mc:Ignorable 属性mc:Ignorable Attribute

マークアップファイルで検出されたXAMLXAML 名前空間プレフィックスがプロセッサによって無視される可能性があるかどうかを指定します。XMLXMLSpecifies which XMLXML namespace prefixes encountered in a markup file may be ignored by a XAMLXAML processor. 属性mc:Ignorableは、カスタム名前空間マッピングXAMLXAMLとバージョン管理の両方で、マークアップ互換性をサポートしています。The mc:Ignorable attribute supports markup compatibility both for custom namespace mapping and for XAMLXAML versioning.

XAML 属性の使用法 (単一のプレフィックス)XAML Attribute Usage (Single Prefix)

<object  
  xmlns:ignorablePrefix="ignorableUri"  
  xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"  
  mc:Ignorable="ignorablePrefix"...>  
    <ignorablePrefix1:ThisElementCanBeIgnored/>  
</object>  

XAML 属性の使用法 (2 つのプレフィックス)XAML Attribute Usage (Two Prefixes)

<object  
  xmlns:ignorablePrefix1="ignorableUri"  
  xmlns:ignorablePrefix2="ignorableUri2"  
  xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"  
  mc:Ignorable="ignorablePrefix1 ignorablePrefix2"...>  
    <ignorablePrefix1:ThisElementCanBeIgnored/>  
</object>  

XAML 値XAML Values

ignorablePrefix、ignorablePrefix1、その他ignorablePrefix, ignorablePrefix1, etc. XML 1.0 仕様に従って、任意の有効なプレフィックス文字列。Any valid prefix string, per the XML 1.0 specification.
ignorableUriignorableUri XML 1.0 仕様に従って、名前空間を指定するための任意の有効な URI。Any valid URI for designating a namespace, per the XML 1.0 specification.
ThisElementCanBeIgnoredThisElementCanBeIgnored 基になる型を解決できExtensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML)ない場合に、プロセッサ実装によって無視される可能性がある要素。An element that can be ignored by Extensible Application Markup Language (XAML)Extensible Application Markup Language (XAML) processor implementations, if the underlying type cannot be resolved.

RemarksRemarks

名前空間プレフィックスは、互換性名前空間http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006XAMLXAMLマップするときに使用する推奨プレフィックス表記規則です。 mc XMLXMLThe mc XMLXML namespace prefix is the recommended prefix convention to use when mapping the XAMLXAML compatibility namespace http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006.

要素名のプレフィックス部分がとしてmc:Ignorable識別される要素または属性は、 XAMLXAMLプロセッサによる処理時にエラーを発生させません。Elements or attributes where the prefix portion of the element name are identified as mc:Ignorable will not raise errors when processed by a XAMLXAML processor. その属性を基になる型またはプログラミング構成体に解決できなかった場合、その要素は無視されます。If that attribute could not be resolved to an underlying type or programming construct, then that element is ignored. ただし、無視された要素では、その要素が処理されないという副作用を伴う追加の要素の要件に対して、追加の解析エラーが発生する可能性があります。Note however that ignored elements might still generate additional parsing errors for additional element requirements that are side effects of that element not being processed. たとえば、特定の要素のコンテンツモデルでは、1つの子要素だけが必要になる場合がありmc:Ignorableますが、指定された子要素がプレフィックスに含まれていてXAMLXAML 、指定された子要素が型に解決されない場合、プロセッサは次のようになります。エラーを発生させます。For instance, a particular element content model might require exactly one child element, but if the specified child element was in an mc:Ignorable prefix, and the specified child element could not be resolved to a type, then the XAMLXAML processor might raise an error.

mc:Ignorable識別子文字列への名前空間マッピングにのみ適用されます。mc:Ignorable only applies to namespace mappings to identifier strings. mc:Ignorableアセンブリへの名前空間マッピングには適用されません。アセンブリは、CLR 名前空間とアセンブリを指定します (または、現在の実行可能ファイルをアセンブリとして既定値として指定します)。mc:Ignorable does not apply to namespace mappings into assemblies, which specify a CLR namespace and an assembly (or default to the current executable as the assembly).

プロセッサをXAMLXAML実装する場合、として識別されるプレフィックスによって修飾されている要素または属性の型解決では、プロセッサ実装で解析mc:Ignorableまたは処理エラーが発生しないようにする必要があります。If you are implementing a XAMLXAML processor, your processor implementation must not raise parsing or processing errors on type resolution for any element or attribute that is qualified by a prefix that is identified as mc:Ignorable. しかし、プロセッサの実装では、前に示した1つの子要素の例のように、要素の読み込みまたは処理に失敗した場合の二次的な結果である例外が発生する可能性があります。But your processor implementation can still raise exceptions that are a secondary result of an element failing to load or be processed, such as the one-child element example given earlier.

既定では、 XAMLXAMLプロセッサは無視された要素内のコンテンツを無視します。By default, a XAMLXAML processor will ignore content within an ignored element. ただし、追加の属性であるmc: ProcessContent 属性を指定して、次に使用可能な親要素によって無視された要素内のコンテンツを継続して処理する必要があります。However, you can specify an additional attribute, mc:ProcessContent Attribute, to require continued processing of content within an ignored element by the next available parent element.

属性では、1つ以上の空白文字を区切り記号として使用することで、複数のプレフィックスmc:Ignorable="ignore1 ignore2"を指定できます。たとえば、のようになります。Multiple prefixes can be specified in the attribute, using one or more white-space characters as the separator, for example: mc:Ignorable="ignore1 ignore2".

名前http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006空間は、SDK のこの領域内には記載されていない他の要素と属性を定義します。The http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006 namespace defines other elements and attributes that are not documented within this area of the SDK. 詳細については、「 XML マークアップ互換性の仕様」を参照してください。For more information, see XML Markup Compatibility Specification.

関連項目See also