Windows Communication Foundation サンプルの 1 回限りのセットアップの手順One-Time Setup Procedure for the Windows Communication Foundation Samples

Windows Communication Foundation (WCF) サンプルのほとんどがインターネット インフォメーション サービス (IIS) でホストされているし、共通の仮想ディレクトリから実行します。Most of the Windows Communication Foundation (WCF) samples are hosted in Internet Information Services (IIS) and run from a common virtual directory. この 1 回限りのセットアップ手順は、ディスクにフォルダーを作成しますという名前の iis 仮想ディレクトリも追加ServiceModelSamplesします。This one-time setup procedure creates a folder on the disk; it also adds a virtual directory to IIS named ServiceModelSamples.

ServiceModelSamplesの構築と、IIS でホストされるサービスを使用するすべてのサンプルを実行する仮想ディレクトリが使用されます。The ServiceModelSamples virtual directory is used for building and running all samples that use an IIS-hosted service. サンプルの実行に必要な仮想ディレクトリはこれだけです。This is the only virtual directory that is required to run the samples. サンプルをビルドすると、この仮想ディレクトリにある、以前に配置されたサービスがすべて置き換えられます。この仮想ディレクトリには最近ビルドされたサンプルだけが配置されるため、そのサンプルしか使用できません。Building a sample will replace any previously deployed service at this virtual directory; only the most recently built sample will be deployed and available in this virtual directory.

注意

すべてのコマンドは、ローカル管理者アカウントで実行する必要があります。You must run all commands under a local administrator account. Windows 7、Windows VistaWindows Vista、または Windows Server 2008 R2 を使用している場合は、コマンド プロンプトも管理者権限で実行する必要があります。If you are using Windows 7, Windows VistaWindows Vista, or Windows Server 2008 R2, you must also run the command prompt with elevated privileges. これを行うには、コマンド プロンプトのアイコンを右クリックし、管理者として実行します。To do so, right-click the command prompt icon, and then click Run as administrator. このトピックで使用するすべてのコマンドは、適切なパスが設定されているコマンド プロンプトで実行する必要があります。All commands in this topic must be run in a command prompt that has the appropriate path settings. このようにするための最も簡単な方法は、Visual Studio コマンド プロンプトを使用する方法です。The easiest way to ensure this is by using the Visual Studio Command Prompt. このプロンプトを開くには、次のようにクリックします開始を選択しますすべてのプログラム、下へスクロールしてVisual Studio 2010を選択しますVisual Studio Tools、。右クリックしてVisual Studio コマンド プロンプト (2010)、 をクリックし、管理者として実行します。To open this prompt, click Start, select All Programs, scroll down to Visual Studio 2010, select Visual Studio Tools, right-click Visual Studio Command Prompt (2010), and then click Run as administrator. Visual Studio Express Editions のいずれかがインストールされている場合は、このコマンド プロンプトを使用できません。この場合、システム パスに "C:\Windows\Microsoft.Net\Framework\v4.0" を追加する必要があります。If you have one of the Visual Studio Express editions installed, this command prompt is not available, and you will have to add "C:\Windows\Microsoft.Net\Framework\v4.0" to the system path.

WCF サンプルの 1 回限りのセットアップの手順One-time setup procedure for WCF samples

  1. ASP.NET が設定されていることを確認します。Ensure that ASP.NET is set up. ASP.NET を設定する方法の詳細については、次を参照してください。インターネット インフォメーション サービスのホスティング手順します。For more information about how to set up ASP.NET, see Internet Information Service Hosting Instructions.

  2. .NET Framework version 4.NET Framework version 4 がインストールされていることを確認します。Ensure that .NET Framework version 4.NET Framework version 4 is installed. 次のディレクトリに、v4.0 (またはそれ以降) を検索: \Windows\Microsoft.NET\FrameworkSearch the following directory for v4.0 (or later): \Windows\Microsoft.NET\Framework

  3. Visual Studio 2012 がインストールされていないかどうかと、オペレーティング システムが Windows Server 2008 SP2 または後で、インストール修正プログラム 251798します。If Visual Studio 2012 is not installed, and your operating system is not Windows Server 2008 SP2 or later, install Hotfix 251798.

  4. 次のコマンドを実行します。Run the following commands. これらのコマンドを実行する必要があります理由の詳細については、次を参照してください。 IIS ホスト サービスのエラーします。For more information about why these commands must be run, see IIS Hosted Service Fails.

    警告

    IIS を再インストールした場合は、次のコマンドを再実行します。If IIS is reinstalled, the following commands will need to be run again.

    "%WINDIR%\Microsoft.Net\Framework\v4.0.30319\aspnet_regiis" –i –enable
    "%WINDIR%\Microsoft.Net\Framework\v4.0.30319\ServiceModelReg.exe" -r
    

    警告

    コマンドを実行してaspnet_regiis –i –enableすると、既定のアプリケーション プールを使用して実行.NET Framework 4.NET Framework 4、同じコンピューター上の他のアプリケーションの互換性の問題を生成する可能性があります。Running the command aspnet_regiis –i –enable will make the Default App Pool run using .NET Framework 4.NET Framework 4, which may produce incompatibility issues for other applications on the same computer.

  5. に従って、ファイアウォール手順サンプルで使用されるポートを有効にするためです。Follow the Firewall Instructions for enabling the ports used by the samples.

  6. 次の既定のディレクトリを確認します。<InstallDrive >:\WF_WCF_Samplesします。Check for the following default directory: <InstallDrive>:\WF_WCF_Samples. サンプルが既にインストールされている場合は、これが既定のディレクトリです。If the samples were previously installed, this is the default directory.

  7. サンプルがインストールされていない場合はそれらのサンプルのダウンロード場所からインストールVisual c#またはVisual Basicします。If the samples are not installed, install them from the samples download location for Visual C# or Visual Basic.

  8. サンプルをインストールした後を参照してください。<InstallDrive >:\WF_WCF_Samples\WCF\Setup\After installing the samples, go to : <InstallDrive>:\WF_WCF_Samples\WCF\Setup\

  9. 実行、 Setupvroot.batバッチ ファイル。Run the Setupvroot.bat batch file. 次の手順が実行されます。The following steps are performed:

    • ServiceModelSamples という名前の仮想ディレクトリが IIS に作成されます。A virtual directory is created in IIS named ServiceModelSamples.

    • %SystemDrive%\Inetpub\wwwroot\ServiceModelSamples and %SystemDrive%\Inetpub\wwwroot\ServiceModelSamples\bin という名前の新しいディスク ディレクトリが作成されます。New disk directories are created named %SystemDrive%\Inetpub\wwwroot\ServiceModelSamples and %SystemDrive%\Inetpub\wwwroot\ServiceModelSamples\bin.

    これらのディレクトリを手動で設定する場合を参照してください、仮想ディレクトリのセットアップ手順します。If you prefer to set up these directories manually, see the Virtual Directory Setup Instructions. この手順で行ったすべての変更を元に戻すには、サンプルの使用が終わった後で cleanupvroot.bat を実行します。To revert all changes done in this step, run cleanupvroot.bat after you finish using the samples.

    注意

    cleanupvroot.bat を実行しない限り、この手順を実行するのは、1 台のコンピューターで 1 回だけです。This procedure must be performed only once on a computer, unless cleanupvroot.bat is run.

  10. サンプルおよび Network Service ユーザーのビルドに使用するアカウントに対し、%SystemDrive%\inetpub\wwwroot の変更権限を付与する必要があります。You must grant permission to modify for %SystemDrive%\inetpub\wwwroot to the account under which you are building the samples and the Network Service user. ビルドの実行時に、Web ホストの一部のサンプルがコンパイル済みバイナリを前述の場所にコピーしようとする場合があり、適切な権限が設定されていないと、ビルドは破損します。While building, some Web-hosted samples might attempt to copy the compiled binaries to the previously mentioned location, and if you have not set the appropriate permissions, the build will break. またははその管理者は、SDK コマンド プロンプトまたは Visual Studio コマンド プロンプト (2012) を実行するアクセス許可のままにしたり、Visual Studio 2012 で管理者として実行しても、サンプルをビルドできます。Alternatively, you can leave the permissions as they are and run the SDK command prompt or Visual Studio Command Prompt (2012) as Administrator, or build the samples in Visual Studio 2012, also run as Administrator.

    注意

    この手順を完了していない場合は、ビルドの実行時に IIS でホストされているすべてのサンプルでエラーが発生します。If this step is not completed, all IIS-hosted samples will fail while building. アクセス許可が正しく設定されていることを確認するか、SDK コマンド プロンプトと Visual Studio コマンド プロンプト (2012) を管理者として実行してください。Ensure that you set the permissions correctly, or run both the SDK command prompt and Visual Studio Command Prompt (2012) as Administrator.

  11. コンピューター上に C:\logs ディレクトリを作成します (一部のサンプルで必要になることがあります)。Create a C:\logs directory on the computer; some samples might be expecting it. このフォルダーに対する書き込みアクセスが適切なアカウントに付与されていることを確認してください。Make sure that the appropriate account has write access granted to this folder. Windows 7 では、 Windows VistaWindows Vista、Windows Server 2008 R2 では、このアカウントはネットワーク サービスします。For Windows 7, Windows VistaWindows Vista, and Windows Server 2008 R2, this account is Network Service. Windows Server 2008Windows Server 2008 では NT Authority\Network Service、For Windows Server 2008Windows Server 2008, the account is NT Authority\Network Service. Windows XPWindows XP および Windows Server 2003Windows Server 2003 では ASPNET です。For Windows XPWindows XP and Windows Server 2003Windows Server 2003, the account is ASPNET.

  12. Setupcerttool.bat ファイルを実行します。Run the Setupcerttool.bat file. このファイルにある、 <InstallPath > \WF_WCF_Samples\WCF\Setup\ フォルダー。This file is located in the <InstallPath>\WF_WCF_Samples\WCF\Setup\ folder. このスクリプトでは、次のタスクが実行されます。This script will perform the following tasks:

    • FindPrivateKey ツールをビルドします。Build the FindPrivateKey tool.

    • %ProgramFiles%\ServiceModelSampleTools という名前のディレクトリを作成します。Create a directory called %ProgramFiles%\ServiceModelSampleTools.

    • 新しい FindPrivateKey ツールをこのディレクトリにコピーします。Copy the new FindPrivateKey tool to this directory.

    このツールは、証明書を使用して IIS でホストされるサンプルで必要です。This tool is required by samples that use certificates and are hosted in IIS.

    注意

    セキュリティの目的で、サンプルの使用が終わったら、このセットアップ手順で付与された仮想ディレクトリの定義とアクセス許可を必ず削除してください。削除するには、Cleanupvroot.bat という名前のバッチ ファイルを実行します。For security purposes, remember to remove the virtual directory definition and permissions granted in the setup steps above by running the batch file named Cleanupvroot.bat after you are finished with the samples.

  13. 自己ホスト型の (IIS でホストされていない) サンプルでは、リッスンを行うコンピューター上で HTTP アドレスを登録するためのアクセス許可が必要です。Samples that are self-hosted (not hosted in IIS) require permission to register HTTP addresses on the computer for listening. HTTP 名前空間予約のアクセス許可は、サンプルの実行に使用されるユーザー アカウントから提供されます。The permission for an HTTP namespace reservation comes from the user account used to run the sample. 既定では、管理者アカウントには、任意の HTTP アドレスを登録するためのアクセス許可があります。By default, administrator accounts have the permission to register any HTTP address. 管理者以外のアカウントの場合は、サンプルで使用される HTTP 名前空間へのアクセス許可が付与される必要があります。Non-administrator accounts must be granted permission for the HTTP namespaces used by the samples. 名前空間の予約を構成する方法については、「Configuring HTTP and HTTPS」 (HTTP と HTTPS を構成する) を参照してください。For more information about how to configure namespace reservations, see Configuring HTTP and HTTPS.

  14. 一部のサンプルにはメッセージ キューが必要です。Some samples require Message Queuing. 参照してくださいインストール メッセージ キュー (MSMQ)インストール手順についてはします。See Installing Message Queuing (MSMQ) for installation instructions.

    注意

    メッセージ キューが必要なサンプルを実行する場合は、MSMQ サービスを事前に開始しておいてください。Ensure that you start the MSMQ service before you run any samples that require Message Queuing.

  15. 一部のサンプルには証明書が必要です。Some samples require certificates. 参照してくださいインターネット インフォメーション サービス (IIS) サーバー証明書のインストール手順します。See Internet Information Services (IIS) Server Certificate Installation Instructions.