OpenType フォントの機能OpenType Font Features

このトピックでは、Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) における OpenType フォントテクノロジの主な機能の概要について説明します。This topic provides an overview of some of the key features of OpenType font technology in Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF).

OpenType フォントの書式OpenType Font Format

OpenType フォント形式は、TrueType®フォント形式を拡張したもので、PostScript フォントデータのサポートが追加されています。The OpenType font format is an extension of the TrueType® font format, adding support for PostScript font data. OpenType フォント形式は、Microsoft と Adobe Corporation によって共同で開発されました。The OpenType font format was developed jointly by Microsoft and Adobe Corporation. Opentype フォントと、OpenType フォントをサポートするオペレーティングシステムサービスにより、フォントに TrueType のアウトラインや CFF (PostScript) のアウトラインが含まれているかどうかにかかわらず、ユーザーはフォントを簡単にインストールして使用することができます。OpenType fonts and the operating system services which support OpenType fonts provide users with a simple way to install and use fonts, whether the fonts contain TrueType outlines or CFF (PostScript) outlines.

OpenType フォント形式では、次の開発者の課題に対処します。The OpenType font format addresses the following developer challenges:

  • より広範なマルチプラットフォームのサポート。Broader multi-platform support.

  • 国際文字セットのサポート強化。Better support for international character sets.

  • フォント データの保護強化。Better protection for font data.

  • ファイルのサイズを小さくして、より効率的にフォントを配布。Smaller file sizes to make font distribution more efficient.

  • 高度なテキスト編集コントロールの幅広いサポート。Broader support for advanced typographic control.

注意

Windows SDK には、Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションで使用できるサンプルの OpenType フォントのセットが含まれています。The Windows SDK contains a set of sample OpenType fonts that you can use with Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) applications. これらのフォントでは、このトピックで説明していく機能の大半が提供されています。These fonts provide most of the features illustrated in the rest of this topic. 詳細については、「OpenType フォント パックのサンプル」を参照してください。For more information, see Sample OpenType Font Pack.

Opentype フォント形式の詳細については、 opentype の仕様を参照してください。See the OpenType Specification for details of the OpenType font format.

高度なテキスト編集の拡張機能Advanced Typographic Extensions

高度なタイポグラフィテーブル (OpenType レイアウトテーブル) は、TrueType または CFF のアウトラインを使用してフォントの機能を拡張します。The Advanced Typographic tables (OpenType Layout tables) extend the functionality of fonts with either TrueType or CFF outlines. OpenType レイアウトのフォントには、高品質の国際タイポグラフィをサポートするためにフォントの機能を拡張する追加情報が含まれています。OpenType Layout fonts contain additional information that extends the capabilities of the fonts to support high-quality international typography. ほとんどの OpenType フォントは、使用可能な全 OpenType 機能のサブセットのみを公開しています。Most OpenType fonts expose only a subset of the total OpenType features available. OpenType フォントは、次の機能を提供します。OpenType fonts provide the following features.

  • 合字、位置フォーム、代替、およびその他のフォント置換をサポートする、文字とグリフの間の充実したマッピング。Rich mapping between characters and glyphs that support ligatures, positional forms, alternates, and other font substitutions.

  • 2 次元配置とグリフ結合のサポート。Support for two-dimensional positioning and glyph attachment.

  • フォントには明示的なスクリプトと言語情報が含まれるため、テキスト処理アプリケーションはそれに従って動作を調整可能。Explicit script and language information contained in font, so a text-processing application can adjust its behavior accordingly.

OpenType レイアウトテーブルの詳細については、OpenType 仕様の「フォントファイルテーブル」セクションを参照してください。The OpenType Layout tables are described in more detail in the "Font File Tables" section of the OpenType specification.

この概要の残りの部分では、Typography オブジェクトのプロパティによって公開される、視覚的に興味深い OpenType 機能の幅と柔軟性を紹介します。The remainder of this overview introduces the breadth and flexibility of some of the visually-interesting OpenType features that are exposed by the properties of the Typography object. このオブジェクトの詳細については、「タイポグラフィ クラス」を参照してください。For more information on this object, see Typography Class.

バリアントVariants

バリアントを使用して、上付き文字と下付きなどのさまざまなタイポグラフィ スタイルを表示します。Variants are used to render different typographic styles, such as superscripts and subscripts.

上付き/下付きの文字Superscripts and Subscripts

@No__t_0 プロパティを使用すると、OpenType フォントの上付き文字と下付き文字の値を設定できます。The Variants property allows you to set superscript and subscript values for an OpenType font.

次のテキストは、Palatino Linotype フォントの上付き文字を示したものです。The following text displays superscripts for the Palatino Linotype font.

OpenType の上付き文字を使用するテキストText using OpenType superscripts

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Linotype フォントの上付き文字を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define superscripts for the Palatino Linotype font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype">
  2<Run Typography.Variants="Superscript">3</Run>
  14<Run Typography.Variants="Superscript">th</Run>
</Paragraph>

次のテキストは、Linotype フォントの添字を示しています。The following text displays subscripts for the Palatino Linotype font.

OpenType の下付き文字を使用するテキストText using OpenType subscripts

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Linotype フォントの添字を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define subscripts for the Palatino Linotype font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype">
  H<Run Typography.Variants="Subscript">2</Run>O
  Footnote<Run Typography.Variants="Subscript">4</Run>
</Paragraph>

上付き文字と下付き文字の装飾的な用途Decorative Uses of Superscripts and Subscripts

上付き文字と下付き文字を使用して、大文字と小文字が混在したテキストに装飾的効果をつけることもできます。You can also use superscripts and subscripts to create decorative effects of mixed case text. 次のテキストは、Palatino Linotype フォントの上付き文字と下付き文字を示したものです。The following text displays superscript and subscript text for the Palatino Linotype font. 大文字には影響がないことに注目してください。Note that the capitals are not affected.

OpenType の上付き文字と下付き文字を使用するテキストText using OpenType superscripts and subscripts

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、フォントの上付き文字と下付き文字を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define superscripts and subscripts for a font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype" Typography.Variants="Superscript">
  Chapter One
</Paragraph>
<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype" Typography.Variants="Subscript">
  Chapter One
</Paragraph>

大文字Capitals

大文字は、大文字スタイルのグリフでテキストをレンダリングするタイポグラフィ形式のセットです。Capitals are a set of typographical forms that render text in capital-styled glyphs. 通常、テキストをすべて大文字で表示すると、文字間隔が狭すぎるように見え、文字の印象と縦横比が重すぎるように感じられます。Typically, when text is rendered as all capitals, the spacing between letters can appear too tight, and the weight and proportion of the letters too heavy. OpenType では、小型英大文字、超小型英大文字、タイトル、および大文字の間隔など、大文字のスタイル形式をいくつかサポートしています。OpenType supports a number of styling formats for capitals, including small capitals, petite capitals, titling, and capital spacing. これらのスタイル形式を使用して、英大文字の外観を変えることができます。These styling formats allow you to control the appearance of capitals.

次のテキストは、Pescadero フォントの標準の大文字と、その後に "SmallCaps" および "AllSmallCaps" のスタイルをあてた文字を示したものです。The following text displays standard capital letters for the Pescadero font, followed by the letters styled as "SmallCaps" and "AllSmallCaps". この場合、3つのすべての単語に同じフォントサイズが使用されます。In this case, the same font size is used for all three words.

OpenType 大文字を使用するテキストText using OpenType capitals

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Pescadero フォントの大文字を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define capitals for the Pescadero font, using properties of the Typography object. "SmallCaps" 形式を使用する場合は、先頭の大文字は無視されます。When the "SmallCaps" format is used, any leading capital letter is ignored.

<Paragraph FontFamily="Pescadero" FontSize="48">
  <Run>CAPITALS</Run>
  <Run Typography.Capitals="SmallCaps">Capitals</Run>
  <Run Typography.Capitals="AllSmallCaps">Capitals</Run>
</Paragraph>

タイトル用大文字Titling Capitals

タイトル用大文字は、重みと縦横比が軽く、標準の大文字よりも洗練された印象を与えるように設計されています。Titling capitals are lighter in weight and proportion and designed to give a more elegant look than normal capitals. タイトルの大文字は通常、見出しとして大きいフォントサイズで使用されます。Titling capitals are typically used in larger font sizes as headings. 次のテキストは、Pescadero フォントの標準とタイトルの大文字を示しています。The following text displays normal and titling capitals for the Pescadero font. 2行目のテキストの幅が狭いことに注目してください。Notice the narrower stem widths of the text on the second line.

OpenType のタイトル大文字を使用するテキストText using OpenType titling capitals

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Pescadero フォントのタイトル用大文字を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define titling capitals for the Pescadero font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Pescadero">
  <Run Typography.Capitals="Titling">chapter one</Run>
</Paragraph>

大文字スペーシングCapital Spacing

大文字スペーシングは、テキストをすべて大文字にする場合に間隔を広くする機能です。Capital spacing is a feature that allows you to provide more spacing when using all capitals in text. 大文字は、通常、小文字で合成するように設計されています。Capital letters are typically designed to blend with lowercase letters. 大文字が使用されている場合は、大文字と小文字の間に空白が表示されることがあります。Spacing that appears attractive between and a capital letter and a lowercase letter may look too tight when all capital letters are used. 次のテキストは、Pescadero フォントの標準と大文字の間隔を示しています。The following text displays normal and capital spacing for the Pescadero font.

OpenType の大文字スペーシングを使用するテキストText using OpenType capital spacing

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Pescadero フォントの大文字と小文字の間隔を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define capital spacing for the Pescadero font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Pescadero">
  <Run Typography.CapitalSpacing="True">CHAPTER ONE</Run>
</Paragraph>

合字Ligatures

合字とは、2 つ以上のグリフを、より読みやすい、あるいはより魅力的なテキストにするために、1 つのグリフに形成したものです。Ligatures are two or more glyphs that are formed into a single glyph in order to create more readable or attractive text. OpenType フォントでは、次の4種類の合字がサポートしています。OpenType fonts support four types of ligatures:

  • 標準合字Standard ligatures. 読みやすさを高めるように設計されています。Designed to enhance readability. 標準合字には、"fi"、"fl" および "ff" があります。Standard ligatures include "fi", "fl", and "ff".

  • コンテキスト合字Contextual ligatures. 合字を構成する文字の間の結合を向上させることによって、読みやすさを高めるよう設計されています。Designed to enhance readability by providing better joining behavior between the characters that make up the ligature.

  • 随意合字Discretionary ligatures. 装飾を加える設計で、特に読みやすくなるようには設計されていません。Designed to be ornamental, and not specifically designed for readability.

  • 歴史的合字Historical ligatures. 歴史的な記述に相応しい設計で、特に読みやすくなるようには設計されていません。Designed to be historical, and not specifically designed for readability.

次のテキストは、Pericles フォントの標準合字グリフを示したものです。The following text displays standard ligature glyphs for the Pericles font.

OpenType の標準合字を使用するテキストText using OpenType standard ligatures

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Pericles フォントの標準合字グリフを定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define standard ligature glyphs for the Pericles font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Pericles" Typography.StandardLigatures="True">
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">FI</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">FL</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">TH</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">TT</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">TV</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">TW</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">TY</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">VT</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">WT</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">YT</Run>
</Paragraph>

次のテキストは、Pericles フォントの随意合字グリフを示したものです。The following text displays discretionary ligature glyphs for the Pericles font.

OpenType の随意合字を使用するテキストText using OpenType discretionary ligatures

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Pericles フォントの随意合字のグリフを定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define discretionary ligature glyphs for the Pericles font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Pericles" Typography.DiscretionaryLigatures="True">
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">CO</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">LA</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">LE</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">LI</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">LL</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">LO</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">LU</Run>
</Paragraph>

既定では、Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) の OpenType フォントによって、標準合字が有効になります。By default, OpenType fonts in Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) enable standard ligatures. たとえば、Palatino Linotype フォントを使用する場合、標準合字 "fi"、"ff" および "fl" は組み合わせ文字グリフとして表示されます。For example, if you use the Palatino Linotype font, the standard ligatures "fi", "ff", and "fl" appear as a combined character glyph. 各標準合字の文字ペアが相互に接していることに注意してください。Notice that the pair of characters for each standard ligature touch each other.

OpenType の標準合字と、Linotype Atino を使用するテキストText using OpenType standard ligatures with Palatino Linotype

ただし、標準合字機能を無効にして、"ff" などの標準合字が、組み合わせ文字グリフとしてではなく、2 つの別々のグリフとして表示されるようにできます。However, you can disable standard ligature features so that a standard ligature such as "ff" displays as two separate glyphs, rather than as a combined character glyph.

OpenType の無効な標準合字を使用するテキストText using disabled OpenType standard ligatures

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Linotype フォントの標準合字グリフを無効にする方法を示しています。The following markup example shows how to disable standard ligature glyphs for the Palatino Linotype font, using properties of the Typography object.

<!-- Set standard ligatures to false in order to disable feature. -->
<Paragraph Typography.StandardLigatures="False" FontFamily="Palatino Linotype" FontSize="72">
  fi ff fl
</Paragraph>

飾り付きSwashes

飾り付きは装飾的なグリフで、カリグラフィを連想させる、手の込んだ装飾が使用されます。Swashes are decorative glyphs that use elaborate ornamentation often associated with calligraphy. 次のテキストは、Pescadero フォントの標準グリフと巻きひげグリフを示しています。The following text displays standard and swash glyphs for the Pescadero font.

OpenType の標準グリフとスワッシュ グリフを使用するテキストText using OpenType standard and swash glyphs

飾り付きは、季節のご挨拶などの短いフレーズで装飾的な要素としてよく使用されます。Swashes are often used as decorative elements in short phrases such as event announcements. 次のテキストでは、スワッシュを使用して、イベントの名前の大文字を強調しています。The following text uses swashes to emphasize the capital letters of the name of the event.

OpenType の飾り付きを使用するテキストText using OpenType swashes

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、フォントのスワッシュ文字を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define swashes for a font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Pescadero" TextBlock.TextAlignment="Center">
  Wishing you a<LineBreak/>
  <Run Typography.StandardSwashes="1" FontSize="36">Happy New Year!</Run>
</Paragraph>

コンテキスト飾り付きContextual Swashes

飾り付きグリフの特定の組み合わせでは、隣りあう文字の下に延びる部分が重なり合うなど、美しくない外観になる可能性があります。Certain combinations of swash glyphs can cause an unattractive appearance, such as overlapping descenders on adjacent letters. コンテキスト巻きひげを使用すると、より良い外観を生成する代替のスワッシュ字形を使用できます。Using a contextual swash allows you to use a substitute swash glyph that produces a better appearance. 次のテキストは、コンテキストの巻きひげが適用される前後の同じ単語を示しています。The following text shows the same word before and after a contextual swash is applied.

OpenType のコンテキスト飾り付きを使用するテキストText using OpenType contextual swashes

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Pescadero フォントのコンテキスト巻きひげを定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define a contextual swash for the Pescadero font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Pescadero" Typography.StandardSwashes="1">
  Lyon <Run Typography.ContextualSwashes="1">L</Run>yon
</Paragraph>

代替Alternates

代替文字は、標準的なグリフの代わりに使用できるグリフです。Alternates are glyphs that can be substituted for a standard glyph. 次の例で使用する Pericles フォントなどの OpenType フォントには、テキストのさまざまな外観を作成するために使用できる代替グリフを含めることができます。OpenType fonts, such as the Pericles font used in the following examples, can contain alternate glyphs that you can use to create different appearances for text. 次のテキストは、Pericles フォントの標準グリフを示したものです。The following text displays standard glyphs for the Pericles font.

OpenType の標準グリフを使用するテキストText using OpenType standard glyphs

Pericles OpenType フォントには、グリフの標準セットに対してスタイルの代替を提供する追加のグリフが含まれています。The Pericles OpenType font contains additional glyphs that provide stylistic alternates to the standard set of glyphs. 次のテキストでは、スタイル代替グリフが表示されています。The following text displays stylistic alternate glyphs.

OpenType のスタイル代替グリフを使用するテキストText using OpenType stylistic alternate glyphs

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Pericles フォント用のスタイルの代替グリフを定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define stylistic alternate glyphs for the Pericles font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Pericles">
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">A</Run>NCIENT
  GR<Run Typography.StylisticAlternates="1">EE</Run>K
  MYTH<Run Typography.StylisticAlternates="1">O</Run>LOGY
</Paragraph>

次のテキストは、Pericles フォントの他のスタイルの代替グリフをいくつか表示します。The following text displays several other stylistic alternate glyphs for the Pericles font.

OpenType のスタイルを使用したテキスト Pericles フォントの代替グリフText using OpenType stylistic alternate glyphs  for the Pericles font

次のマークアップの例では、これらの他のスタイル代替グリフを定義する方法を示します。The following markup example shows how to define these other stylistic alternate glyphs.

<Paragraph FontFamily="Pericles">
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">A</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="2">A</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="3">A</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">C</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">E</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">G</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">O</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">Q</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">R</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="2">R</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">S</Run>
  <Run Typography.StylisticAlternates="1">Y</Run>
</Paragraph>

ランダムなコンテキスト代替Random Contextual Alternates

ランダムなコンテキスト代替は、単一文字に複数の代替グリフを提供します。Random contextual alternates provide multiple substitute glyphs for a single character. この機能は、スクリプト型のフォントを使用して実装された場合、ランダムに選択されたグリフのセットを使用して、外観がわずかに異なる、手書きをシミュレートできます。When implemented with script-type fonts, this feature can simulate handwriting by using of a set of randomly chosen glyphs with slight differences in appearance. 次のテキストでは、Lindsey フォントにランダムなコンテキスト代替が使用されています。The following text uses random contextual alternates for the Lindsey font. 文字 "a" の外観が少し異なることに注意してください。Notice that the letter "a" varies slightly in appearance

OpenType のランダムなコンテキスト代替を使用するテキストText using OpenType random contextual alternates

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Lindsey フォントのランダムなコンテキスト代替を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define random contextual alternates for the Lindsey font, using properties of the Typography object.

<TextBlock FontFamily="Lindsey">
  <Run Typography.ContextualAlternates="True">
    a banana in a cabana
  </Run>
</TextBlock>

歴史的形式Historical Forms

歴史的形式は、過去に一般的であった表示形式です。Historical forms are typographic conventions that were common in the past. 次のテキストは、"ボストン, マサチューセッツ" という語句を示しています。これは、Linotype フォントの履歴形式のグリフを使用しています。The following text displays the phrase, "Boston, Massachusetts", using an historical form of glyphs for the Palatino Linotype font.

OpenType の歴史的形式を使用するテキストText using OpenType historical forms

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Linotype フォントの履歴形式を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define historical forms for the Palatino Linotype font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype">
  <Run Typography.HistoricalForms="True">Boston, Massachusetts</Run>
</Paragraph>

数値スタイルNumerical Styles

OpenType フォントでは、テキスト内の数値に使用できる数多くの機能をサポートします。OpenType fonts support a large number of features that can be used with numerical values in text.

小数Fractions

OpenType フォントは、スラッシュや積み上げなど、分数のスタイルをサポートしています。OpenType fonts support styles for fractions, including slashed and stacked.

次のテキストは、Palatino Linotype フォントの小数スタイルを示したものです。The following text displays fraction styles for the Palatino Linotype font.

OpenType の分数 (横) と分数 (縦) を使用するテキストText using OpenType slashed and stacked fractions

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Linotype フォントの分数のスタイルを定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define fraction styles for the Palatino Linotype font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype" Typography.Fraction="Slashed">
  1/8 1/4 3/8 1/2 5/8 3/4 7/8
</Paragraph>
<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype" Typography.Fraction="Stacked">
  1/8 1/4 3/8 1/2 5/8 3/4 7/8
</Paragraph>

旧式スタイルの数字Old Style Numerals

OpenType フォントは、古いスタイルの数字形式をサポートしています。OpenType fonts support an old style numeral format. この形式は、もはや標準ではなくなったスタイルで数字を表示するのに便利です。This format is useful for displaying numerals in styles that are no longer standard. 次のテキストは、Linotype フォントの標準形式と古いスタイルの数字形式で、18世紀の日付を示しています。The following text displays an 18th century date in standard and old style numeral formats for the Palatino Linotype font.

OpenType の旧式スタイルの数字を使用するテキストText using OpenType old style numerals

次のテキストは、Palatino Linotype フォントの標準の数字と、旧式スタイルの数字を示したものです。The following text displays standard numerals for the Palatino Linotype font, followed by old style numerals.

OpenType の旧式スタイルの数字セットを使用するテキストText using OpenType old style numeral sets

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Linotype フォントの古いスタイルの数字を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define old style numerals for the Palatino Linotype font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Palatino Linotype">
  <Run Typography.NumeralStyle="Normal">1234567890</Run>
  <Run Typography.NumeralStyle="OldStyle">1234567890</Run>
</Paragraph>

プロポーショナルと表形式の数字Proportional and Tabular Figures

OpenType フォントでは、数字を使用するときの幅の調整を制御するための、プロポーショナルおよび表形式の図の機能がサポートされています。OpenType fonts support a proportional and tabular figure feature to control the alignment of widths when using numerals. プロポーショナルの数字では、それぞれの数字は異なる幅を持つものとして扱われます。たとえば "1" は "5" より狭い幅です。Proportional figures treat each numeral as having a different width—"1" is narrower than "5". 表形式の数値は、幅が均等になるように処理されるため、財務の種類の情報が読みやすくなります。Tabular figures are treated as equal-width numerals so that they align vertically, which increases the readability of financial type information.

次のテキストは、Miramonte フォントを使用した最初の列の2つの比例する数値を示しています。The following text displays two proportional figures in the first column using the Miramonte font. 数字 "5" と "1" の間の幅の違いに注意してください。Note the difference in width between the numerals "5" and "1". 2番目の列には、同じ2つの数値が表形式の図機能を使用して調整された幅と共に表示されます。The second column shows the same two numeric values with the widths adjusted by using the tabular figure feature.

OpenType のプロポーショナルと表形式の数字を使用するテキストText using OpenType proportional & tabular figures

次のマークアップの例では、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Miramonte フォントのプロポーショナルと表形式の数値を定義する方法を示します。The following markup example shows how to define proportional and tabular figures for the Miramonte font, using properties of the Typography object.

<TextBlock FontFamily="Miramonte">
  <Run Typography.NumeralAlignment="Proportional">114,131</Run>
</TextBlock>
<TextBlock FontFamily="Miramonte">
  <Run Typography.NumeralAlignment="Tabular">114,131</Run>
</TextBlock>

スラッシュ付きゼロSlashed Zero

OpenType フォントは、文字 "O" と数字 "0" の違いを強調するために、スラッシュゼロの数字形式をサポートしています。OpenType fonts support a slashed zero numeral format to emphasize the difference between the letter "O" and the numeral "0". スラッシュ付きゼロは、財務およびビジネス情報における ID によく使用されます。The slashed zero numeral is often used for identifiers in financial and business information.

次のテキストは、Miramonte フォントを使用したサンプル注文識別子を示しています。The following text displays a sample order identifier using the Miramonte font. 最初の行では、標準の数字を使用します。The first line uses standard numerals. 2番目の行では、大文字の "O" 文字とのコントラストを上げるためにスラッシュゼロの数字を使用しています。The second line used slashed zero numerals to provide better contrast with the uppercase "O" letter.

OpenType のスラッシュ付きのゼロを使用するテキストText using OpenType slashed zero numerals

次のマークアップの例では、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Miramonte フォントのスラッシュ付きゼロの数字を定義する方法を示します。The following markup example shows how to define slashed zero numerals for the Miramonte font, using properties of the Typography object.

<Paragraph FontFamily="Miramonte">
  <Run>Order #0048-OTC-390</Run>
  <LineBreak/>
  <Run Typography.SlashedZero="True">Order #0048-OTC-390</Run>
</Paragraph>

タイポグラフィ クラスTypography Class

@No__t_0 オブジェクトは、OpenType フォントがサポートする一連の機能を公開します。The Typography object exposes the set of features that an OpenType font supports. マークアップで Typography のプロパティを設定することにより、OpenType 機能を利用するドキュメントを簡単に作成できます。By setting the properties of Typography in markup, you can easily author documents that take advantage of OpenType features.

次のテキストは、Pescadero フォントの標準の大文字と、その後に "SmallCaps" および "AllSmallCaps" のスタイルをあてた文字を示したものです。The following text displays standard capital letters for the Pescadero font, followed by the letters styled as "SmallCaps" and "AllSmallCaps". この場合、3つのすべての単語に同じフォントサイズが使用されます。In this case, the same font size is used for all three words.

OpenType 大文字を使用するテキストText using OpenType capitals

次のマークアップの例は、Typography オブジェクトのプロパティを使用して、Pescadero フォントの大文字を定義する方法を示しています。The following markup example shows how to define capitals for the Pescadero font, using properties of the Typography object. "SmallCaps" 形式を使用する場合は、先頭の大文字は無視されます。When the "SmallCaps" format is used, any leading capital letter is ignored.

<Paragraph FontFamily="Pescadero" FontSize="48">
  <Run>CAPITALS</Run>
  <Run Typography.Capitals="SmallCaps">Capitals</Run>
  <Run Typography.Capitals="AllSmallCaps">Capitals</Run>
</Paragraph>

次のコード例では、前のマークアップの例と同じタスクを実行します。The following code example accomplishes the same task as the previous markup example.

MyParagraph.FontFamily = new FontFamily("Pescadero");
MyParagraph.FontSize = 48;

Run run_1 = new Run("CAPITALS ");
MyParagraph.Inlines.Add(run_1);

Run run_2 = new Run("Capitals ");
run_2.Typography.Capitals = FontCapitals.SmallCaps;
MyParagraph.Inlines.Add(run_2);

Run run_3 = new Run("Capitals");
run_3.Typography.Capitals = FontCapitals.AllSmallCaps;
MyParagraph.Inlines.Add(run_3);

MyParagraph.Inlines.Add(new LineBreak());
MyParagraph.FontFamily = New FontFamily("Pescadero")
MyParagraph.FontSize = 48

Dim run_1 As New Run("CAPITALS ")
MyParagraph.Inlines.Add(run_1)

Dim run_2 As New Run("Capitals ")
run_2.Typography.Capitals = FontCapitals.SmallCaps
MyParagraph.Inlines.Add(run_2)

Dim run_3 As New Run("Capitals")
run_3.Typography.Capitals = FontCapitals.AllSmallCaps
MyParagraph.Inlines.Add(run_3)

MyParagraph.Inlines.Add(New LineBreak())

タイポグラフィ クラスのプロパティTypography Class Properties

次の表に、Typography オブジェクトのプロパティ、値、および既定の設定を示します。The following table lists the properties, values, and default settings of the Typography object.

propertyProperty Value(s) 既定値Default Value
AnnotationAlternates 数値 - バイトNumeric value - byte 00
Capitals AllPetiteCaps | AllSmallCaps | Normal | PetiteCaps | SmallCaps | Titling | UnicaseAllPetiteCaps | AllSmallCaps | Normal | PetiteCaps | SmallCaps | Titling | Unicase FontCapitals.Normal
CapitalSpacing Boolean false
CaseSensitiveForms Boolean false
ContextualAlternates Boolean true
ContextualLigatures Boolean true
ContextualSwashes 数値 - バイトNumeric value - byte 00
DiscretionaryLigatures Boolean false
EastAsianExpertForms Boolean false
EastAsianLanguage HojoKanji | Jis04 | Jis78 | Jis83 | Jis90 | | | 0 2 4 6 | | 8HojoKanji | Jis04 | Jis78 | Jis83 | Jis90 | NlcKanji | Normal | Simplified | Traditional | TraditionalNames FontEastAsianLanguage.Normal
EastAsianWidths Full | Half | Normal | Proportional | Quarter | 0Full | Half | Normal | Proportional | Quarter | Third FontEastAsianWidths.Normal
Fraction Normal | Slashed | StackedNormal | Slashed | Stacked FontFraction.Normal
HistoricalForms Boolean false
HistoricalLigatures Boolean false
Kerning Boolean true
MathematicalGreek Boolean false
NumeralAlignment Normal | Proportional | TabularNormal | Proportional | Tabular FontNumeralAlignment.Normal
NumeralStyle Boolean FontNumeralStyle.Normal
SlashedZero Boolean false
StandardLigatures Boolean true
StandardSwashes 数値 - バイトnumeric value – byte 00
StylisticAlternates 数値 - バイトnumeric value – byte 00
StylisticSet1 Boolean false
StylisticSet2 Boolean false
StylisticSet3 Boolean false
StylisticSet4 Boolean false
StylisticSet5 Boolean false
StylisticSet6 Boolean false
StylisticSet7 Boolean false
StylisticSet8 Boolean false
StylisticSet9 Boolean false
StylisticSet10 Boolean false
StylisticSet11 Boolean false
StylisticSet12 Boolean false
StylisticSet13 Boolean false
StylisticSet14 Boolean false
StylisticSet15 Boolean false
StylisticSet16 Boolean false
StylisticSet17 Boolean false
StylisticSet18 Boolean false
StylisticSet19 Boolean false
StylisticSet20 Boolean false
Variants Inferior | Normal | Ordinal | Ruby | Subscript | 0Inferior | Normal | Ordinal | Ruby | Subscript | Superscript FontVariants.Normal

関連項目See also