方法: XAML で特殊文字を使用するHow to: Use Special Characters in XAML

マークアップ ファイルを Visual Studio で作成すると、自動的に Unicode UTF-8 ファイル形式で保存されます。つまり、アクセント記号など、ほとんどの特殊文字が正しくエンコードされます。Markup files that are created in Visual Studio are automatically saved in the Unicode UTF-8 file format, which means that most special characters, such as accent marks, are encoded correctly. ただし、一般的に使用される一連の特殊文字で、別の方法で処理されるものがあります。However, there is a set of commonly-used special characters that are handled differently. これらの特殊文字は、World Wide Web コンソーシアム (W3C) XML 標準に従ってエンコードされます。These special characters follow the World Wide Web Consortium (W3C) XML standard for encoding.

この一連の特殊文字をエンコードするための構文を次の表に示します。The following table shows the syntax for encoding this set of special characters:

文字Character 構文Syntax 説明Description
< &lt; より小さい記号Less than symbol.
> &gt; より大きい記号Greater than sign.
& &amp; アンパサンド記号Ampersand symbol.
"" &quot; 二重引用符記号Double quote symbol.

注意

Windows メモ帳などのテキスト エディターを使用してマークアップ ファイルを作成する場合は、エンコードされた特殊文字を保持するために、ファイルを Unicode UTF-8 ファイル形式で保存する必要があります。If you create a markup file using a text editor, such as Windows Notepad, you must save the file in the Unicode UTF-8 file format in order to preserve any encoded special characters.

次の例では、マークアップを作成するときにテキストで特殊文字を使用する方法を示します。The following example shows how you can use special characters in text when creating markup.

Example

<!-- Display special characters that require special encoding: < > & " -->
<TextBlock>
  &lt;    <!-- Less than symbol -->
  &gt;    <!-- Greater than symbol -->
  &amp;   <!-- Ampersand symbol -->
  &quot;  <!-- Double quote symbol -->
</TextBlock>

<!-- Display miscellaneous special characters -->
<TextBlock>
  Cæsar   <!-- AE dipthong symbol -->
  © 2006  <!-- Copyright symbol -->
  Español <!-- Tilde symbol -->
  ¥       <!-- Yen symbol -->
</TextBlock>