方法 : Windows フォーム DataGridView コントロールのデータの書式を設定するHow to: Format Data in the Windows Forms DataGridView Control

次の手順では、コントロールの DataGridView コントロールと特定の列の DefaultCellStyle プロパティを使用して、セル値の基本的な書式を設定する方法について説明します。The following procedures demonstrate basic formatting of cell values using the DefaultCellStyle property of a DataGridView control and of specific columns in a control. 高度なデータ書式設定の詳細については、「方法: Windows フォーム DataGridView コントロールでデータの書式設定をカスタマイズする」を参照してください。For information about advanced data formatting, see How to: Customize Data Formatting in the Windows Forms DataGridView Control.

通貨と日付の値を書式設定するにはTo format currency and date values

  • FormatDataGridViewCellStyle プロパティを設定します。Set the Format property of a DataGridViewCellStyle. 次のコード例では、列の DefaultCellStyle プロパティを使用して、特定の列の形式を設定します。The following code example sets the format for specific columns using the DefaultCellStyle property of the columns. UnitPrice 列の値は、現在のカルチャ固有の通貨書式で表示され、負の値はかっこで囲まれます。Values in the UnitPrice column appear in the current culture-specific currency format, with negative values surrounded by parentheses. ShipDate 列の値は、現在のカルチャに固有の短い日付形式で表示されます。Values in the ShipDate column appear in the current culture-specific short date format. Format 値の詳細については、「型の書式設定」を参照してください。For more information about Format values, see Formatting Types.

    this.dataGridView1.Columns["UnitPrice"].DefaultCellStyle.Format = "c";
    this.dataGridView1.Columns["ShipDate"].DefaultCellStyle.Format = "d";
    
    Me.dataGridView1.Columns("UnitPrice").DefaultCellStyle.Format = "c"
    Me.dataGridView1.Columns("ShipDate").DefaultCellStyle.Format = "d"
    

Null データベース値の表示をカスタマイズするにはTo customize the display of null database values

テキストベースのセルで折り返しを有効にするにはTo enable wordwrap in text-based cells

DataGridView セルのテキストの配置を指定するにはTo specify the text alignment of DataGridView cells

Example

private void SetFormatting()
{
    this.dataGridView1.Columns["UnitPrice"].DefaultCellStyle.Format = "c";
    this.dataGridView1.Columns["ShipDate"].DefaultCellStyle.Format = "d";
    this.dataGridView1.Columns["CustomerName"].DefaultCellStyle
        .Alignment = DataGridViewContentAlignment.MiddleRight;
    this.dataGridView1.DefaultCellStyle.NullValue = "no entry";
    this.dataGridView1.DefaultCellStyle.WrapMode =
        DataGridViewTriState.True;
}
Private Sub SetFormatting()
    With Me.dataGridView1
        .Columns("UnitPrice").DefaultCellStyle.Format = "c"
        .Columns("ShipDate").DefaultCellStyle.Format = "d"
        .Columns("CustomerName").DefaultCellStyle.Alignment = _
            DataGridViewContentAlignment.MiddleRight
        .DefaultCellStyle.NullValue = "no entry"
        .DefaultCellStyle.WrapMode = DataGridViewTriState.True
    End With
End Sub

コードのコンパイルCompiling the Code

これらの例には以下のものが必要です。These examples require:

堅牢性の高いプログラミングRobust Programming

最大限のスケーラビリティを実現するには、各要素のスタイルプロパティを個別に設定するのではなく、同じスタイルを使用する複数の行、列、またはセルにわたって DataGridViewCellStyle オブジェクトを共有する必要があります。For maximum scalability, you should share DataGridViewCellStyle objects across multiple rows, columns, or cells that use the same styles rather than setting the style properties for each element separately. 詳細については、「 Windows フォーム DataGridView コントロールを拡張するための推奨される手順」を参照してください。For more information, see Best Practices for Scaling the Windows Forms DataGridView Control.

参照See also