方法: サービスを開始するHow to: Start Services

サービスをインストールした後で、サービスを起動します。After a service is installed, it must be started. 起動することで、サービス クラスの OnStart メソッドが呼び出されます。Starting calls the OnStart method on the service class. 通常、OnStart メソッドにはサービスが本来行う処理を定義します。Usually, the OnStart method defines the useful work the service will perform. サービスの起動後は、手動で一時停止または停止するまで、アクティブの状態を維持します。After a service starts, it remains active until it is manually paused or stopped.

サービスを自動で起動するか手動で起動するかを設定できます。Services can be set up to start automatically or manually. 自動的に起動するサービスは、そのサービスがインストールされているコンピューターを再起動したとき、または初めて電源を入れたときに起動します。A service that starts automatically will be started when the computer on which it is installed is rebooted or first turned on. 手動で起動するサービスは、ユーザーが起動する必要があります。A user must start a service that starts manually.

注意

既定では、Visual Studio で作成されたサービスは手動で起動するように設定されます。By default, services created with Visual Studio are set to start manually.

サービスを手動で起動するには、サーバー エクスプローラーまたはサービス コントロール マネージャーを使用します。ServiceController コンポーネントを使ってコードによって起動することもできます。There are several ways you can manually start a service — from Server Explorer, from the Services Control Manager, or from code using a component called the ServiceController.

StartType クラスの ServiceInstaller プロパティを設定し、サービスを手動で起動するか自動で起動するかを指定します。You set the StartType property on the ServiceInstaller class to determine whether a service should be started manually or automatically.

サービスの起動方法を指定するにはTo specify how a service should start

  1. サービスの作成後、必要なインストーラーを追加します。After creating your service, add the necessary installers for it. 詳細については、「方法 :サービス アプリケーションにインストーラーを追加する」をご覧ください。For more information, see How to: Add Installers to Your Service Application.

  2. デザイナーで、対象となるサービスのインストーラーをクリックします。In the designer, click the service installer for the service you are working with.

  3. [プロパティ] ウィンドウで、StartType プロパティに次のいずれかの値を設定します。In the Properties window, set the StartType property to one of the following:

    サービスを起動するタイミングTo have your service install 設定値Set this value
    コンピューターを再起動したとき。When the computer is restarted 自動Automatic
    明示的なユーザー アクションによってサービスを開始するとき。When an explicit user action starts the service 手動Manual

    ヒント

    サービスが起動しないようにするには、StartType プロパティを [無効] に設定します。To prevent your service from being started at all, you can set the StartType property to Disabled. サーバーを数回再起動することが見込まれる場合は、サービスを自動的に起動しないように設定することで、再起動の時間を短縮できます。You might do this if you are going to reboot a server several times and want to save time by preventing the services that would normally start from starting up.

    注意

    以上のプロパティやその他のプロパティの設定は、サービスのインストール後に変更できます。These and other properties can be changed after your service is installed.

    StartType プロパティが [手動] に設定されているサービスを起動するには、サーバー エクスプローラーまたは Windows サービス コントロール マネージャーを使います。また、コードで起動することもできます。There are several ways you can start a service that has its StartType process set to Manual — from Server Explorer, from the Windows Services Control Manager, or from code. 起動方法によっては、サービス コントロール マネージャーのコンテキストではサービスを起動しません。サーバー エクスプローラーによるサービスの起動とコードによるサービスの起動の場合は、実際にはコントローラーを操作しています。It is important to note that not all of these methods actually start the service in the context of the Services Control Manager; Server Explorer and programmatic methods of starting the service actually manipulate the controller.

サーバー エクスプローラーでサービスを手動起動するにはTo manually start a service from Server Explorer

  1. サーバーがサーバー エクスプローラーの一覧にない場合は追加します。In Server Explorer, add the server you want if it is not already listed. 詳細については、「方法:サーバー エクスプローラー/データベース エクスプローラーにアクセスして初期化する」を参照してください。For more information, see How to: Access and Initialize Server Explorer-Database Explorer.

  2. [サービス] ノードを展開し、開始するサービスを検索します。Expand the Services node, and then locate the service you want to start.

  3. サービス名を右クリックし、[開始] をクリックします。Right-click the name of the service, and click Start.

サービス制御マネージャーでサービスを手動起動するにはTo manually start a service from Services Control Manager

  1. サービス コントロール マネージャーを次のいずれかの方法で開きます。Open the Services Control Manager by doing one of the following:

    • Windows XP および Windows 2000 Professional のデスクトップで、[マイ コンピューター] を右クリックし、[管理] をクリックします。In Windows XP and 2000 Professional, right-click My Computer on the desktop, and then click Manage. 表示されるダイアログ ボックスで、[サービスとアプリケーション] ノードを展開します。In the dialog box that appears, expand the Services and Applications node.

      - または- or -

    • Windows Server 2003 および Windows 2000 Server では、[スタート] メニューの [プログラム] をポイントし、[管理ツール] をポイントして、[サービス] をクリックします。In Windows Server 2003 and Windows 2000 Server, click Start, point to Programs, click Administrative Tools, and then click Services.

      注意

      Windows NT Version 4.0 では、[コントロール パネル] でこのダイアログ ボックスを開くことができます。In Windows NT version 4.0, you can open this dialog box from Control Panel.

    ウィンドウの [サービス] セクションに、サービスが一覧表示されます。You should now see your service listed in the Services section of the window.

  2. 一覧で目的のサービスを右クリックし、[開始] をクリックします。Select your service in the list, right-click it, and then click Start.

コードでサービスを手動起動するにはTo manually start a service from code

  1. ServiceController クラスのインスタンスを作成し、管理対象となるサービスと対話するように設定します。Create an instance of the ServiceController class, and configure it to interact with the service you want to administer.

  2. Start メソッドを呼び出してサービスを起動します。Call the Start method to start the service.

関連項目See also