方法: フォント ファミリとフォントを作成するHow to: Construct Font Families and Fonts

GDI + でさまざまなスタイルも同じタイプフェイスのフォントのフォント ファミリにグループ化します。GDI+ groups fonts with the same typeface but different styles into font families. たとえば、Arial フォント ファミリには、次のフォントが含まれています。For example, the Arial font family contains the following fonts:

  • Arial 通常Arial Regular

  • Arial 太字Arial Bold

  • Arial 斜体Arial Italic

  • Arial 太字斜体Arial Bold Italic

GDI + 形式のファミリの 4 つのスタイルを使用します。 通常、太字、斜体と太字斜体します。GDI+ uses four styles to form families: regular, bold, italic, and bold italic. など、形容詞を絞り込む丸めスタイル; とは見なされませんではなく、ファミリ名の一部であります。Adjectives such as narrow and rounded are not considered styles; rather they are part of the family name. たとえば、ゴシックは、次のメンバーを持つフォント ファミリです。For example, Arial Narrow is a font family with the following members:

  • Arial 狭い通常Arial Narrow Regular

  • Arial ナロー太字Arial Narrow Bold

  • Arial 狭い斜体Arial Narrow Italic

  • Arial 狭い太字斜体Arial Narrow Bold Italic

GDI + を使用してテキストを描画する前に作成する必要があります、FontFamilyオブジェクトとFontオブジェクト。Before you can draw text with GDI+, you need to construct a FontFamily object and a Font object. FontFamilyオブジェクト (たとえば、Arial) 書体を指定して、Fontオブジェクトは、サイズ、スタイル、および単位を指定します。The FontFamily object specifies the typeface (for example, Arial), and the Font object specifies the size, style, and units.

Example

次の例では、標準のスタイル、サイズが 16 ピクセルの Arial フォントを作成します。The following example constructs a regular style Arial font with a size of 16 pixels. 次のコードに渡される最初の引数、Fontコンス トラクターは、FontFamilyオブジェクト。In the following code, the first argument passed to the Font constructor is the FontFamily object. 2 番目の引数には、4 番目の引数によって識別される単位でのフォントのサイズを指定します。The second argument specifies the size of the font measured in units identified by the fourth argument. 3 番目の引数は、スタイルを識別します。The third argument identifies the style.

Pixel メンバーである、GraphicsUnit列挙型、およびRegularのメンバーである、FontStyle列挙体。Pixel is a member of the GraphicsUnit enumeration, and Regular is a member of the FontStyle enumeration.

FontFamily fontFamily = new FontFamily("Arial");
Font font = new Font(
   fontFamily,
   16,
   FontStyle.Regular,
   GraphicsUnit.Pixel);
Dim fontFamily As New FontFamily("Arial")
Dim font As New Font( _
   fontFamily, _
   16, _
   FontStyle.Regular, _
   GraphicsUnit.Pixel)

コードのコンパイルCompiling the Code

前の例は、Windows フォームで使用するために設計されています。 また必要がPaintEventArgs e、はのパラメーターPaintEventHandlerします。The preceding example is designed for use with Windows Forms, and it requires PaintEventArgs e, which is a parameter of PaintEventHandler.

関連項目See also