to Add New Item and click Service. 新しいサービス要素ウィザードが開きます。The New Service Element Wizard opens.

  5. ウィザードの手順に従って新しいサービスを作成します。Follow the steps in the wizard to create the new service.

注意

ウィザードによって生成される構成ファイルから NetPeerTcpBinding を使用する場合は、手動でバインディング構成要素を追加し、その mode 要素の security 属性を "None" に変更する必要があります。If you want to use the NetPeerTcpBinding from the configuration file generated by the Wizard, you have to manually add a binding configuration element and modify the mode attribute of its security element to "None".

COM+ の構成Configuring COM+

サービス構成エディターによって、既存の COM+ アプリケーションに新しい構成ファイルを作成したり、既存の COM+ 構成を編集することができます。The Service Configuration Editor enables you to create a new configuration file for an existing COM+ application, or edit an existing COM+ configuration. COM コントラクトノードは、構成ファイルに < comContract > セクションが存在する場合にのみ表示されます。The COM Contract node is only visible when the <comContract> section exists in the configuration file.

新しい COM+ 構成の作成Creating a New COM+ Configuration

新しい COM+ 構成を作成する前に、COM+ アプリケーションがコンポーネント サービスにインストールされて、グローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) に登録されていることを確認します。Before creating a new COM+ configuration, make sure that your COM+ application is installed in Component Services, and registered in the Global Assembly Cache (GAC).

  1. ファイル メニュー-> @no__t**com + アプリケーション統合**する を選択します。Select File menu -> Integrate -> COM+ Application. この操作は、現在開いているファイルを閉じます。This operation closes the current opened file. 現在のファイルに保存されていないデータがあれば、[保存] ダイアログ ボックスが表示されます。If there is unsaved data in the current file, a Save dialog appears. 次に、 Com + 統合ウィザードが起動します。The COM+ Integration Wizard is then launched.

  2. 最初のページで、ツリーから COM+ アプリケーションを選択します。In the first page, select the COM+ application from the tree. ツリーで COM+ アプリケーションが見つからない場合は、COM+ アプリケーションがコンポーネント サービスにインストールされて、グローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) に登録されていることを確認します。If you cannot find your COM+ application in the tree, verify that it is installed in the Component Services and registered in the Global Assembly Cache (GAC).

  3. 次のページで、WCF サービスとして公開するメソッドを選択します。In the next page, select which method(s) you want to expose as WCF services. 既定では、COM+ アプリケーションでサポートされるすべてのメソッドが表示され、選択されます。All the supported methods in the COM+ application are displayed and selected by default.

  4. ホスト メソッドを選択します。Choose a hosting method.

  5. ウィザードの手順に従って他の設定を構成します。Configure other settings according to the guides in the wizard.

  6. サービス構成エディターは、バックグラウンドで ComSvcConfig.exe を利用して、構成ファイルを生成します。Service Configuration Editor utilizes ComSvcConfig.exe in the background to generate configuration file. これが完了すると、概要を表示してウィザードを終了できます。After this is completed, you can view a summary and exit the wizard. 構成を直接編集できるように、生成された構成ファイルが開きます。The generated configuration file is opened so that you can edit it directly.

既存の COM+ 構成の編集Editing an Existing COM+ Configuration

  1. [ファイル] メニューの [@no__t のcom + サービス開く>] を選択します。Select File menu -> Open -> COM+ Service

  2. 編集する COM+ サービスを一覧から選択します。Select the COM+ Service you want to edit from the list.

  3. [COM コントラクト] ノードで構成設定を編集します。Edit configuration settings in the COM Contracts node.

    注意

    COM コントラクトを含む構成ファイルを直接開いて編集することもできます。You can also directly open and edit a configuration file that contains COM contracts.

セキュリティSecurity

構成エディターによって生成されるサービス構成ファイルは、セキュリティによる保護が保証されていません。A service configuration file generated by the Configuration Editor is not guaranteed to be secure. WCF サービスをセキュリティで保護する方法については、セキュリティのドキュメントを参照してください。Please refer to the Security documentation to find out how to secure your WCF services.

また、構成エディターを使用して読み書きできるのは、有効な WCF 構成要素だけです。In addition, the Configuration Editor can only be used to read and write valid WCF configuration elements. ツールは、スキーマに準拠するユーザー定義の要素を無視します。The tool ignores schema-compliant, user-defined elements. また、ツールがこれらの要素を構成ファイルから削除したり、既知の WCF 要素に対する影響を究明したりすることはありません。It also does not attempt remove these elements from the configuration file or determine their effects on the known WCF elements. これらの要素がアプリケーションやシステムに脅威を与えるかどうかを究明するのはユーザーの責任です。It is the user’s responsibility to determine whether these elements pose a threat to the application or the system.