方法: データバインドされた Windows フォーム DataGridView コントロールに列を自動生成するHow to: Autogenerate Columns in a Data-Bound Windows Forms DataGridView Control

次のコード例は、バインドされたデータ ソースから列を表示する方法を示します、DataGridViewコントロール。The following code example demonstrates how to display columns from a bound data source in a DataGridView control. ときに、AutoGenerateColumnsプロパティの値がtrue(既定)、DataGridViewColumnデータ ソース テーブル内の各列が作成されます。When the AutoGenerateColumns property value is true (the default), a DataGridViewColumn is created for each column in the data source table.

場合、DataGridViewコントロールは既に列を設定すると、DataSourceプロパティの既存のバインドされた列がデータ ソース内の列と比較され、一致があるたびに保持されます。If the DataGridView control already has columns when you set the DataSource property, the existing bound columns are compared to the columns in the data source and preserved whenever there is a match. バインドされていない列は常に保持されます。Unbound columns are always preserved. 対象のデータ ソース内の一致がないバインドされた列が削除されます。Bound columns for which there is no match in the data source are removed. コントロール内の一致がないデータ ソース内の列が新規生成DataGridViewColumn、オブジェクトの末尾に追加される、Columnsコレクション。Columns in the data source for which there is no match in the control generate new DataGridViewColumn objects, which are added to the end of the Columns collection.

Example

private void BindData()
{
    customersDataGridView.AutoGenerateColumns = true;
    customersDataGridView.DataSource = customersDataSet;
    customersDataGridView.DataMember = "Customers";
}
Private Sub BindData()

    With customersDataGridView
        .AutoGenerateColumns = True
        .DataSource = customersDataSet
        .DataMember = "Customers"
    End With

End Sub

コードのコンパイルCompiling the Code

この例で必要な要素は次のとおりです。This example requires:

関連項目See also