メタデータ システムの拡張Extending the Metadata System

Windows Communication Foundation (WCF) のメタデータ システムは、サービス ベースのアプリケーションを実装するために必要なメタデータを表現するクラスとインターフェイスのグループです。The Windows Communication Foundation (WCF) metadata system is a group of classes and interfaces that represent metadata required to implement service-based applications. クラスを変更または拡張するか、WSDL (Web サービス記述言語) の拡張子やカスタム WS-PolicyAttachments アサーションなどのカスタム メタデータをエクスポート/インポートするインターフェイスを実装して構成します。Modify or extend the classes or implement and configure the interfaces to export and import custom metadata such as Web Services Description Language (WSDL) extensions or custom WS-PolicyAttachments assertions.

このセクションの内容In This Section

WCF 拡張に対するカスタム メタデータのエクスポートExporting Custom Metadata for a WCF Extension
System.ServiceModel.Description.IPolicyExportExtension インターフェイスを実装および使用して、カスタム ポリシー アサーションを WSDL ドキュメントに埋め込む方法を説明します。Describes how to implement and use the System.ServiceModel.Description.IPolicyExportExtension interface to embed custom policy assertions in WSDL documents.

WCF 拡張に対するカスタム メタデータのインポートImporting Custom Metadata for a WCF Extension
System.ServiceModel.Description.IPolicyImportExtension インターフェイスを実装および使用して、WSDL ドキュメント内のカスタム ポリシー アサーションの読み取りや応答を行う方法を説明します。Describes how to implement and use the System.ServiceModel.Description.IPolicyImportExtension interface to read and respond to custom policy assertions in WSDL documents.

カスタム バインディングを介したメタデータの公開と取得Publishing and Retrieving Metadata Over a Custom Binding
カスタム バインドを介してメタデータを交換する方法について説明します。Describes how to exchange metadata over custom bindings.