DataGridView コントロールの概要 (Windows フォーム)DataGridView Control Overview (Windows Forms)

注意

DataGridView コントロールは、DataGrid コントロールに代わると共に追加の機能を提供します。ただし、DataGrid コントロールは、下位互換性を保つ目的および将来使用する目的で保持されます。The DataGridView control replaces and adds functionality to the DataGrid control; however, the DataGrid control is retained for both backward compatibility and future use, if you choose. 詳細については、「Windows フォームの DataGridView コントロールと DataGrid コントロールの違いについて」を参照してください。For more information, see Differences Between the Windows Forms DataGridView and DataGrid Controls.

DataGridView コントロールを使用すると、さまざまな種類のデータソースの表形式データを表示および編集できます。With the DataGridView control, you can display and edit tabular data from many different kinds of data sources.

DataGridView コントロールにデータをバインドするのは簡単で直観的です。多くの場合、DataSource プロパティを設定するのと同じくらい簡単です。Binding data to the DataGridView control is straightforward and intuitive, and in many cases it is as simple as setting the DataSource property. 複数のリストまたはテーブルを含むデータソースにバインドする場合は、バインド先のリストまたはテーブルを指定する文字列に DataMember プロパティを設定します。When you bind to a data source that contains multiple lists or tables, set the DataMember property to a string that specifies the list or table to bind to.

DataGridView コントロールは、標準の Windows フォームデータバインディングモデルをサポートするため、次の一覧に示すクラスのインスタンスにバインドされます。The DataGridView control supports the standard Windows Forms data binding model, so it will bind to instances of classes described in the following list:

DataGridView コントロールは、これらのインターフェイスによって返されるオブジェクトのパブリックプロパティへのデータバインディング、または返されたオブジェクトに実装されている場合は ICustomTypeDescriptor インターフェイスによって返される properties コレクションへのデータバインディングをサポートします。The DataGridView control supports data binding to the public properties of the objects returned by these interfaces or to the properties collection returned by an ICustomTypeDescriptor interface, if implemented on the returned objects.

通常は、BindingSource コンポーネントにバインドし、BindingSource コンポーネントを別のデータソースにバインドするか、ビジネスオブジェクトを設定します。Typically, you will bind to a BindingSource component and bind the BindingSource component to another data source or populate it with business objects. BindingSource コンポーネントは、さまざまなデータソースにバインドできるため、データバインディングに関する多くの問題を自動的に解決できるため、推奨されるデータソースです。The BindingSource component is the preferred data source because it can bind to a wide variety of data sources and can resolve many data binding issues automatically. 詳細については、「 BindingSource コンポーネント」を参照してください。For more information, see BindingSource Component.

DataGridView コントロールは、基になるデータストアのない非バインドモードでも使用できます。The DataGridView control can also be used in unbound mode, with no underlying data store. バインドされていない DataGridView コントロールを使用するコード例については、「チュートリアル: バインドされていないWindows フォーム DataGridView コントロールの作成」を参照してください。For a code example that uses an unbound DataGridView control, see Walkthrough: Creating an Unbound Windows Forms DataGridView Control.

DataGridView コントロールは、高度な構成と拡張が可能で、外観と動作をカスタマイズするための多数のプロパティ、メソッド、およびイベントが用意されています。The DataGridView control is highly configurable and extensible, and it provides many properties, methods, and events to customize its appearance and behavior. Windows フォームアプリケーションで表形式のデータを表示する場合は、他のコントロール (たとえば、DataGrid) の前に DataGridView コントロールを使用することを検討してください。When you want your Windows Forms application to display tabular data, consider using the DataGridView control before others (for example, DataGrid). 読み取り専用の値を持つ小さいグリッドを表示する場合、またはユーザーが何百万ものレコードを含むテーブルを編集できるようにする場合は、DataGridView 制御によって、簡単にプログラミング可能なメモリ効率の高いソリューションが提供されます。If you are displaying a small grid of read-only values, or if you are enabling a user to edit a table with millions of records, the DataGridView control will provide you with a readily programmable, memory-efficient solution.

このセクションの内容In This Section

DataGridView コントロール テクノロジの概要DataGridView Control Technology Summary
DataGridView コントロールの概念と関連クラスの使用についてまとめます。Summarizes DataGridView control concepts and the use of related classes.

DataGridView コントロールのアーキテクチャDataGridView Control Architecture
型階層と継承構造を説明する DataGridView コントロールのアーキテクチャについて説明します。Describes the architecture of the DataGridView control, explaining its type hierarchy and inheritance structure.

DataGridView コントロールのシナリオDataGridView Control Scenarios
DataGridView コントロールを使用する最も一般的なシナリオについて説明します。Describes the most common scenarios in which DataGridView controls are used.

DataGridView コントロールのコード ディレクトリDataGridView Control Code Directory
さまざまな DataGridView タスクに関するドキュメントのコード例へのリンクを示します。Provides links to code examples in the documentation for various DataGridView tasks. コード例はタスクの種類ごとに分類されています。These examples are categorized by task type.

Windows フォーム DataGridView コントロールの列型Column Types in the Windows Forms DataGridView Control
情報を表示し、ユーザーが情報を変更または追加できるようにするために使用される、Windows フォーム DataGridView コントロール内の列の型について説明します。Discusses the column types in the Windows Forms DataGridView control used to display information and allow users to modify or add information.

Windows フォーム DataGridView コントロールでのデータの表示Displaying Data in the Windows Forms DataGridView Control
コントロールに手動でデータを組み込む方法と、外部データ ソースからデータを取得する方法について説明するトピックを示します。Provides topics that describe how to populate the control with data either manually, or from an external data source.

Windows フォーム DataGridView コントロールのカスタマイズCustomizing the Windows Forms DataGridView Control
DataGridView のセルおよび行のカスタム描画と、セル、列、および行の派生型の作成について説明するトピックを示します。Provides topics that describe custom painting DataGridView cells and rows, and creating derived cell, column, and row types.

Windows フォーム DataGridView コントロールでのパフォーマンス チューニングPerformance Tuning in the Windows Forms DataGridView Control
大量のデータを扱うときのパフォーマンスの問題を避けるために、このコントロールを効率的に使用する方法について説明するトピックを示します。Provides topics that describe how to use the control efficiently to avoid performance problems when working with large amounts of data.

参照See also