トレースを使用したアプリケーションのトラブルシューティングUsing Tracing to Troubleshoot Your Application

このセクションには、トレースを使用してアプリケーションをトラブルシューティングする方法について説明したさまざまなトピックが含まれています。This section contains various topics that describe how you can use tracing to troubleshoot your application.

このセクションの内容In This Section

トレースとメッセージ ログの推奨設定Recommended Settings for Tracing and Message Logging
運用環境とデバッグ環境の推奨設定について説明します。Describes suggested settings for production and debugging environments.

サービス トレース ビューアーを使用した相関トレースの表示とトラブルシューティングUsing Service Trace Viewer for Viewing Correlated Traces and Troubleshooting
ここでは、サービス トレース ビューアー ツールを使用して、トレース データの表示、関連付け、および分析を行う方法について説明します。Describes how you can use the Service Trace Viewer tool to view, correlate and analyze trace data.

重要なトレースSignificant Traces
WCF によって生成される主要なトレースの一覧。A list of major traces emitted by WCF.

クライアントでのデバッグDebugging on the Client
クライアントでアプリケーションをデバッグできるようにします。Enables clients to debug your application.

エンドツーエンドのトレースのシナリオEnd-To-End Tracing Scenarios
E2E WCF シナリオ (同期 Wcf-wshttp 要求/応答、非同期 TCP 一方向要求など) に使用されるトレースについて説明します。Describes traces used for E2E WCF scenarios, for example, synchronous wsHttp request-replies, and asynchronous TCP one-way requests.

ユーザー コード トレースの出力Emitting User-Code Traces
プログラムを使用してユーザー コードでトレースを出力する方法について説明します。これによってインストルメンテーション データを事前に作成し、後の診断 (および WCF トレースとの関連付け) で使用できます。Describes how to emit traces programmatically in user code, so that you can proactively create instrumentation data to be used later for diagnostic purpose, and in correlation with WCF traces.

関連項目See also