要素のツリーおよびシリアル化Element Tree and Serialization

WPF プログラミングの各要素は、多くの場合、ある種の相互ツリー リレーションシップにあります。WPF programming elements often exist in some form of tree relationship to each other. たとえば、XAML で作成するアプリケーション UI は、オブジェクト ツリーとして概念化できます。For instance, an application UI created in XAML can be conceptualized as an object tree. 要素のツリーはさらに、論理ツリーとビジュアル ツリーという 2 つのツリーに分割できます。これらのツリーは異なるものですが、同時に並列関係である場合もありまます。The element tree can be further divided into two discrete yet sometimes parallel trees: the logical tree and the visual tree. WPF でのシリアル化には、これら 2 つのツリーの状態およびアプリケーション状態の保存と、ファイル (通常は XAML) へのその書き込みが含まれます。Serialization in WPF involves saving the state of these two trees as well as application state and writing it to a file, potentially as XAML.

このセクションの内容In This Section

WPF のツリーTrees in WPF
XamlWriter.Save のシリアル化の制限Serialization Limitations of XamlWriter.Save
オブジェクト ツリーに存在しないオブジェクト要素の初期化Initialization for Object Elements Not in an Object Tree
方法のトピックHow-to Topics

参照先Reference

System.Windows.Markup

LogicalTreeHelper

VisualTreeHelper

WPF アーキテクチャWPF Architecture
WPF の XAMLXAML in WPF
基本要素Base Elements
プロパティProperties
イベントEvents
入力Input
リソースResources
スタイルとテンプレートStyling and Templating
スレッド モデルThreading Model