方法: C での実行時にユーザー設定を書き込み#How To: Write User Settings at Run Time with C#

アプリケーション スコープの設定は読み取り専用であり、デザイン時、またはアプリケーション セッション間に .config ファイルを変更することによってのみ変更できます。Settings that are application-scoped are read-only, and can only be changed at design time or by altering the .config file in between application sessions. ただし、ユーザー スコープの設定は、プロパティ値を変更する場合と同様に、実行時に書き込むことができます。Settings that are user-scoped, however, can be written at run time just as you would change any property value. 新しい値は、アプリケーションのセッションの実行中に永続化します。The new value persists for the duration of the application session. Save メソッドを呼び出すことによって、アプリケーション セッション間で、設定の変更を永続化することができます。You can persist the changes to the settings between application sessions by calling the Save method.

方法: 書き込みし、C での実行時にユーザー設定を永続化#How To: Write and Persist User Settings at Run Time with C#

  1. この設定にアクセスし、この例で示すように、新しい値を割り当てます。Access the setting and assign it a new value as shown in this example:

    Properties.Settings.Default.myColor = Color.AliceBlue;  
    
  2. アプリケーション セッション間で、設定の変更を永続化する場合は、この例で示すように Save メソッドを呼び出します。If you want to persist the changes to the settings between application sessions, call the Save method as shown in this example:

    Properties.Settings.Default.Save();  
    

ユーザー設定は、ユーザーの非表示のローカル アプリケーション データ フォルダーのサブフォルダー内のファイルに保存されます。User settings are saved in a file within a subfolder of the user’s local hidden application data folder.

関連項目See also