データ バインドに関する「方法」トピックData Binding How-to Topics

このセクションのトピックでは、データ バインディングを使用して、要素のさまざまな共通言語ランタイム (CLR) オブジェクトと XML の形式でデータ ソースからデータにバインドする方法について説明します。The topics in this section describe how to use data binding to bind elements to data from a variety of data sources in the form of common language runtime (CLR) objects and XML.

このセクションの内容In This Section

簡単なバインディングを作成するCreate a Simple Binding
バインディング ソースを指定するSpecify the Binding Source
XAML でデータをバインディング可能にするMake Data Available for Binding in XAML
TextBox テキストでソースを更新するタイミングを制御するControl When the TextBox Text Updates the Source
バインディングの方向を指定するSpecify the Direction of the Binding
コレクションにバインドして選択に基づく情報を表示するBind to a Collection and Display Information Based on Selection
方法: 列挙値にバインドするBind to an Enumeration
2 つのコントロールのプロパティをバインドするBind the Properties of Two Controls
バインディングの検証の実装Implement Binding Validation
カスタム オブジェクトに検証ロジックを実装するImplement Validation Logic on Custom Objects
バインドされているターゲット プロパティからのバインディング オブジェクトの取得Get the Binding Object from a Bound Target Property
CompositeCollection を実装するImplement a CompositeCollection
バインドされたデータを変換するConvert Bound Data
コードでバインディングを作成するCreate a Binding in Code
データ コレクションの既定のビューを取得するGet the Default View of a Data Collection
データ CollectionView のオブジェクト間を移動するNavigate Through the Objects in a Data CollectionView
ビュー内のデータをフィルター処理するFilter Data in a View
ビュー内のデータの並べ替えSort Data in a View
XAML でビューを使用してデータの並べ替えおよびグループ化を行うSort and Group Data Using a View in XAML
階層データでマスター詳細パターンを使用するUse the Master-Detail Pattern with Hierarchical Data
階層 XML データでマスター詳細パターンを使用するUse the Master-Detail Pattern with Hierarchical XML Data
バインドされた項目の一覧に基づいて値を生成するProduce a Value Based on a List of Bound Items
プロパティの変更通知を実装するImplement Property Change Notification
ObservableCollection を作成およびバインドするCreate and Bind to an ObservableCollection
PriorityBinding を実装するImplement PriorityBinding
XMLDataProvider と XPath クエリを使用して XML データにバインドするBind to XML Data Using an XMLDataProvider and XPath Queries
XDocument、XElement、または LINQ for XML クエリの結果にバインドするBind to XDocument, XElement, or LINQ for XML Query Results
データ バインドで XML 名前空間を使用するUse XML Namespaces in Data Binding
ADO.NET データ ソースにバインドするBind to an ADO.NET Data Source
メソッドにバインドするBind to a Method
バインディングの更新の通知を設定するSet Up Notification of Binding Updates
バインディングをクリアするClear Bindings
DataTemplate によって生成された要素を検索するFind DataTemplate-Generated Elements
Web サービスにバインドするBind to a Web Service
LINQ クエリの結果にバインドするBind to the Results of a LINQ Query

参照Reference

System.Windows.Data

Binding

DataTemplate

DataTemplateSelector

データ バインディングData Binding

データ バインディングData Binding