TableLayoutPanel コントロールの概要TableLayoutPanel Control Overview

TableLayoutPanel コントロールは、その内容をグリッド内に配置します。The TableLayoutPanel control arranges its contents in a grid. レイアウトはデザイン時と実行時の両方で行われるため、アプリケーション環境の変更に合わせて動的に変更できます。Because the layout is performed both at design time and run time, it can change dynamically as the application environment changes. これにより、パネル内のコントロールを適切にサイズ変更することができるため、親コントロールのサイズ変更や、ローカライズによるテキスト長の変更などの変更に対応できます。This gives the controls in the panel the ability to proportionally resize, so they can respond to changes such as the parent control resizing or text length changing due to localization.

Windows フォーム コントロールは、TableLayoutPanel の他のインスタンスを含めて、TableLayoutPanel コントロールの子にすることができます。Any Windows Forms control can be a child of the TableLayoutPanel control, including other instances of TableLayoutPanel. これにより、実行時の変化に適応する高度なレイアウトを構築することができます。This allows you to construct sophisticated layouts that adapt to changes at run time.

RowCountColumnCount、および GrowStyle プロパティの値に応じて、TableLayoutPanel コントロールを追加するときに新しいコントロールに合わせて拡張できます。The TableLayoutPanel control can expand to accommodate new controls when they are added, depending on the value of the RowCount, ColumnCount, and GrowStyle properties. RowCount プロパティまたは ColumnCount プロパティのいずれかを 0 の値に設定すると、TableLayoutPanel が対応する方向にバインド解除されます。Setting either the RowCount or ColumnCount property to a value of 0 specifies that the TableLayoutPanel will be unbound in the corresponding direction.

TableLayoutPanel コントロールが完全に子コントロールになった後で、(水平または垂直の) 展開の方向を制御することもできます。You can also control the direction of expansion (horizontal or vertical) after the TableLayoutPanel control is full of child controls. 既定では、TableLayoutPanel コントロールは行を追加することで下方向に拡張します。By default, the TableLayoutPanel control expands downward by adding rows.

既定の動作とは異なる方法で行と列を動作させる場合は、RowStyles プロパティと ColumnStyles プロパティを使用して、行と列のプロパティを制御できます。If you want rows and columns that behave differently from the default behavior, you can control the properties of rows and columns by using the RowStyles and ColumnStyles properties. 行または列のプロパティを個別に設定することができます。You can set the properties of rows or columns individually.

TableLayoutPanel コントロールは、その子コントロールに CellColumnRowColumnSpan、および RowSpan の各プロパティを追加します。The TableLayoutPanel control adds the following properties to its child controls: Cell, Column, Row, ColumnSpan, and RowSpan.

子コントロールで ColumnSpan プロパティまたは RowSpan プロパティを設定することで、TableLayoutPanel コントロールのセルをマージできます。You can merge cells in the TableLayoutPanel control by setting the ColumnSpan or RowSpan properties on a child control.

  1. 方法: 配置して、コントロールを TableLayoutPanel コントロールで伸縮How to: Align and Stretch a Control in a TableLayoutPanel Control

  2. 方法: TableLayoutPanel コントロールの行と列にまたがるHow to: Span Rows and Columns in a TableLayoutPanel Control

  3. 方法: TableLayoutPanel コントロールの列と行を編集します。How to: Edit Columns and Rows in a TableLayoutPanel Control

  4. チュートリアル: TableLayoutPanel を使用して Windows フォーム コントロールの配置Walkthrough: Arranging Controls on Windows Forms Using a TableLayoutPanel

関連項目See also