WebBrowser コントロールの概要WebBrowser Control Overview

コントロールは、 WebBrowser WebBrowser ActiveX コントロールのマネージラッパーを提供します。The WebBrowser control provides a managed wrapper for the WebBrowser ActiveX control. マネージラッパーを使用すると、Windows フォームクライアントアプリケーションで Web ページを表示できます。The managed wrapper lets you display Web pages in your Windows Forms client applications. コントロールを使用して、 WebBrowser Internet explorer の Web 閲覧機能をアプリケーションで複製することも、Internet explorer の既定の機能を無効にして、簡単な HTML ドキュメントビューアーとしてコントロールを使用することもできます。You can use the WebBrowser control to duplicate Internet Explorer Web browsing functionality in your application or you can disable default Internet Explorer functionality and use the control as a simple HTML document viewer. コントロールを使用して、DHTML ベースのユーザーインターフェイス要素をフォームに追加し、コントロールでホストされているという事実を非表示にすることもでき WebBrowser ます。You can also use the control to add DHTML-based user interface elements to your form and hide the fact that they are hosted in the WebBrowser control. この方法を使用すると、Web コントロールを1つのアプリケーション内の Windows フォームコントロールとシームレスに組み合わせることができます。This approach lets you seamlessly combine Web controls with Windows Forms controls in a single application.

頻繁に使用されるプロパティ、メソッド、およびイベントFrequently Used Properties, Methods, and Events

WebBrowserコントロールには、Internet Explorer で検出されたコントロールを実装するために使用できるプロパティ、メソッド、およびイベントがいくつかあります。The WebBrowser control has several properties, methods, and events that you can use to implement controls found in Internet Explorer. たとえば、メソッドを使用して Navigate アドレスバーを実装し、、、、およびの各メソッドを使用して、 GoBack GoForward Stop Refresh ツールバーにナビゲーションボタンを実装できます。For example, you can use the Navigate method to implement an address bar, and the GoBack, GoForward, Stop, and Refresh methods to implement navigation buttons on a toolbar. イベントを処理して、プロパティの値とタイトルバーにプロパティの値を指定して Navigated アドレスバーを更新でき Url DocumentTitle ます。You can handle the Navigated event to update the address bar with the value of the Url property and the title bar with the value of the DocumentTitle property.

アプリケーション内で独自のページコンテンツを生成する場合は、プロパティを設定でき DocumentText ます。If you want to generate your own page content within your application, you can set the DocumentText property. HTML ドキュメントオブジェクトモデル (DOM) に慣れている場合は、プロパティを使用して現在の Web ページの内容を操作することもでき Document ます。If you are familiar with the HTML document object model (DOM), you can also manipulate the contents of the current Web page through the Document property. このプロパティを使用すると、ファイル間を移動する代わりに、メモリ内のドキュメントを格納および変更できます。With this property, you can store and modify documents in memory instead of navigating among files.

Documentまた、プロパティを使用すると、クライアントアプリケーションコードから Web ページスクリプトコードに実装されているメソッドを呼び出すこともできます。The Document property also lets you call methods implemented in Web page scripting code from your client application code. スクリプトコードからクライアントアプリケーションコードにアクセスするには、プロパティを設定し ObjectForScripting ます。To access your client application code from your scripting code, set the ObjectForScripting property. 指定したオブジェクトは、スクリプトコードによってオブジェクトとしてアクセスでき window.external ます。The object that you specify can be accessed by your script code as the window.external object.

名前Name 説明Description
Document プロパティDocument property 現在の Web ページの HTML ドキュメントオブジェクトモデル (DOM) へのマネージアクセスを提供するオブジェクトを取得します。Gets an object that provides managed access to the HTML document object model (DOM) of the current Web page.
DocumentCompleted イベントDocumentCompleted event Web ページの読み込みが終了したときに発生します。Occurs when a Web page finishes loading.
DocumentText プロパティDocumentText property 現在の Web ページの HTML コンテンツを取得または設定します。Gets or sets the HTML content of the current Web page.
DocumentTitle プロパティDocumentTitle property 現在の Web ページのタイトルを取得します。Gets the title of the current Web page.
GoBack メソッドGoBack method 履歴内の前のページに移動します。Navigates to the previous page in history.
GoForward メソッドGoForward method 履歴の次のページに移動します。Navigates to the next page in history.
Navigate メソッドNavigate method 指定された URL に移動します。Navigates to the specified URL.
Navigating イベントNavigating event ナビゲーションが開始される前に発生し、アクションをキャンセルできるようにします。Occurs before navigation begins, enabling the action to be canceled.
ObjectForScripting プロパティObjectForScripting property Web ページスクリプトコードがアプリケーションとの通信に使用できるオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets an object that Web page scripting code can use to communicate with your application.
Print メソッドPrint method 現在の Web ページを印刷します。Prints the current Web page.
Refresh メソッドRefresh method 現在の Web ページを再読み込みします。Reloads the current Web page.
Stop メソッドStop method 現在のナビゲーションを停止し、サウンドやアニメーションなどの動的なページ要素を停止します。Halts the current navigation and stops dynamic page elements such as sounds and animation.
Url プロパティUrl property 現在の Web ページの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL of the current Web page. このプロパティを設定すると、コントロールが新しい URL に移動します。Setting this property navigates the control to the new URL.

関連項目See also