カスタム アクティビティ デザイナーでの ExpressionTextBox の使用Using the ExpressionTextBox in a Custom Activity Designer

このサンプルでは、カスタム アクティビティ デザイナーで ExpressionTextBox を使用する方法を示します。This sample shows how to use the ExpressionTextBox in a custom activity designer. カスタム アクティビティ MultiAssign は、2 つの文字列値を 2 つの文字列変数に割り当てます。The custom activity, MultiAssign, assigns two string values to two string variables. ExpressionTextBox コントロールには、InArgument にバインドされるものと OutArgument にバインドされるものがあります。Some ExpressionTextBox controls bind to InArguments and some bind to OutArguments.

サンプルの詳細Sample details

ArgumentToExpressionConverter は、式を引数にバインドするときに使用される型コンバーターです。The ArgumentToExpressionConverter is the type converter used when binding expressions to arguments. ConverterParameter は、必要に応じて、In または Out に設定する必要があります。The ConverterParameter must be set to In or Out as appropriate. InOut サポートされていません。is not supported.

UseLocationExpression属性を使用OutArgumentの式が左辺値 (「左辺値」または「位置値」) 式を指定する必要がありますを指定します。The UseLocationExpression attribute is used on OutArguments to specify that the expression should be an L-value ("left value" or "location value") expression. ほとんど場合、L 値式は、返される OutArgument が変数または引数の名前であることを示すために使用される有効な Visual Basic 識別子です。In most cases, an L-value expression is a valid Visual Basic identifier used to indicate that the OutArgument being returned is a variable or argument name.

この例では、MaxLines 属性は 1 に設定され、MinLines は設定されていません。The MaxLines attribute is set to one in this example and MinLines is not set. つまり、ユーザーによって入力されるテキストの量に関係なく、ExpressionTextBox のサイズが 1 行に固定されることを示しています。This indicates that the ExpressionTextBox is a fixed size of one line regardless of the amount of text typed by the user. ExpressionTextBox がユーザーの入力に合わせて拡大されるようにするには、MaxLinesMinLines より大きい値を設定します。To allow the ExpressionTextBox to grow to fit user input, set MaxLines greater than MinLines.

ExpressionTextBox は、引数にのみバインドできます。CLR プロパティにはバインドできません。An ExpressionTextBox can only be bound to arguments, and cannot be bound to CLR properties.

このサンプルを使用するにはTo use this sample

  1. Visual Studio 2010 を使用して、ExpressionTextBoxSample.sln ファイルを開きます。Using Visual Studio 2010, open the ExpressionTextBoxSample.sln file.

  2. ソリューションをビルドするには、Ctrl キーと Shift キーを押しながら B キーを押します。To build the solution, press CTRL+SHIFT+B.

このサンプルを実行するにはTo run this sample

  1. 新しいワークフロー コンソール アプリケーションをソリューションに追加します。Add a new Workflow Console Application to the solution.

  2. 参照を追加、 ExpressionTextBoxSample新しいワークフロー コンソール アプリケーション プロジェクトからプロジェクト。Add a reference to the ExpressionTextBoxSample project from the new Workflow Console Application project.

  3. ソリューションをビルドします。Build the solution.

  4. ドラッグ、 MultiAssignアクティビティをツールボックスからワークフローにドロップします。Drag the MultiAssign activity from the toolbox and drop it into the workflow.

重要

サンプルは、既にコンピューターにインストールされている場合があります。The samples may already be installed on your machine. 続行する前に、次の (既定の) ディレクトリを確認してください。Check for the following (default) directory before continuing.

<InstallDrive>:\WF_WCF_Samples

このディレクトリが存在しない場合に移動Windows Communication Foundation (WCF) と .NET Framework 4 向けの Windows Workflow Foundation (WF) サンプルすべて Windows Communication Foundation (WCF) をダウンロードしてWFWFサンプル。If this directory does not exist, go to Windows Communication Foundation (WCF) and Windows Workflow Foundation (WF) Samples for .NET Framework 4 to download all Windows Communication Foundation (WCF) and WFWF samples. このサンプルは、次のディレクトリに格納されます。This sample is located in the following directory.

<InstallDrive>:\WF_WCF_Samples\WF\Basic\CustomActivities\CustomActivityDesigners\ExpressionTextBox

関連項目See also