WCF サービスの簡略化された構成Simplified Configuration for WCF Services

このサンプルでは、一般的なサービスおよび Windows Communication Foundation (WCF) を使用してクライアントを実装して構成する方法を示します。This sample demonstrates how to implement and configure a typical service and client using Windows Communication Foundation (WCF). このサンプルは、他のすべての基本的な技術サンプルの基礎になります。This sample is the basis for all other basic technology samples.

このサービスは、サービスとの通信に使用する単一エンドポイントを公開しており、.NET Framework version 4.NET Framework version 4 の簡略化された構成を使用しています。This service, which exposes an endpoint for communicating with the service, uses the simplified configuration in .NET Framework version 4.NET Framework version 4. .NET Framework 4.NET Framework 4 以前は、次の構成コード例に示すように、エンドポイントは通常、構成ファイル (Web.config) で定義されています。Prior to .NET Framework 4.NET Framework 4, the endpoint is typically defined in a configuration file (Web.config), as shown in the following example configuration code.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>  
<!-- Copyright ©) Microsoft Corporation.  All Rights Reserved. -->  
<configuration>  
  <system.serviceModel>  
    <behaviors>  
      <serviceBehaviors>  
        <behavior name="CalculatorServiceBehavior">  
          <serviceMetadata httpGetEnabled="True"/>  
        </behavior>  
      </serviceBehaviors>  
    </behaviors>  
    <services>  
      <service name="Microsoft.Samples.GettingStarted.CalculatorService"  
               behaviorConfiguration="CalculatorServiceBehavior">  
        <endpoint address="" binding="basicHttpBinding" contract="ICalculator"/>  
        <endpoint address="mex" binding="mexHttpBinding" contract="IMetadataExchange"/>  
      </service>  
    </services>  
  </system.serviceModel>  
</configuration>  

.NET Framework 4.NET Framework 4 では、<service> 要素は省略可能です。In .NET Framework 4.NET Framework 4, the <service> element is optional. サービスでエンドポイントが定義されていない場合、各ベース アドレスのエンドポイントと実装されたコントラクトがサービスに追加されます。When a service does not define any endpoints, an endpoint for each base address and contract implemented are added to the service. このベース アドレスがコントラクト名に追加されてエンドポイントが決定され、バインドがアドレス スキームで決定されます。The base address is appended to the contract name to determine the endpoint and the binding is determined by the address scheme. 次のコード例は、簡略化された構成ファイルを示しています。The following code example demonstrates a simplified configuration file. サービスにアクセスできるように構成されている、http://localhost/servicemodelsamples/service.svc同じコンピューター上のクライアントによって。As configured, the service can be accessed at http://localhost/servicemodelsamples/service.svc by a client on the same computer. リモート コンピューター上のクライアントがサービスにアクセスするには、localhost の代わりに完全修飾ドメイン名を指定する必要があります。For clients on remote computers to access the service, a fully-qualified domain name must be specified instead of localhost. 既定では、サービスはメタデータを公開しません。The service does not expose metadata by default. そのため、サービスは ServiceMetadataBehavior 動作を有効にします。As such, the service turns on the ServiceMetadataBehavior behavior.

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>  
<!-- Copyright © Microsoft Corporation.  All Rights Reserved. -->  
<configuration>  
  <system.serviceModel>  
    <behaviors>  
      <serviceBehaviors>  
        <behavior name="">  
          <serviceMetadata httpGetEnabled="True"/>  
        </behavior>  
      </serviceBehaviors>  
    </behaviors>  
  </system.serviceModel>  
</configuration>  

このサンプルを使用するにはTo use this sample

  1. 実行したことを確認、 Windows Communication Foundation サンプルの 1 回限りのセットアップ手順します。Ensure that you have performed the One-Time Setup Procedure for the Windows Communication Foundation Samples.

  2. ソリューションをビルドする手順については、 Windows Communication Foundation サンプルのビルドします。To build the solution, follow the instructions in Building the Windows Communication Foundation Samples.

  3. 次の手順に従ってサンプルを実行します。Run the sample by following these steps:

    1. 右クリックして、サービス順に選択してスタートアップ プロジェクトとして設定、キーを押しますCtrl + F5します。Right click the Service project and select Set as StartUp project, then press Ctrl+F5.

    2. コンソール出力でサービスが動作していることが確認されるまで待機します。Wait for the console output confirming that the service is up and running.

    3. 右クリックして、クライアント順に選択してスタートアップ プロジェクトとして設定、キーを押しますCtrl + F5します。Right click the Client project and select Set as StartUp project, then press Ctrl+F5.

重要

サンプルは、既にコンピューターにインストールされている場合があります。The samples may already be installed on your computer. 続行する前に、次の (既定の) ディレクトリを確認してください。Check for the following (default) directory before continuing.

<InstallDrive>:\WF_WCF_Samples

このディレクトリが存在しない場合に移動Windows Communication Foundation (WCF) と .NET Framework 4 向けの Windows Workflow Foundation (WF) サンプルすべて Windows Communication Foundation (WCF) をダウンロードしてWFWFサンプル。If this directory does not exist, go to Windows Communication Foundation (WCF) and Windows Workflow Foundation (WF) Samples for .NET Framework 4 to download all Windows Communication Foundation (WCF) and WFWF samples. このサンプルは、次のディレクトリに格納されます。This sample is located in the following directory.

<InstallDrive>:\WF_WCF_Samples\WCF\Basic\Services\ConfigSimplificationIn40

関連項目See also