WPF アプリケーションのパフォーマンスの最適化Optimizing WPF Application Performance

このセクションは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させる方法を探している Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーション開発者を対象としています。This section is intended as a reference for Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) application developers who are looking for ways to improve the performance of their applications. Microsoft .NET Framework および WPFWPFを初めて使用する開発者は、まず、両方のプラットフォームについて理解しておく必要があります。If you are a developer who is new to the Microsoft .NET Framework and WPFWPF, you should first familiarize yourself with both platforms. このセクションでは、両方の実用的な知識を前提としており、アプリケーションを稼働させるために十分に理解しているプログラマ向けに書かれています。This section assumes working knowledge of both, and is written for programmers who already know enough to get their applications up and running.

注意

このセクションで提供されるパフォーマンスデータは、512 RAM と ATI Radeon 9700 グラフィックスカードを搭載した 2.8 GHz PC で実行されている WPFWPF アプリケーションに基づいています。The performance data provided in this section are based on WPFWPF applications running on a 2.8 GHz PC with 512 RAM and an ATI Radeon 9700 graphics card.

このセクションの内容In This Section

アプリケーション パフォーマンスの計画Planning for Application Performance

ハードウェアの活用Taking Advantage of Hardware

レイアウトとデザインLayout and Design

2D グラフィックスとイメージング2D Graphics and Imaging

オブジェクトの動作Object Behavior

アプリケーション リソースApplication Resources

[テキスト]Text

データ バインディングData Binding

コントロールControls

パフォーマンスに関するその他の推奨事項Other Performance Recommendations

アプリケーションの起動時間Application Startup Time

参照See also