Windows フォーム DataGridView コントロールでのデータの書式設定Data Formatting in the Windows Forms DataGridView Control

DataGridView コントロールは、セル値と親列に表示されるデータ型の間の自動変換を提供します。The DataGridView control provides automatic conversion between cell values and the data types that the parent columns display. たとえば、テキストボックスの列では、日付、時刻、数値、列挙値の文字列形式を表示し、ユーザーが入力した文字列値をデータストアで必要な型に変換します。Text box columns, for example, display string representations of date, time, number, and enumeration values, and convert user-entered string values to the types required by the data store.

DataGridViewCellStyle クラスを使用した書式設定Formatting with the DataGridViewCellStyle class

DataGridView コントロールは、DataGridViewCellStyle クラスを使用して、セル値の基本的なデータ書式設定を提供します。The DataGridView control provides basic data formatting of cell values through the DataGridViewCellStyle class. Format プロパティを使用すると、「型の書式設定」で説明されている書式指定子を使用して、現在の既定のカルチャの日付、時刻、数値、および列挙値の書式を設定できます。You can use the Format property to format date, time, number, and enumeration values for the current default culture using the format specifiers described in Formatting Types. また、FormatProvider プロパティを使用して、特定のカルチャの値を書式設定することもできます。You can also format these values for specific cultures using the FormatProvider property. 指定された形式は、データの表示と、ユーザーが指定した形式で入力したデータの解析の両方に使用されます。The specified format is used both to display data and to parse data that the user enters in the specified format.

DataGridViewCellStyle クラスは、折り返し、テキストの配置、および null データベース値のカスタム表示に関する追加の書式設定プロパティを提供します。The DataGridViewCellStyle class provides additional formatting properties for wordwrap, text alignment, and the custom display of null database values. 詳細については、「方法 : Windows フォーム DataGridView コントロールのデータの書式を設定する」を参照してください。For more information, see How to: Format Data in the Windows Forms DataGridView Control.

CellFormatting 設定イベントを使用した書式設定Formatting with the CellFormatting Event

基本的な書式設定がニーズに合わない場合は、DataGridView.CellFormatting イベントのハンドラーにカスタムデータ書式を提供できます。If the basic formatting does not meet your needs, you can provide custom data formatting in a handler for the DataGridView.CellFormatting event. ハンドラーに渡される DataGridViewCellFormattingEventArgs には、最初にセル値を格納する Value プロパティがあります。The DataGridViewCellFormattingEventArgs passed to the handler has a Value property that initially contains the cell value. 通常、この値は自動的に表示の種類に変換されます。Normally, this value is automatically converted to the display type. 値を自分で変換するには、Value プロパティを表示の種類の値に設定します。To convert the value yourself, set the Value property to a value of the display type.

注意

書式指定文字列がセルに対して有効になっている場合、FormattingApplied プロパティを trueに設定しない限り、Value プロパティ値の変更はオーバーライドされます。If a format string is in effect for the cell, it overrides your change of the Value property value unless you set the FormattingApplied property to true.

CellFormatting イベントは、個々のセルの値に基づいて DataGridViewCellStyle プロパティを設定する場合にも便利です。The CellFormatting event is also useful when you want to set DataGridViewCellStyle properties for individual cells based on their values. 詳細については、「方法: Windows フォーム DataGridView コントロールでデータの書式をカスタマイズする」を参照してください。For more information, see How to: Customize Data Formatting in the Windows Forms DataGridView Control.

ユーザー指定の値の既定の解析がニーズに合わない場合は、DataGridView コントロールの CellParsing イベントを処理して、カスタム解析を提供できます。If the default parsing of user-specified values does not meet your needs, you can handle the CellParsing event of the DataGridView control to provide custom parsing.

参照See also