方法: データバインドされた Windows フォーム DataGridView コントロールに非バインド列を追加するHow to: Add an Unbound Column to a Data-Bound Windows Forms DataGridView Control

DataGridView コントロールに表示するデータは、通常なんらかのデータ ソースから取得されるデータですが、データ ソース以外からのデータの列を表示する必要が生じることがあります。The data you display in the DataGridView control will normally come from a data source of some kind, but you might want to display a column of data that does not come from the data source. この種類の列は、非バインド列と呼ばれます。This kind of column is called an unbound column. 非バインド列の形式はさまざまです。Unbound columns can take many forms. しばしば、データ行の詳細へのアクセスに使用されます。Frequently, they are used to provide access to the details of a data row.

次のコード例のバインドされていない列を作成する方法を示します詳細マスター/詳細シナリオを実装するときに親テーブルで特定の行に関連する子テーブルを表示するボタン。The following code example demonstrates how to create an unbound column of Details buttons to display a child table related to a particular row in a parent table when you implement a master/detail scenario. ボタンのクリックに応答するには、子テーブルを含むフォームを表示する DataGridView.CellClick イベント ハンドラーを実装します。To respond to button clicks, implement a DataGridView.CellClick event handler that displays a form containing the child table.

Visual Studio では、このタスクに対するサポートが用意されています。There is support for this task in Visual Studio. 参照してください方法。削除列で、Windows フォーム DataGridView コントロールのデザイナーを使用してを追加およびします。Also see How to: Add and Remove Columns in the Windows Forms DataGridView Control Using the Designer.

Example

private void CreateUnboundButtonColumn()
{
    // Initialize the button column.
    DataGridViewButtonColumn buttonColumn =
        new DataGridViewButtonColumn();
    buttonColumn.Name = "Details";
    buttonColumn.HeaderText = "Details";
    buttonColumn.Text = "View Details";

    // Use the Text property for the button text for all cells rather
    // than using each cell's value as the text for its own button.
    buttonColumn.UseColumnTextForButtonValue = true;

    // Add the button column to the control.
    dataGridView1.Columns.Insert(0, buttonColumn);
}
Private Sub CreateUnboundButtonColumn()

    ' Initialize the button column.
    Dim buttonColumn As New DataGridViewButtonColumn

    With buttonColumn
        .HeaderText = "Details"
        .Name = "Details"
        .Text = "View Details"

        ' Use the Text property for the button text for all cells rather
        ' than using each cell's value as the text for its own button.
        .UseColumnTextForButtonValue = True
    End With

    ' Add the button column to the control.
    dataGridView1.Columns.Insert(0, buttonColumn)

End Sub

コードのコンパイルCompiling the Code

この例で必要な要素は次のとおりです。This example requires:

関連項目See also