.NET Framework のアクセシビリティの新機能What's new in accessibility in the .NET Framework

.NET Framework では、ユーザーのためにアプリケーションのアクセシビリティ向上を目指しています。The .NET Framework aims at making applications more accessible for your users. ユーザー補助機能により、支援機能の利用者にとってアプリケーションがさらに使いやすくなります。Accessibility features allow an application to provide an appropriate experience for users of Assistive Technology. .NET Framework 4.7.1 以降、.NET Framework にはさまざまなアクセシビリティ機能改善が含まれるようになりました。それを利用することで開発者はアクセシビリティを備えたアプリケーションを開発できます。Starting with .NET Framework 4.7.1, the .NET Framework includes a large number of accessibility improvements that allow developers to create accessible applications.

アクセシビリティのスイッチAccessibility switches

アプリのターゲットが .NET Framework 4.7 である場合、またはそれより前のバージョンがターゲットであっても実行環境が .NET Framework 4.7.1 以降である場合は、ユーザー補助機能を使用するようにアプリを構成できます。You can configure your app to opt into accessibility features if it targets .NET Framework 4.7 or an earlier version but is running on .NET Framework 4.7.1 or later. また、アプリのターゲットが 4.7.1 .NET Framework 以降である場合は、従来の機能を使用するように (そして、ユーザー補助機能を利用しないように) アプリを構成することもできます。You can also configure your app to use legacy features (and not take advantage of accessibility features) if it targets .NET Framework 4.7.1 or later. ユーザー補助機能が含まれる .NET Framework の各バージョンには、バージョン固有のアクセシビリティ スイッチがあります。これを、アプリケーションの構成ファイルの <runtime> セクションの <AppContextSwitchOverrides> 要素に追加します。Each version of the .NET Framework that includes accessibility features has a version-specific accessibility switch, which you add to the <AppContextSwitchOverrides> element in the <runtime> section of the application's configuration file. サポートされているスイッチは次のとおりです。The following are the supported switches:

VersionVersion SwitchSwitch
.NET Framework 4.7.1.NET Framework 4.7.1 "Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures""Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures"
.NET Framework 4.7.2.NET Framework 4.7.2 "Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2""Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2"
.NET Framework 4.8.NET Framework 4.8 "Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3""Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3"

アクセシビリティ拡張機能の利用Taking advantage of accessibility enhancements

.NET Framework 4.7.1 以降をターゲット対象とするアプリケーションでは、この新しいユーザー補助機能が既定で有効になっています。The new accessibility features are enabled by default for applications that target .NET Framework 4.7.1 or later. また、それより前のバージョンの .NET Framework がターゲットであっても、実行環境が .NET Framework 4.7.1 以降であるアプリケーションの場合は、アプリケーションの構成ファイルの <runtime> セクションの <AppContextSwitchOverrides> 要素にスイッチを追加し、値を false に設定することで、古いアクセシビリティ動作を利用しないことを (そして、それにより向上したアクセシビリティ機能改善を利用することを) 選択できます。In addition, applications that target an earlier version of the .NET Framework but are running on .NET Framework 4.7.1 or later can opt out of legacy accessibility behaviors (and thereby take advantage of accessibility improvements) by adding switches to the <AppContextSwitchOverrides> element in the <runtime> section of the application's configuration file and setting their value to false. .NET Framework 4.7.1 で導入されたアクセシビリティの機能強化を有効にする方法を次に示します。The following shows how to opt in to accessibility enhancements introduced in .NET Framework 4.7.1:

<runtime>
    <!-- AppContextSwitchOverrides value attribute is in the form of 'key1=true|false;key2=true|false  -->
    <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures=false" />
</runtime>

新しいバージョンの .NET Framework のユーザー補助機能を選択する場合は、古いバージョンの .NET Framework の機能も明示的に選択する必要があります。If you choose to opt in to accessibility features in a later version of the .NET Framework, you must also explicitly opt in to the features from earlier versions of the .NET Framework. .NET Framework 4.7.1 と 4.7.2 両方のアクセシビリティ機能改善を利用するようにアプリを構成するには、次の <AppContextSwitchOverrides> 要素が必要です。Configuring your app to take advantage of accessibility improvements in both .NET Framework 4.7.1 and 4.7.2 requires the following <AppContextSwitchOverrides> element:

<runtime>
    <!-- AppContextSwitchOverrides value attribute is in the form of 'key1=true|false;key2=true|false  -->
    <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2=false" />
</runtime>

.NET Framework 4.7.1、4.7.2、4.8 のアクセシビリティ機能改善を利用するようにアプリを構成するには、次の <AppContextSwitchOverrides> 要素が必要です。Configuring your app to take advantage of accessibility improvements in .NET Framework 4.7.1, 4.7.2, and 4.8 requires the following <AppContextSwitchOverrides> element:

<runtime>
    <!-- AppContextSwitchOverrides value attribute is in the form of 'key1=true|false;key2=true|false  -->
    <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3=false" />
</runtime>

従来の動作に戻すRestoring legacy behavior

アプリケーションがバージョン 4.7.1 以降の .NET Framework をターゲットにしている場合、アプリケーションの構成ファイルの <runtime> セクションの <AppContextSwitchOverrides> 要素にスイッチを追加し、値を true に設定することで、アクセシビリティ機能を無効にできます。Applications that target versions of the .NET Framework starting with 4.7.1 can disable accessibility features by adding switches to the <AppContextSwitchOverrides> element in the <runtime> section of the application's configuration file and setting their value to true. たとえば、次の構成は、.NET Framework 4.7.2 で導入されたユーザー補助機能を無効にします。For example, the following configuration opts out of accessibility features introduced in .NET Framework 4.7.2:

<runtime>
    <!-- AppContextSwitchOverrides value attribute is in the form of 'key1=true|false;key2=true|false  -->
    <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2=true" />
</runtime>

.NET Framework 4.8 のアクセシビリティの新機能What's new in accessibility in .NET Framework 4.8

.NET Framework 4.8 には、次の領域の新しいユーザー補助機能が含まれています。.NET Framework 4.8 includes new accessibility features in the following areas:

Windows フォームWindows Forms

.NET Framework 4.8 では、多くの一般的に使用されているコントロールに対する LiveRegion と通知イベントのサポートが Windows フォームで追加されました。In .NET Framework 4.8, Windows Forms adds support for LiveRegions and Notification Events to many commonly used controls. ユーザーがキーボードを使用してコントロールに移動するときのツールヒントのサポートも追加されました。It also adds support for ToolTips when a user navigates to a control by using the keyboard.

Label と StatusStrip の UIA LiveRegion サポートUIA LiveRegions Support in Labels and StatusStrips

アプリケーション開発者は UIA LiveRegion を使用することで、ユーザーが作業しているところからは離れた場所にあるコントロールのテキスト変更をスクリーン リーダーに通知することができます。UIA LiveRegions allow application developers to notify screen readers of a text change in a control that is located apart from the location where the user is working. これは、たとえば接続状態を示す StatusStrip コントロールなどで便利です。This is useful, for example, for a StatusStrip control that shows a connection status. 接続が切断されて状態が変わった場合に、開発者はスクリーン リーダーに通知することができます。If the connection is dropped and the status changes, the developer might want to notify the screen reader.

.NET Framework 4.8 以降、Windows フォームでは LabelStatusStrip 両方のコントロールに対して UIA LiveRegion が実装されています。Starting with .NET Framework 4.8, Windows Forms implements UIA LiveRegions for both the Label and StatusStrip controls. たとえば、次のコードでは LiveRegion が label1という名前の Label コントロールで使用されています。For example, the following code uses the LiveRegion in a Label control named label1:

public Form1()
{
   InitializeComponent();
   label1.AutomationLiveSetting = AutomationLiveSetting.Polite;
}

…
Label1.Text = “Ready!”;

ユーザーがアプリケーションの操作中であるかどうかに関わらず、ナレーターにより "Ready" と読み上げられます。Narrator announces “Ready” regardless of where the user is interacting with the application.

UserControl を LiveRegion として実装することもできます。You can also implement your UserControl as a LiveRegion:

using System;
using System.Windows.Forms;
using System.Windows.Forms.Automation;

namespace WindowsFormsApplication
{
   public partial class UserControl1 : UserControl, IAutomationLiveRegion
   {
      public UserControl1()
      {
         InitializeComponent();
      }

      public AutomationLiveSetting AutomationLiveSetting { get; set; }
      private AutomationLiveSetting IAutomationLiveRegion.GetLiveSetting()
      {
         return this.AutomationLiveSetting;
      }

      protected override void OnTextChanged(EventArgs e)
      {
         base.OnTextChanged(e);
         AutomationNotifications.UiaRaiseLiveRegionChangedEvent(this.AccessibilityObject);
      }
   }
}

UIA 通知イベントUIA notification events

Windows 10 Fall Creators Update で導入された UIA 通知イベントをアプリで使用すると、UIA イベントを発生させ、対応するコントロールを UI に準備することなく、イベント用に指定したテキストに基づいてナレーターに単純に読み上げさせることができます。The UIA Notification event, introduced in Windows 10 Fall Creators Update, allows your app to raise a UIA event, which leads to Narrator simply making an announcement based on text you supply with the event, without the need to have a corresponding control in the UI. 一部のシナリオでは、これはアプリのアクセシビリティを飛躍的に向上させる最も簡単な方法です。In some scenarios, this is a straightforward way to dramatically improve the accessibility of your app. 長時間かかる可能性のあるいくつかのプロセスの進行状況を通知するのにも便利です。In can also be useful to notify of the progress of some process that may take a long time. UIA 通知イベントの詳細については、デスクトップ アプリで新しい UI 通知イベントを使用する方法に関する記事を参照してください。For more information about UIA Notification Events, see Can your desktop app leverage the new UI Notification event?.

次の例では、通知イベントを発生させています。The following example raises the Notification event:

MethodInfo raiseMethod = typeof(AccessibleObject).GetMethod("RaiseAutomationNotification");
if (raiseMethod != null) {
   raiseMethod.Invoke(progressBar1.AccessibilityObject, new object[3] {/*Other*/ 4, /*All*/ 2, "The progress is 50%." });
}

キーボード アクセスのツールヒントToolTips on keyboard access

.NET Framework 4.7.2 以前のバージョンをターゲットとしたアプリケーションでは、tooltip コントロールがポップ アップするようトリガーする唯一の方法は、マウス ポインターをそのコントロールに移動することでした。In applications that target .NET Framework 4.7.2 and earlier versions, a control tooltip can only be triggered to pop up by moving a mouse pointer into the control. .NET Framework 4.8 以降、キーボードを使用するユーザーは、Tab キーまたは方向キーを修飾キーと共に、または修飾キーなしで使用してコントロールにフォーカスすることで、コントロールのツールヒントをトリガーできます。Starting with .NET Framework 4.8, a keyboard user can trigger a control’s tooltip by focusing the control using a Tab key or arrow keys with or without modifier keys. この特別なアクセシビリティの機能強化には、追加の AppContext スイッチが必要となります。This particular accessibility enhancement requires an additional AppContext switch:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<configuration>
   <startup>
      <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Version=v4.6.1"/>
   </startup>
   <runtime>
      <!-- AppContextSwitchOverrides values are in the form of 'key1=true|false;key2=true|false  -->
      <!-- Please note that disabling Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures, Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2 and Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3 is required to disable Switch.System.Windows.Forms.UseLegacyToolTipDisplay -->
      <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3=false;Switch.System.Windows.Forms.UseLegacyToolTipDisplay=false"/>
   </runtime>
</configuration>

次の図は、ユーザーがキーボードを使用してボタンを選択したときのツールヒントを示しています。The following figure shows the tooltip when the user has selected a button with the keyboard.

ユーザーがキーボードを使用してボタンに移動したときのツールヒント

Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)

.NET Framework 4.8 以降、WPF に数多くのアクセシビリティ機能改善が導入されました。Starting with .NET Framework 4.8, WPF includes a number of accessibility improvements.

可視性が Collapsed または Hidden の要素はスクリーン ナレーターで読み上げられないScreen narrators no longer announce elements with Collapsed or Hidden visibility

可視性が Collapsed または Hidden の要素は、スクリーン リーダーによって読み上げられなくなりました。Elements with collapsed or hidden visibility are no longer announced by screen reader. 可視性が Visibility.Collapsed または Visibility.Hidden の要素を含むユーザー インターフェイスは、スクリーン リーダーによってユーザーに読み上げるときに誤って伝わる場合があります。User interfaces that contain elements with a Visibility of Visibility.Collapsed or Visibility.Hidden can be misrepresented by screen readers if they are announced to the user. .NET Framework 4.8 以降、WPF では UIAutomation ツリーのコントロール ビューに Collapsed または Hidden の要素は含まれないため、スクリーン リーダーによってこれらの要素が読み上げられることは今後ありません。Starting with .NET Framework 4.8, WPF no longer includes collapsed or hidden elements in the Control View of the UIAutomation tree, so the screen readers can no longer announce these elements.

非装飾ベースのテキスト選択での SelectionTextBrush プロパティの使用SelectionTextBrush property for use with non-Adorner based text selection

.NET Framework 4.7.2 では、装飾層を使用せずに TextBoxPasswordBox テキスト選択を描画する機能が WPF に追加されました。In the .NET Framework 4.7.2, WPF added the ability to draw TextBox and PasswordBox text selection without using the Adorner layer. このシナリオでは、選択したテキストの前景色は SystemColors.HighlightTextBrush により指定されています。The foreground color of the selected text in this scenario was dictated by SystemColors.HighlightTextBrush.

.NET Framework 4.8 で追加された新しいプロパティ SelectionTextBrush を使用すると、開発者は非装飾ベースのテキスト選択を使用する場合に、選択したテキストに対して特定のブラシを選ぶことができます。.NET Framework 4.8 adds a new property, SelectionTextBrush, that allows developers to select the specific brush for the selected text when using non-Adorner based text selection. このプロパティは、非装飾ベースのテキスト選択が有効な WPF アプリケーション内の TextBoxBase から派生したコントロールと PasswordBox コントロールでのみ機能します。This property works only on TextBoxBase-derived controls and the PasswordBox control in WPF applications with non-Adorner-based text selection enabled. RichTextBox コントロールでは機能しません。It does not work on the RichTextBox control. 非装飾ベースのテキスト選択が有効ではない場合、このプロパティは無視されます。If non-Adorner-based text selection is not enabled, this property is ignored.

このプロパティを使用するには、単に XAML コードに追加して、適切なブラシまたはバインドを使用します。To use this property, simply add it to your XAML code and use the appropriate brush or binding. 結果のテキスト選択は次のようになります。The resulting text selection looks like this:

ユーザーがキーボードを使用してボタンに移動したときのツールヒント

SelectionBrushSelectionTextBrush プロパティを組み合わせて使用することで、背景色と前景色の適切な組み合わせを生成することができます。You can combine the use of the SelectionBrush and SelectionTextBrush properties to generate any background and foreground color combination that you deem appropriate.

UIAutomation ControllerFor プロパティのサポートSupport for the UIAutomation ControllerFor property

UIAutomation の ControllerFor プロパティは、このプロパティをサポートするオートメーション要素によって操作されるオートメーション要素の配列を返します。UIAutomation’s ControllerFor property returns an array of automation elements that are manipulated by the automation element that supports this property. このプロパティは通常、自動提案アクセシビリティで使用されます。This property is commonly used for Auto-suggest accessibility. ControllerForは、オートメーション要素がアプリケーション UI またはデスクトップの 1 つ以上のセグメントに影響する場合に使用されます。ControllerFor is used when an automation element affects one or more segments of the application UI or the desktop. それ以外の場合、コントロール操作の影響を UI 要素と関連付けることは困難です。Otherwise, it is hard to associate the impact of the control operation with UI elements. この機能により、コントロールで ControllerForプロパティの値を指定できるようになります。This feature adds the ability for controls to provide a value for the ControllerFor property.

.NET Framework 4.8 では、新しい仮想メソッド GetControlledPeersCore() が追加されました。.NET Framework 4.8 adds a new virtual method, GetControlledPeersCore(). ControllerFor プロパティの値を指定するには、単にこのメソッドをオーバーライドして、この AutomationPeer で操作されているコントロールの List<AutomationPeer> を返します。To provide a value for the ControllerFor property, simply override this method and return a List<AutomationPeer> for the controls being manipulated by this AutomationPeer:

public class AutoSuggestTextBox: TextBox
{
   protected override AutomationPeer OnCreateAutomationPeer()
   {
      return new AutoSuggestTextBoxAutomationPeer(this);
   }

   public ListBox SuggestionListBox;
}

internal class AutoSuggestTextBoxAutomationPeer : TextBoxAutomationPeer
{
   public AutoSuggestTextBoxAutomationPeer(AutoSuggestTextBox owner) : base(owner)
   {
   }

   protected override List<AutomationPeer> GetControlledPeersCore()
   {
      List<AutomationPeer> controlledPeers = new List<AutomationPeer>();
      AutoSuggestTextBox owner = Owner as AutoSuggestTextBox;
      controlledPeers.Add(UIElementAutomationPeer.CreatePeerForElement(owner.SuggestionListBox));
      return controlledPeers;
   }
}

キーボード アクセスのツールヒントTooltips on keyboard access

.NET Framework 4.7.2 以前のバージョンでは、ツールヒントはユーザーがマウス カーソルをコントロールの上に置いたときにのみ表示されます。In .NET Framework 4.7.2 and earlier versions, tooltips display only when the user hovers the mouse cursor over a control. .NET Framework 4.8 では、ツールヒントはキーボード フォーカス上に、そしてキーボード ショートカットによっても表示されます。In .NET Framework 4.8, tooltips also display on keyboard focus, as well as via a keyboard shortcut.

この機能を使用するには、アプリケーションで .NET Framework 4.8 をターゲットとするか、または Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3Switch.UseLegacyToolTipDisplay AppContext スイッチを使用してオプトインする必要があります。To enable this feature, an application needs to target .NET Framework 4.8 or opt-in by using the Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3 and Switch.UseLegacyToolTipDisplay AppContext switches. サンプルのアプリケーション構成ファイルを以下に示します。The following is a sample application configuration file:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<configuration>
   <startup>
      <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Version=v4.5" />
   </startup>
   <runtime>
      <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3=false;Switch.UseLegacyToolTipDisplay=false" />
   </runtime>
</configuration>

一度有効にすると、ツールヒントを含むすべてのコントロールで、キーボード フォーカスをコントロールが受けるとツールヒントが表示されます。Once enabled, all controls that contain a tooltip display it once the control receives keyboard focus. ツールヒントは時間が経過したとき、またはキーボード フォーカスが変わったときに、消すことができます。The tooltip can be dismissed over time or when the keyboard focus changes. ユーザーは新しいキーボード ショートカット Ctrl + Shift + F10 を使用してツールヒントを手動で消すこともできます。Users can also dismiss the tooltip manually by using a new keyboard shortcut, Ctrl + Shift + F10. ツールヒントが消えたら、同じキーボード ショートカットを使用して再度表示することができます。Once the tooltip has been dismissed it can be displayed again by using the same keyboard shortcut.

注意

Ribbon コントロール上の リボンのツールヒントは、キーボード フォーカスに表示されません。キーボード ショートカットでのみ表示されます。Ribbon tooltips on Ribbon controls won’t show on keyboard focus; they only show via the keyboard shortcut.

UIAutomation プロパティの SizeOfSet および PositionInSet のサポートを追加Added Support for SizeOfSet and PositionInSet UIAutomation properties

Windows 10 では 2 つの新しい UIAutomation プロパティである SizeOfSetPositionInSet が導入されました。アプリケーションで使用してセット内の項目数を示すことができます。Windows 10 introduced two new UIAutomation properties, SizeOfSet and PositionInSet, which are used by applications to describe the count of items in a set. スクリーン リーダーなどの UIAutomation クライアント アプリケーションは、これらのプロパティに関してアプリケーションに照会して、アプリケーションの UI の正確な表記を読み上げることができます。UIAutomation client applications such as screen readers can then query an application for these properties and announce an accurate representation of the application’s UI.

.NET Framework 4.8 以降、WPF ではこれら 2 つのプロパティが WPF アプリケーションの UIAutomation に公開されています。Starting with .NET Framework 4.8, WPF exposes these two properties to UIAutomation in WPF applications. その方法は 2 つあります。This can be accomplished in two ways:

  • 依存関係プロパティを使用。By using dependency properties.

    WPF では 2 つの新しい依存関係プロパティである AutomationProperties.SizeOfSetAutomationProperties.PositionInSet が追加されました。WPF adds two new dependency properties, AutomationProperties.SizeOfSet and AutomationProperties.PositionInSet. 開発者は XAML を使用してその値を設定できます。A developer can use XAML to set their values:

    <Button AutomationProperties.SizeOfSet="3"
      AutomationProperties.PositionInSet="1">Button 1</Button>
    
    <Button AutomationProperties.SizeOfSet="3"
      AutomationProperties.PositionInSet="2">Button 2</Button>
    
    <Button AutomationProperties.SizeOfSet="3"
      AutomationProperties.PositionInSet="3">Button 3</Button>
    
  • AutomationPeer 仮想メソッドをオーバーライド。By overriding AutomationPeer virtual methods.

    GetSizeOfSetCore()GetPositionInSetCore() 仮想メソッドが、AutomationPeer クラスに追加されました。The GetSizeOfSetCore() and GetPositionInSetCore() virtual methods been added to the AutomationPeer class. 次の例に示すように、開発者はこれらのメソッドをオーバーライドすることで、SizeOfSetPositionInSet の値を指定できます。A developer can provide values for SizeOfSet and PositionInSet by overriding these methods, as shown in the following example:

    public class MyButtonAutomationPeer : ButtonAutomationPeer
    {
      protected override int GetSizeOfSetCore()
      {
          // Call into your own logic to provide a value for SizeOfSet
          return CalculateSizeOfSet();
      }
    
      protected override int GetPositionInSetCore()
      {
          // Call into your own logic to provide a value for PositionInSet
          return CalculatePositionInSet();
      }
    }
    

さらに、ItemsControl インスタンス内の項目により、これらのプロパティの値を自動的に、開発者による追加のアクションなしで指定することができます。In addition, items in ItemsControl instances provide a value for these properties automatically without additional action from the developer. ItemsControl がグループ化されている場合、グループのコレクションはセットとして表されます。各グループは別々のセットとしてカウントされ、グループ内の各項目ではグループ内の自身の位置とグループのサイズが示されます。If an ItemsControl is grouped, the collection of groups is represented as a set, and each group is counted as a separate set, with each item inside that group providing its position inside that group as well as the size of the group. 自動値は仮想化によって影響を受けません。Automatic values are not affected by virtualization. 項目は実現されていない場合でも、セットの合計サイズに含まれ、その兄弟項目のセット内の位置に影響を与えます。Even if an item is not realized, it is still counted toward the total size of the set and affects the position in the set of its sibling items.

自動値は、アプリケーションが .NET Framework 4.8 をターゲットとしている場合のみ提供されます。Automatic values are only provided if the application targets .NET Framework 4.8. 以前のバージョンの .NET Framework をターゲットとするアプリケーションの場合は、次の App.config ファイルに示すように、Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3 AppContext スイッチを設定することができます。For applications that target an earlier version of the .NET Framework, you can set the Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3 AppContext switch, as shown in the following App.config file:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<configuration>
   <startup>
      <supportedRuntime version="v4.0" sku=".NETFramework,Version=v4.5" />
   </startup>
   <runtime>
      <AppContextSwitchOverrides value="Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.2=false;Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3=false" />
   </runtime>
</configuration>

Windows Workflow Foundation (WF) ワークフロー デザイナーWindows Workflow Foundation (WF) workflow designer

.NET Framework 4.8 ではワークフロー デザイナーに次の変更が行われました。The workflow designer includes the following changes in .NET Framework 4.8:

  • ナレーターを使用するユーザー向けの、FlowSwitch case ラベルの改善。Users using Narrator will see improvements in FlowSwitch case labels.

  • ナレーターを使用するユーザー向けの、ボタン説明の改善。Users using Narrator will see improvements in button descriptions.

  • ハイ コントラスト テーマを選ぶユーザー向けの、要素間のコントラスト比の向上や、フォーカス要素に使われる選択ボックスの認識性の向上など、ワークフロー デザイナーとそのコントロールの表示に関する改善。Users who choose High Contrast themes will see improvements in the visibility of the Workflow Designer and its controls, like better contrast ratios between elements and more noticeable selection boxes used for focus elements.

アプリケーションが .NET Framework 4.7.2 以前のバージョンをターゲットとしている場合、アプリケーション構成ファイルで Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3 AppContext スイッチfalse に設定することで、これらの変更にオプトインすることができます。If your application targets .NET Framework 4.7.2 or an earlier version, you can opt into these changes by setting the Switch.UseLegacyAccessibilityFeatures.3 AppContext switch to false in your application configuration file. 詳細については、この記事の「アクセシビリティ拡張機能の利用」セクションを参照してください。For more information, see the Taking advantage of accessibility enhancements section in this article.

.NET Framework 4.7.2 のアクセシビリティの新機能What's new in accessibility in .NET Framework 4.7.2

.NET Framework 4.7.2 には、次の領域の新しいユーザー補助機能が含まれています。.NET Framework 4.7.2 includes new accessibility features in the following areas:

Windows フォームWindows Forms

ハイ コントラスト テーマでの OS で定義された色OS-defined colors in High Contrast themes

.NET Framework 4.7.2 以降、Windows フォームは、オペレーティング システムで定義されている色をハイ コントラスト テーマで使用します。Starting with .NET Framework 4.7.2, Windows Forms uses colors defined by the operating system in High Contrast themes. これは、次のコントロールに影響します。This affects the following controls:

ナレーターの機能強化Narrator improvements

.NET Framework 4.7.2 以降では、ナレーターのサポートが次のように強化されました。Starting with .NET Framework 4.7.2, Narrator support is enhanced as follows:

  • ToolStripMenuItem のテキストを読み上げるときに、ToolStripMenuItem.ShortcutKeys プロパティの値を読み上げます。It announces the value of the ToolStripMenuItem.ShortcutKeys property when announcing the text of a ToolStripMenuItem.

  • ToolStripMenuItemEnabled プロパティが false に設定されている場合、それを示します。It indicates when a ToolStripMenuItem has its Enabled property set to false.

  • ListView.CheckBoxes プロパティが true に設定されているとき、チェック ボックスの状態に関するフィードバックを提供します。It gives feedback on the state of a check box when the ListView.CheckBoxes property is set to true.

  • ナレーター スキャン モードのフォーカス順序が、ClickOnce ダウンロード ダイアログ ウィンドウでのコントロールの視覚的な順序と一致します。Narrator's Scan Mode focus order is consistent with the visual order of the controls on the ClickOnce download dialog window.

DataGridView の機能強化DataGridView improvements

.NET Framework 4.7.2 以降、DataGridView コントロールには次のアクセシビリティ機能改善が導入されました。Starting with .NET Framework 4.7.2, the DataGridView control has introduced the following accessibility improvements:

視覚的な手掛かりの向上Improved visual cues

  • Text プロパティが空の RadioButton および CheckBox コントロールは、フォーカスを受け取るとフォーカス インジケーターを表示します。The RadioButton and CheckBox controls with an empty Text property display a focus indicator when they receive the focus.

強化されたプロパティ グリッドのサポートImproved Property Grid Support

  • PropertyGrid コントロールの子要素は、PropertyGrid 要素が有効になっている場合にのみ、IsReadOnlyProperty プロパティに対して true を返すようになりました。The PropertyGrid control child elements now return a true for the IsReadOnlyProperty property only when a PropertyGrid element is enabled.

  • PropertyGrid コントロールの子要素は、PropertyGrid 要素をユーザーが変更できる場合にのみ、IsEnabledProperty プロパティに対して false を返します。The PropertyGrid control child elements return a false for the IsEnabledProperty property only when a PropertyGrid element can be changed by the user.

キーボード ナビゲーションの向上Improved keyboard navigation

Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)

CheckBox および RadioButton コントロールに対する変更Changes to the CheckBox and RadioButton controls

.NET Framework 4.7.1 以前のバージョンでは、WPF の CheckBox および RadioButton コントロールのフォーカス ビジュアルに整合性がなく、クラシック テーマとハイ コントラスト テーマでは正しくありません。In .NET Framework 4.7.1 and earlier versions, the WPF CheckBox and RadioButton controls have inconsistent and, in Classic and High Contrast themes, incorrect focus visuals. これらの問題は、コントロールに内容が何も設定されていない場合に発生します。These issues occur in cases where the controls do not have any content set. これにより、テーマ間の遷移が混乱し、フォーカス ビジュアルが見にくくなることがあります。This can make the transition between themes confusing and the focus visual hard to see.

.NET Framework 4.7.2 では、これらのビジュアルのテーマ間の整合性が向上し、クラシック モードとハイ コントラスト テーマでの視認性がよくなっています。In .NET Framework 4.7.2, these visuals are now more consistent across themes and more easily visible in Classic and High Contrast themes.

WPF アプリケーションでホストされる WinForms コントロールWinForms controls hosted in a WPF application

.NET Framework 4.7.1 以前のバージョンの WPF アプリケーションでホストされている WinForms コントロールでは、そのレイヤーの最初または最後のコントロールが WPF ElementHost コントロールの場合、ユーザーは Tab キーで WinForms レイヤーから外に移動できませんでした。For WinForms control hosted in a WPF application in .NET Framework 4.7.1 and earlier versions, users couldn't tab out of the WinForms layer if the first or last control in that layer is the WPF ElementHost control. .NET Framework 4.7.2 では、ユーザーは Tab キーで WinForms レイヤーから外に移動できます。In .NET Framework 4.7.2, users are now able to tab out of the WinForms layer.

ただし、WinForms レイヤーをエスケープしないフォーカスに依存する自動化アプリケーションは、意図したように機能しなくなる可能性があります。However, automated applications that rely on focus never escaping the WinForms layer may no longer work as expected.

.NET Framework 4.7.1 のアクセシビリティの新機能What's new in accessibility in .NET Framework 4.7.1

.NET Framework 4.7.1 には、次の領域の新しいユーザー補助機能が含まれています。.NET Framework 4.7.1 includes new accessibility features in the following areas:

Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF)

スクリーン リーダーの機能強化Screen reader improvements

アクセシビリティ機能改善を有効にすると、.NET Framework 4.7.1 は次の面でスクリーン リーダーの機能を強化します。If accessibility improvements are enabled, .NET Framework 4.7.1 includes the following enhancements that affect screen readers:

  • .NET Framework 4.7 以前のバージョンでは、Expander コントロールはスクリーン リーダーによってボタンとして読み上げられました。In .NET Framework 4.7 and earlier versions, Expander controls were announced by screen readers as buttons. .NET Framework 4.7.1 以降では、展開と折りたたみが可能なグループとして正しく読み上げられます。Starting with .NET Framework 4.7.1, they are correctly announced as expandable/collapsible groups.

  • .NET Framework 4.7 以前のバージョンでは、DataGridCell コントロールはスクリーン リーダーによって "カスタム" として読み上げられました。In .NET Framework 4.7 and earlier versions, DataGridCell controls were announced by screen readers as “custom.” .NET Framework 4.7.1 以降では、データ グリッド セル (ローカライズされます) として正しく読み上げられます。Starting with .NET Framework 4.7.1, they are now correctly announced as data grid cell (localized).

  • .NET Framework 4.7.1 以降、スクリーン リーダーによって編集可能な ComboBox の名前が読み上げられます。Starting with .NET Framework 4.7.1, screen readers announce the name of an editable ComboBox.

  • .NET Framework 4.7 以前のバージョンの場合、PasswordBox コントロールが "ビューに項目がありません" として読み上げられたか、他の誤動作が発生しました。In .NET Framework 4.7 and earlier versions, PasswordBox controls were announced as “no item in view” or had otherwise incorrect behavior. この問題は .NET Framework 4.7.1 以降で修正されています。This issue is fixed starting with .NET Framework 4.7.1.

UIAutomation LiveRegion サポートUIAutomation LiveRegion support

ナレーターなどのスクリーン リーダーはアプリケーションの UI コンテンツをユーザーのために読み上げます。通常、フォーカスを合わせた UI コンテンツのテキストが読み上げられます。Screen readers such as Narrator help people read the UI contents of an application, usually by text-to-speech output of the UI content that has the focus. ただし、UI 要素が変わり、フォーカスがなくなったとき、ユーザーに通知されず、重要な情報を逃すことがあります。However, if a UI element changes and does not have the focus, the user may not be notified and may miss important information. ライブ領域は、この問題の解決を目指しています。Live regions aim at solving this problem. 開発者はこれを利用し、UI 要素が大幅に変更されたことをスクリーン リーダーやその他の UIAutomation クライアントに指示できます。A developer can use them to inform the screen reader or any other UIAutomation client that an important change has been made to a UI element. 指示後、スクリーン リーダーでは、その変更をユーザーに通知する方法とタイミングが決定されます。The screen reader can then decide how and when to inform the user of this change.

ライブ領域をサポートするために、次の API が WPF に追加されました。To support live regions, the following APIs have been added to WPF:

関心のある要素で AutomationProperties.LiveSetting プロパティを作成できます。次の例をご覧ください。You can create a LiveRegion by setting the AutomationProperties.LiveSetting property on the element of interest, as shown in the following example:

<TextBlock Name="myTextBlock" AutomationProperties.LiveSetting="Assertive">announcement</TextBlock>

ライブ領域のデータが変化し、スクリーン リーダーに通知する必要があれば、次のサンプルのように、明示的にイベントを発生させます。When the data in the live region changes and you need to inform a screen reader, you explicitly raise an event, as shown in the following sample.

var peer = FrameworkElementAutomationPeer.FromElement(myTextBlock);

peer.RaiseAutomationEvent(AutomationEvents.LiveRegionChanged);
Dim peer = FrameworkElementAutomationPeer.FromElement(myTextBlock)
peer.RaiseAutomationEvent(AutomationEvents.LiveRegionChanged)

ハイ コントラストHigh contrast

.NET Framework 4.7.1 以降、さまざまな WPF コントロールでハイ コントラストが強化されました。Starting with .NET Framework 4.7.1, improvements in high contrast have been made to various WPF controls. HighContrast テーマが設定されているときにこれを確認できます。They are now visible when the HighContrast theme is set. 次の設定があります。These include:

  • Expander コントロールExpander control

    フォーカスを合わせたとき、Expander コントロールが見やすくなりました。The focus visual for the Expander control is now visible. ComboBoxListBoxRadioButton コントロールのキーボードも見やすくなりました。The keyboard visuals for ComboBox,ListBox, and RadioButton controls are visible as well. 次に例を示します。For example:

    前:Before: 

    フォーカスを合わせた Expander コントロール (アクセシビリティ機能改善前)

    後:After: 

    フォーカスを合わせた Expander コントロール (アクセシビリティ機能改善後)

  • CheckBox コントロールと RadioButton コントロールCheckBox and RadioButton controls

    CheckBox コントロールと RadioButton コントロールのテキストは、ハイ コントラスト テーマで選択されているとき、見やすくなりました。The text in the CheckBox and RadioButton controls is now easier to see when selected in high contrast themes. 次に例を示します。For example:

    前:Before: 

    フォーカスを合わせたハイ コントラストのラジオ ボタン (アクセシビリティ機能改善前)

    後:After: 

    フォーカスを合わせたハイ コントラストのラジオ ボタン (アクセシビリティ機能改善後)

  • ComboBox コントロールComboBox control

    .NET Framework 4.7.1 以降、無効にした ComboBox コントロールの枠線が無効にしたテキストと同じ色になります。Starting with .NET Framework 4.7.1, the border of a disabled ComboBox control is the same color as disabled text. 次に例を示します。For example:

    前:Before: 

    無効にした ComboBox の枠線とテキスト (アクセシビリティ機能改善前)

    後:After:   

    無効にした ComboBox の枠線とテキスト (アクセシビリティ機能改善後)

    また、無効にしているボタンにフォーカスを合わせたとき、正しいテーマ色が使用されます。In addition, disabled and focused buttons use the correct theme color.

    前:Before:

    ボタンのテーマ色 (アクセシビリティ機能改善前) 

    後:After: 

    ボタンのテーマ色 (アクセシビリティ機能改善後) 

    最後になりますが、.NET Framework 4.7 以前のバージョンでは、ComboBox コントロールのスタイルを Toolbar.ComboBoxStyleKey に設定すると、ドロップダウンの矢印が見えなくなりました。Finally, in .NET Framework 4.7 and earlier versions, setting a ComboBox control’s style to Toolbar.ComboBoxStyleKey caused the drop-down arrow to be invisible. この問題は .NET Framework 4.7.1 以降で修正されています。This issue is fixed starting with .NET Framework 4.7.1. 次に例を示します。For example:

    前:Before: 

    Toolbar.ComboBoxStyleKey (アクセシビリティ機能改善前) 

    後:After: 

    Toolbar.ComboBoxStyleKey (アクセシビリティ機能改善後) 

  • DataGrid コントロールDataGrid control

    .NET Framework 4.7.1 以降、DataGrid コントロールの並べ替えインジケーターで正しいテーマ色が使われるようになりました。Starting with .NET Framework 4.7.1, the sort indicator arrow in DataGrid controls now uses correct theme colors. 次に例を示します。For example:

    前:Before: 

    並べ替えインジケーターの矢印 (アクセシビリティ機能改善前) 

    後:After:   

    並べ替えインジケーターの矢印 (アクセシビリティ機能改善後) 

    また、.NET Framework 4.7 以前のバージョンでは、ハイ コントラスト モードでカーソルを合わせたとき、既定のリンク スタイルが正しくない色に変化しました。In addition, in .NET Framework 4.7 and earlier versions, the default link style changed to an incorrect color on mouse over in high contrast modes. これは .NET Framework 4.7.1 以降で修正されています。This is resolved starting with .NET Framework 4.7.1. 同様に、.NET Framework 4.7.1 以降、DataGrid チェックボックス列でキーボード フォーカス フィードバックに既定の色が使用されます。Similarly, DataGrid checkbox columns uses the expected colors for keyboard focus feedback starting with .NET Framework 4.7.1.

    前:Before: 

    DataGrid の既定のリンク スタイル (アクセシビリティ機能改善前) 

    後:After:    

    DataGrid の既定のリンク スタイル (アクセシビリティ機能改善後) 

.NET Framework 4.7.1 での WPF アクセシビリティ機能改善の詳細については、「WPF でのアクセシビリティの向上」を参照してください。For more information on WPF accessibility improvements in .NET Framework 4.7.1, see Accessibility improvements in WPF.

Windows フォームのアクセシビリティ機能改善Windows Forms accessibility improvements

.NET Framework 4.7.1 では、Windows フォーム (WinForms) のアクセシビリティが次の領域で変更されました。In .NET Framework 4.7.1, Windows Forms (WinForms) includes accessibility changes in the following areas.

ハイ コントラスト モードの表示が改善されましたImproved display in High Contrast mode

.NET Framework 4.7.1 以降では、オペレーティング システムで利用できるハイ コントラスト モードを選択したとき、さまざまな WinForms コントロールの表示が改善されました。Starting with .NET Framework 4.7.1, various WinForms controls offer improved rendering in the HighContrast modes available in the operating system. Windows 10 では、ハイ コントラストのシステム色の一部で値が変わりました。Windows フォームは Windows 10 Win32 フレームワークに基づきます。Windows 10 has changed the values for some high contrast system colors, and Windows Forms is based on the Windows 10 Win32 framework. 最も快適に利用するためには、最新版の Windows で実行し、テスト アプリケーションに app.manifest ファイルを追加して最新の OS 変更を選択し、次の画像のように Windows 10 対応 OS 行のコメントを解除します。For the best experience, run on the latest version of Windows and opt in to the latest OS changes by adding an app.manifest file in a test application and un-comment the Windows 10 supported OS  line so that it looks the following:

<!-- Windows 10 -->
<supportedOS Id=”{8e0f7a12-bfb3-4fe8-b9a5-48fd50a15a9a}” />

ハイ コントラストの変更例:Some examples of high contrast changes include:

  • MenuStrip 項目のチェックマークが見やすくなりました。Checkmarks in MenuStrip items are easier to view.

  • 選択したとき、無効になっている MenuStrip 項目が見やすくなりました。When selected, disabled MenuStrip items are easier to view.

  • 選択した Button コントロールのテキストが背景色に対して際立ち、見やすくなりました。Text in a selected Button control contrasts with the selection color.

  • 無効になっているテキストが読みやすくなりました。Disabled text is easier to read. 次に例を示します。For example:

    前:Before:

    無効にしたテキスト (アクセシビリティ機能改善前) 

    後:After:

    無効にしたテキスト (アクセシビリティ機能改善後) 

  • スレッド例外ダイアログのハイ コントラストが改善されました。High contrast improvements in the Thread Exception Dialog.

ナレーター サポートが改善されましたImproved Narrator support

.NET Framework 4.7.1 の Windows フォームでは、ナレーターのアクセシビリティが次の面で改善されました。Windows Forms in .NET Framework 4.7.1 includes the following accessibility improvements for the Narrator:

  • MonthCalendar コントロールに、他の UI 自動化ツールと同様に、ナレーターからアクセスできます。The MonthCalendar control can be accessed by the Narrator, as well as by other UI automation tools.

  • CheckedListBox コントロールは、項目のチェック状態が変わったとき、ナレーターに通知します。その結果、リスト アイテムの値を変えたことがユーザーに通知されます。The CheckedListBox control notifies Narrator when an item's check state has changed so the user is notified that they’ve changed the value of a list item.

  • DataGridViewCell コントロールは正しい読み取り専用状態をナレーターに報告します。The DataGridViewCell control reports the correct read-only status to Narrator.

  • ナレーターが無効になっている ToolStripMenuItem テキストを読み上げるようになりました。以前は、無効になっているメニュー項目はスキップされました。Narrator can now read disabled ToolStripMenuItem text, whereas previously it would skip over disabled menu items.

UIAutomation アクセシビリティ パターンのサポートが強化されましたEnhanced support for UIAutomation accessibility patterns

.NET Framework 4.7.1 以降、アクセシビリティ技術ツールの開発者は、一部の WinForms コントロールについて、API アクセシビリティの共通のパターンとプロパティを活用できます。Starting with .NET Framework 4.7.1, developers of accessibility technology tools can leverage common API accessibility patterns and properties for several WinForms controls. アクセシビリティ機能改善の例:These accessibility improvements include:

プロパティ ブラウザーが使いやすくなりましたImproved property browser experience

.NET Framework 4.7.1 以降、Windows フォームは次の点で改善されました。Starting with .NET Framework 4.7.1, Windows Forms includes:

  • さまざまなドロップダウン選択ウィンドウを利用することでキーボード操作が便利になりました。Better keyboard navigation through the various drop-down selection windows.
  • 不要なタブ ストップが減りました。A reduction of unnecessary tab stops.
  • コントロールの種類の報告機能が改善されました。Better reporting of control types.
  • ナレーターの動作が改善されました。Improved narrator behavior.

ASP.NET Web コントロールASP.NET web controls

.NET Framework 4.7.1 および Visual Studio 2017 バージョン 15.3 以降では、ASP.NET によって、ASP.NET Web コントロールによる Visual Studio のアクセシビリティ テクノロジの処理方法が向上しています。Starting with .NET Framework 4.7.1 and Visual Studio 2017 version 15.3, ASP.NET improves how ASP.NET web controls work with accessibility technology in Visual Studio. 主な変更点は以下のとおりです。Changes include the following:

  • [詳細の表示] ウィザードの [フィールドの追加] ダイアログや ListView ウィザードの [ListView の構成] ダイアログなど、コントロールで不足していた UI アクセシビリティ パターンを実装するための変更。Changes to implement missing UI accessibility patterns in controls, like the Add Field dialog in the Details View wizard, or the Configure ListView dialog of the ListView wizard.

  • データ ページャー フィールド エディターなど、ハイ コントラスト モードでの表示を改善するための変更。Changes to improve the display in High Contrast mode, like the Data Pager Fields Editor.

  • DataPager コントロールの [ページャーのフィールドを編集] ウィザードの [フィールド] ダイアログ、 [ObjectContext の構成] ダイアログ、 [データ ソースの構成] ウィザードの [データの選択の構成] ダイアログなど、キーボードの操作性を改善するための変更。Changes to improve the keyboard navigation experiences for controls, like the Fields dialog in the Edit Pager Fields wizard of the DataPager control, the Configure ObjectContext dialog, or the Configure Data Selection dialog of the Configure Data Source wizard.

.NET SDK Tools.NET SDK Tools

構成エディター ツール (SvcConfigEditor.exe) およびサービス トレース ビューアー ツール (SvcTraceViewer.exe) が、さまざまなアクセシビリティの問題を修正して改善されています。The Configuration Editor Tool (SvcConfigEditor.exe) and Service Trace Viewer Tool (SvcTraceViewer.exe) have been improved by fixing varied accessibility issues. その問題のほとんどは、名前の未定義や、特定の UI の自動化パターンが正しく実装されていないといった軽微なものです。Most of these were small issues, like a name not being defined or certain UI automation patterns not being implemented correctly. このような問題は、多くのユーザーが認識しないものですが、スクリーン リーダーのような支援技術を使用するお客様はこれらの SDK ツールのアクセシビリティの強化を実感されるでしょう。While many users won’t be aware of these incorrect values, customers who use assistive technologies like screen readers will find these SDK tools more accessible.

これらの機能強化により、キーボード フォーカスの順序など、以前のいくつかの動作が変更されます。These enhancements change some previous behaviors, such as keyboard focus order.

Windows Workflow Foundation (WF) ワークフロー デザイナーWindows Workflow Foundation (WF) Workflow Designer

ワークフロー デザイナーでのアクセシビリティに関する変更は次のとおりです。Accessibility changes in the Workflow Designer include the following:

  • 一部のコントロールで、タブ オーダーが左から右、上から下に変更されます。The tab order changes to left to right and top to bottom in some controls:

  • キーボードで利用できる機能が増えます:More functions are available via the keyboard:

    • アクティビティのプロパティを編集する際、プロパティ グループに初めてフォーカスを設定したときに、プロパティ グループをキーボードで折りたたむことができます。When editing the properties of an activity, property groups can be collapsed by keyboard the first time they are focused.

    • 警告アイコンにキーボードでアクセスできます。Warning icons are accessible by keyboard.

    • [プロパティ] ウィンドウの [その他のプロパティ] ボタンに、キーボードでアクセスできます。The More Properties button in the Properties window is accessible by keyboard.

    • キーボードを使って、ワークフロー デザイナーの [引数] および [変数] ウィンドウのヘッダー項目にアクセスできます。Keyboard users can access the header items in the Arguments and Variables panes of the Workflow Designer.

  • 次のような場合に、フォーカスのある項目の可視性が向上しました:Improved visibility of items with focus, such as when:

    • ワークフロー デザイナーおよびアクティビティ デザイナーで使われているデータ グリッドへの行の追加。Adding rows to data grids used by the Workflow Designer and activity designers.

    • ReceiveReply および SendReply アクティビティ内のフィールド間の Tab 移動。Tabbing through fields in the ReceiveReply and SendReply activities.

    • 変数または引数の既定値の設定Setting default values for variables or arguments

  • スクリーン リーダーが正しく認識できるようになりました:Screen readers can now correctly recognize:

    • ワークフロー デザイナーで設定されたブレークポイント。Breakpoints set in the workflow designer.

    • FlowSwitch<T>FlowDecisionCorrelationScope アクティビティ。The FlowSwitch<T>, FlowDecision, and CorrelationScope activities.

    • Receive アクティビティの内容。The contents of the Receive activity.

    • InvokeMethod アクティビティのターゲットの種類。The Target Type for the InvokeMethod activity.

    • TryCatch アクティビティの [例外] コンボ ボックスと [Finally] セクション。The Exception combo box and the Finally section in the TryCatch activity.

    • メッセージング アクティビティの [メッセージの種類] コンボ ボックス、[関連付け初期化子の追加] ウィンドウのスプリッター、[コンテンツ定義] ウィンドウで、および [CorrelatesOn の定義] ウィンドウ (ReceiveSendSendReply、および ReceiveReply)。The Message Type combo box, the splitter in the Add Correlation Initializers window, the Content Definition window, and the CorrelatesOn Definition window in the messaging activities (Receive, Send, SendReply, and ReceiveReply).

    • ステート マシンの遷移と遷移先。State machine transitions and transitions destinations.

    • FlowDecision アクティビティの注釈とコネクタ。Annotations and connectors on FlowDecision activities.

    • アクティビティのコンテキスト (右クリック) メニュー。The context (right-click) menus for activities.

    • プロパティ グリッドの、プロパティ値エディター、[検索のクリア] ボタン、[カテゴリ別] および [アルファベット順] の並べ替えボタン、[式エディター] ダイアログ。The property value editors, the Clear Search button, the By Category and Alphabetical sort buttons, and the Expression Editor dialog in the properties grid.

    • ワークフロー デザイナーのズーム パーセンテージ。The zoom percentage in the Workflow Designer.

    • Parallel および Pick アクティビティの区切り記号。The separator in Parallel and Pick activities.

    • InvokeDelegate アクティビティ。The InvokeDelegate activity.

    • ディクショナリ アクティビティの [型の選択] ウィンドウ (Microsoft.Activities.AddToDictionary<TKey,TValue>Microsoft.Activities.RemoveFromDictionary<TKey,TValue> など)。The Select Types window for dictionary activities (Microsoft.Activities.AddToDictionary<TKey,TValue>, Microsoft.Activities.RemoveFromDictionary<TKey,TValue>, etc.).

    • [.NET 型の参照と選択] ウィンドウ。The Browse and Select .NET Type window.

    • ワークフロー デザイナーでの階層リンク。Breadcrumbs in the Workflow Designer.

  • ハイ コントラスト テーマを選ぶと、要素間のコントラスト比の向上や、フォーカス要素に使われる選択ボックスの認識性の向上など、ワークフロー デザイナーとそのコントロールの表示について多くの点が向上していることがわかります。Users who choose High Contrast themes will see many improvements in the visibility of the Workflow Designer and its controls, like better contrast ratios between elements and more noticeable selection boxes used for focus elements.

関連項目See also