WPF 部分信頼セキュリティWPF Partial Trust Security

一般に、インターネットアプリケーションは、重要なシステムリソースへの直接アクセスを制限して、悪意のある損害を防ぐ必要があります。In general, Internet applications should be restricted from having direct access to critical system resources, to prevent malicious damage. 既定では、HTML およびクライアント側のスクリプト言語は、重要なシステムリソースにアクセスできません。By default, HTML and client-side scripting languages are not able to access critical system resources. Windows Presentation Foundation (WPF) ブラウザーでホストされるアプリケーションは、ブラウザーから起動できるため、同様の制限のセットに準拠している必要があります。Because Windows Presentation Foundation (WPF) browser-hosted applications can be launched from the browser, they should conform to a similar set of restrictions. これらの制限を適用WPFWPFするために、はコードアクセスセキュリティ (CAS) と ClickOnce の両方に依存しています (「 WPF のセキュリティ方針-プラットフォームセキュリティ」を参照してください)。To enforce these restrictions, WPFWPF relies on both Code Access Security (CAS) and ClickOnce (see WPF Security Strategy - Platform Security). 既定では、ブラウザーでホストされるアプリケーションは、インターネット、ローカルイントラネット、またはローカルコンピューターのどちらから起動するかに関係なく、インターネットゾーンの CA のアクセス許可セットを要求します。By default, browser-hosted applications request the Internet zone CAS set of permissions, irrespective of whether they are launched from the Internet, the local intranet, or the local computer. すべてのアクセス許可のセットよりも少ないアプリケーションで実行されるアプリケーションは、部分信頼で実行されていると言います。Applications that run with anything less than the full set of permissions are said to be running with partial trust.

WPFWPFでは、部分信頼で安全に使用できるできるだけ多くの機能を、CA と共に安全に使用できるようにするために、部分信頼プログラミングの追加サポートを提供しています。provides a wide variety of support to ensure that as much functionality as possible can be used safely in partial trust, and along with CAS, provides additional support for partial trust programming.

このトピックは、次のセクションで構成されています。This topic contains the following sections:

WPF 機能の部分信頼のサポートWPF Feature Partial Trust Support

次の表は、インターネットゾーンのアクセス許可セットの制限内で安全に使用できる Windows Presentation Foundation (WPF) の高度な機能を示しています。The following table lists the high-level features of Windows Presentation Foundation (WPF) that are safe to use within the limits of the Internet zone permission set.

表 1:部分信頼で安全な WPF 機能Table 1: WPF Features that are Safe in Partial Trust

機能分野Feature Area 機能Feature
全般General ブラウザーウィンドウBrowser Window

起点サイトアクセスSite of Origin Access

& lt; (512 KB)IsolatedStorage (512KB Limit)

UIAutomation プロバイダーUIAutomation Providers

コマンド実行Commanding

入力方式エディター (IME)Input Method Editors (IMEs)

タブレットのスタイラスとインクTablet Stylus and Ink

マウスキャプチャイベントおよび移動イベントを使用した、シミュレートされたドラッグアンドドロップSimulated Drag/Drop using Mouse Capture and Move Events

OpenFileDialogOpenFileDialog

XAML 逆シリアル化 (XamlReader 経由)XAML Deserialization (via XamlReader.Load)
Web 統合Web Integration ブラウザーダウンロードダイアログBrowser Download Dialog

最上位レベルのユーザーが開始したナビゲーションTop-Level User-Initiated Navigation

mailto: リンクmailto:links

Uniform Resource Identifier パラメーターUniform Resource Identifier Parameters

HTTPWebRequestHTTPWebRequest

IFRAME でホストされている WPF コンテンツWPF Content Hosted in an IFRAME

Frame を使用した同一サイトの HTML ページのホストHosting of Same-Site HTML Pages using Frame

WebBrowser を使用した同じサイトの HTML ページのホストHosting of Same Site HTML Pages using WebBrowser

Web サービス (ASMX)Web Services (ASMX)

Web サービス (Windows Communication Foundation を使用)Web Services (using Windows Communication Foundation)

[スクリプティング]Scripting

ドキュメント オブジェクト モデルDocument Object Model
効果Visuals 2D と3D2D and 3D

アニメーションAnimation

メディア (起点サイトとクロスドメイン)Media (Site Of Origin and Cross-Domain)

イメージング/オーディオ/ビデオImaging/Audio/Video
リードReading FlowDocumentFlowDocuments

XPS ドキュメントXPS Documents

埋め込み & システムフォントEmbedded & System Fonts

CFF & TrueType フォントCFF & TrueType Fonts
編集Editing スペルチェックSpell Checking

RichTextBoxRichTextBox

プレーンテキストとインククリップボードのサポートPlaintext and Ink Clipboard Support

ユーザーが開始した貼り付けUser-Initiated Paste

選択したコンテンツのコピーCopying Selected Content
コントロールControls 一般的なコントロールGeneral Controls

この表ではWPFWPF 、これらの機能について大まかに説明します。This table covers the WPFWPF features at a high level. 詳細については、Windows SDK で、のWPFWPF各メンバーが必要とするアクセス許可について説明します。For more detailed information, the Windows SDK documents the permissions that are required by each member in WPFWPF. また、次の機能には、特別な考慮事項など、部分的な信頼の実行に関する詳細情報が含まれています。Additionally, the following features have more detailed information regarding partial trust execution, including special considerations.

次の表は、 WPFWPFインターネットゾーンのアクセス許可セットの制限内で実行するのが安全ではない機能の概要を示しています。The following table outlines the WPFWPF features that are not safe to run within the limits of the Internet zone permission set.

表 2:部分信頼では安全でない WPF 機能Table 2: WPF Features that are Not Safe in Partial Trust

機能分野Feature Area 機能Feature
全般General ウィンドウ (アプリケーション定義のウィンドウおよびダイアログボックス)Window (Application Defined Windows and Dialog Boxes)

SaveFileDialogSaveFileDialog

ファイル システムFile System

レジストリへのアクセスRegistry Access

ドラッグ アンド ドロップDrag and Drop

XAML シリアル化 (XamlWriter 経由)XAML Serialization (via XamlWriter.Save)

UIAutomation クライアントUIAutomation Clients

ソースウィンドウへのアクセス (HwndHost)Source Window Access (HwndHost)

完全な音声サポートFull Speech Support

Windows フォームの相互運用性Windows Forms Interoperability
効果Visuals ビットマップ効果Bitmap Effects

イメージのエンコードImage Encoding
編集Editing リッチテキスト形式のクリップボードRich Text Format Clipboard

XAML の完全なサポートFull XAML support

部分信頼プログラミングPartial Trust Programming

アプリケーションXBAPXBAPの場合、既定のアクセス許可セットを超えるコードは、セキュリティゾーンによって動作が異なります。For XBAPXBAP applications, code that exceeds the default permission set will have different behavior depending on the security zone. ユーザーがアプリケーションをインストールしようとすると警告が表示されることもあります。In some cases, the user will receive a warning when they attempt to install it. ユーザーは、インストールを続行するか取り消すかを選択できます。The user can choose to continue or cancel the installation. 次の表は、各セキュリティ ゾーンのアプリケーション動作と、完全な信頼を受け取るアプリケーションで行う必要のある操作を示しています。The following table describes the behavior of the application for each security zone and what you have to do for the application to receive full trust.

セキュリティ ゾーンSecurity Zone 動作Behavior 完全信頼を受け取るための操作Getting Full Trust
ローカル コンピューターLocal computer 完全な信頼を自動的に受け取るAutomatic full trust アクションは必要ありません。No action is needed.
イントラネットおよび信頼済みサイトIntranet and trusted sites 完全な信頼のプロンプトを表示するPrompt for full trust プロンプトにソースが表示されるように、証明書を使用して XBAP に署名します。Sign the XBAP with a certificate so that the user sees the source in the prompt.
インターネットInternet "信頼されていません" というメッセージが表示され、失敗するFails with "Trust Not Granted" 証明書を使用して XBAP に署名します。Sign the XBAP with a certificate.

注意

前の表で説明した動作は、ClickOnce の信頼されたデプロイモデルに従っていない完全信頼 Xbap 用です。The behavior described in the previous table is for full trust XBAPs that do not follow the ClickOnce Trusted Deployment model.

一般に、許可されたアクセス許可を超える可能性のあるコードは、スタンドアロンとブラウザーの両方でホストされるアプリケーションの間で共有される共通コードである可能性があります。In general, code that may exceed the allowed permissions is likely to be common code that is shared between both standalone and browser-hosted applications. Ca とWPFWPFは、このシナリオを管理するためのいくつかの手法を提供します。CAS and WPFWPF offer several techniques for managing this scenario.

CA を使用してアクセス許可を検出するDetecting Permissions Using CAS

場合によっては、ライブラリアセンブリ内の共有コードが、スタンドアロンアプリケーションとXBAPXBAPsの両方で使用されることがあります。In some situations, it is possible for shared code in library assemblies to be used by both standalone applications and XBAPXBAPs. このような場合、コードは、アプリケーションの付与されたアクセス許可セットよりも多くのアクセス許可を必要とする可能性がある機能を実行する可能性があります。In these cases, code may execute functionality that could require more permissions than the application's awarded permission set allows. アプリケーションでは、Microsoft .NET Framework セキュリティを使用して特定のアクセス許可があるかどうかを検出できます。Your application can detect whether or not it has a certain permission by using Microsoft .NET Framework security. 具体的には、必要なアクセス許可のインスタンスに対してDemandメソッドを呼び出すことによって、特定のアクセス許可があるかどうかをテストできます。Specifically, it can test whether it has a specific permission by calling the Demand method on the instance of the desired permission. これを次の例に示します。これには、ファイルをローカルディスクに保存できるかどうかをクエリするコードが含まれています。This is shown in the following example, which has code that queries for whether it has the ability to save a file to the local disk:

using System.IO;
using System.IO.IsolatedStorage;
using System.Security;
using System.Security.Permissions;
using System.Windows;

namespace SDKSample
{
    public class FileHandling
    {
        public void Save()
        {
            if (IsPermissionGranted(new FileIOPermission(FileIOPermissionAccess.Write, @"c:\newfile.txt")))
            {
                // Write to local disk
                using (FileStream stream = File.Create(@"c:\newfile.txt"))
                using (StreamWriter writer = new StreamWriter(stream))
                {
                    writer.WriteLine("I can write to local disk.");
                }
            }
            else
            {
                MessageBox.Show("I can't write to local disk.");
            }
        }

        // Detect whether or not this application has the requested permission
        bool IsPermissionGranted(CodeAccessPermission requestedPermission)
        {
            try
            {
                // Try and get this permission
                requestedPermission.Demand();
                return true;
            }
            catch
            {
                return false;
            }
        }


Imports System.IO
Imports System.IO.IsolatedStorage
Imports System.Security
Imports System.Security.Permissions
Imports System.Windows

Namespace SDKSample
    Public Class FileHandling
        Public Sub Save()
            If IsPermissionGranted(New FileIOPermission(FileIOPermissionAccess.Write, "c:\newfile.txt")) Then
                ' Write to local disk
                Using stream As FileStream = File.Create("c:\newfile.txt")
                Using writer As New StreamWriter(stream)
                    writer.WriteLine("I can write to local disk.")
                End Using
                End Using
            Else
                MessageBox.Show("I can't write to local disk.")
            End If
        End Sub

        ' Detect whether or not this application has the requested permission
        Private Function IsPermissionGranted(ByVal requestedPermission As CodeAccessPermission) As Boolean
            Try
                ' Try and get this permission
                requestedPermission.Demand()
                Return True
            Catch
                Return False
            End Try
        End Function

    }
}
    End Class
End Namespace

アプリケーションに必要なアクセス許可がない場合、をDemand呼び出すとセキュリティ例外がスローされます。If an application does not have the desired permission, the call to Demand will throw a security exception. それ以外の場合は、アクセス許可が付与されています。Otherwise, the permission has been granted. IsPermissionGrantedこの動作をカプセル化truefalse 、必要に応じてまたはを返します。IsPermissionGranted encapsulates this behavior and returns true or false as appropriate.

機能の正常な低下Graceful Degradation of Functionality

コードに必要な操作を実行するためのアクセス許可があるかどうかを検出するには、別のゾーンから実行できるコードを使用することが重要です。Being able to detect whether code has the permission to do what it needs to do is interesting for code that can be executed from different zones. ゾーンを検出することは、可能であれば、ユーザーに代替手段を提供する方がはるかに優れています。While detecting the zone is one thing, it is far better to provide an alternative for the user, if possible. たとえば、完全信頼アプリケーションでは、通常、ユーザーが必要な場所にファイルを作成できます。一方、部分信頼アプリケーションでは、分離ストレージ内のファイルのみを作成できます。For example, a full trust application typically enables users to create files anywhere they want, while a partial trust application can only create files in isolated storage. ファイルを作成するコードが、完全信頼 (スタンドアロン) アプリケーションと部分信頼 (ブラウザーホスト) アプリケーションの両方で共有されるアセンブリに存在し、両方のアプリケーションでユーザーにファイルの作成を許可する場合、共有コードは、適切な場所にファイルを作成する前に、部分的または完全な信頼で実行しています。If the code to create a file exists in an assembly that is shared by both full trust (standalone) applications and partial trust (browser-hosted) applications, and both applications want users to be able to create files, the shared code should detect whether it is running in partial or full trust before creating a file in the appropriate location. 次のコードは、両方を示しています。The following code demonstrates both.

using System.IO;
using System.IO.IsolatedStorage;
using System.Security;
using System.Security.Permissions;
using System.Windows;

namespace SDKSample
{
    public class FileHandlingGraceful
    {
        public void Save()
        {
            if (IsPermissionGranted(new FileIOPermission(FileIOPermissionAccess.Write, @"c:\newfile.txt")))
            {
                // Write to local disk
                using (FileStream stream = File.Create(@"c:\newfile.txt"))
                using (StreamWriter writer = new StreamWriter(stream))
                {
                    writer.WriteLine("I can write to local disk.");
                }
            }
            else
            {
                // Persist application-scope property to 
                // isolated storage
                IsolatedStorageFile storage = IsolatedStorageFile.GetUserStoreForApplication();
                using (IsolatedStorageFileStream stream = 
                    new IsolatedStorageFileStream("newfile.txt", FileMode.Create, storage))
                using (StreamWriter writer = new StreamWriter(stream))
                {
                    writer.WriteLine("I can write to Isolated Storage");
                }
            }
        }

        // Detect whether or not this application has the requested permission
        bool IsPermissionGranted(CodeAccessPermission requestedPermission)
        {
            try
            {
                // Try and get this permission
                requestedPermission.Demand();
                return true;
            }
            catch
            {
                return false;
            }
        }


Imports System.IO
Imports System.IO.IsolatedStorage
Imports System.Security
Imports System.Security.Permissions
Imports System.Windows

Namespace SDKSample
    Public Class FileHandlingGraceful
        Public Sub Save()
            If IsPermissionGranted(New FileIOPermission(FileIOPermissionAccess.Write, "c:\newfile.txt")) Then
                ' Write to local disk
                Using stream As FileStream = File.Create("c:\newfile.txt")
                Using writer As New StreamWriter(stream)
                    writer.WriteLine("I can write to local disk.")
                End Using
                End Using
            Else
                ' Persist application-scope property to 
                ' isolated storage
                Dim storage As IsolatedStorageFile = IsolatedStorageFile.GetUserStoreForApplication()
                Using stream As New IsolatedStorageFileStream("newfile.txt", FileMode.Create, storage)
                Using writer As New StreamWriter(stream)
                    writer.WriteLine("I can write to Isolated Storage")
                End Using
                End Using
            End If
        End Sub

        ' Detect whether or not this application has the requested permission
        Private Function IsPermissionGranted(ByVal requestedPermission As CodeAccessPermission) As Boolean
            Try
                ' Try and get this permission
                requestedPermission.Demand()
                Return True
            Catch
                Return False
            End Try
        End Function

    }
}
    End Class
End Namespace

多くの場合、部分信頼の代替を見つけることができます。In many cases, you should be able to find a partial trust alternative.

イントラネットなどの管理された環境では、カスタムマネージフレームワークをクライアントベース全体にグローバルアセンブリキャッシュ (GAC) にインストールできます。In a controlled environment, such as an intranet, custom managed frameworks can be installed across the client base into the global assembly cache (GAC). これらのライブラリは、完全な信頼を必要とし、を使用AllowPartiallyTrustedCallersAttributeして部分信頼のみを許可されているアプリケーションから参照できるコードを実行できます (詳細については、「セキュリティと WPF のセキュリティ戦略-プラットフォームセキュリティ」を参照してください)。These libraries can execute code that requires full trust, and be referenced from applications that are only allowed partial trust by using AllowPartiallyTrustedCallersAttribute (for more information, see Security and WPF Security Strategy - Platform Security).

ブラウザーホストの検出Browser Host Detection

アクセス許可を確認する必要がある場合は、CA を使用してアクセス許可を確認することが適切な方法です。Using CAS to check for permissions is a suitable technique when you need to check on a per-permission basis. ただし、この手法は通常の処理の一部として例外をキャッチすることに依存しますが、一般的には推奨されず、パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。Although, this technique depends on catching exceptions as a part of normal processing, which is not recommended in general and can have performance issues. 代わりに、がインターネットXAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP)ゾーンのサンドボックス内でのみ実行される場合はBrowserInteropHelper.IsBrowserHosted 、プロパティを使用できますXAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser applications (XBAPs)。このプロパティは、に対して true を返します。Instead, if your XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser application (XBAP) only runs within the Internet zone sandbox, you can use the BrowserInteropHelper.IsBrowserHosted property, which returns true for XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP)XAML browser applications (XBAPs).

注意

IsBrowserHostedアプリケーションがブラウザーで実行されているかどうかを識別するだけで、アプリケーションが実行されているアクセス許可のセットは区別されません。IsBrowserHosted only distinguishes whether an application is running in a browser, not which set of permissions an application is running with.

アクセス許可の管理Managing Permissions

既定ではXBAPXBAPs 、部分信頼 (既定のインターネットゾーンアクセス許可セット) を使用してを実行します。By default, XBAPXBAPs run with partial trust (default Internet zone permission set). ただし、アプリケーションの要件によっては、アクセス許可のセットを既定値から変更することができます。However, depending on the requirements of the application, it is possible to change the set of permissions from the default. たとえば、 XBAPXBAPsがローカルイントラネットから起動された場合、次の表に示すように、拡張されたアクセス許可セットを利用できます。For example, if an XBAPXBAPs is launched from a local intranet, it can take advantage of an increased permission set, which is shown in the following table.

表 3:LocalIntranet とインターネットのアクセス許可Table 3: LocalIntranet and Internet Permissions

アクセス許可Permission 属性Attribute イントラネットLocalIntranet インターネットInternet
DNSDNS DNS サーバーへのアクセスAccess DNS servers [はい]Yes いいえNo
環境変数Environment Variables 読み取りRead [はい]Yes いいえNo
ファイルダイアログFile Dialogs 開くOpen [はい]Yes [はい]Yes
ファイルダイアログFile Dialogs 無制限Unrestricted [はい]Yes いいえNo
分離ストレージIsolated Storage ユーザーによるアセンブリの分離Assembly isolation by user [はい]Yes いいえNo
分離ストレージIsolated Storage 不明な分離Unknown isolation [はい]Yes [はい]Yes
分離ストレージIsolated Storage 無制限のユーザークォータUnlimited user quota [はい]Yes いいえNo
メディアMedia 安全なオーディオ、ビデオ、および画像Safe audio, video, and images [はい]Yes [はい]Yes
印刷Printing 既定の印刷Default printing [はい]Yes いいえNo
印刷Printing 安全な印刷Safe printing [はい]Yes [はい]Yes
リフレクションReflection PdbEmit [はい]Yes いいえNo
セキュリティSecurity マネージコードの実行Managed code execution [はい]Yes [はい]Yes
セキュリティSecurity 付与されたアクセス許可のアサートAssert granted permissions [はい]Yes いいえNo
ユーザー インターフェイスUser Interface 無制限Unrestricted [はい]Yes いいえNo
ユーザー インターフェイスUser Interface セーフトップレベルウィンドウSafe top level windows [はい]Yes [はい]Yes
ユーザー インターフェイスUser Interface 独自のクリップボードOwn Clipboard [はい]Yes [はい]Yes
Web ブラウザーWeb Browser HTML への安全なフレームナビゲーションSafe frame navigation to HTML [はい]Yes [はい]Yes

注意

切り取りと貼り付けは、ユーザーが開始したときに部分信頼でのみ許可されます。Cut and Paste is only allowed in partial trust when user initiated.

アクセス許可を増やす必要がある場合は、プロジェクトの設定と ClickOnce アプリケーションマニフェストを変更する必要があります。If you need to increase permissions, you need to change the project settings and the ClickOnce application manifest. 詳細については、「WPF XAML ブラウザー アプリケーションの概要」をご覧ください。For more information, see WPF XAML Browser Applications Overview. 次のドキュメントも役に立つ場合があります。The following documents may also be helpful.

XBAPXBAPが完全な信頼を必要とする場合は、同じツールを使用して、要求されたアクセス許可を増やすことができます。If your XBAPXBAP requires full trust, you can use the same tools to increase the requested permissions. は、 XBAPXBAPローカルコンピューター、イントラネット、またはブラウザーの信頼済みサイトまたは許可されたサイトに記載されている URL からインストールされて起動された場合にのみ、完全信頼を受け取ります。Although an XBAPXBAP will only receive full trust if it is installed on and launched from the local computer, the intranet, or from a URL that is listed in the browser's trusted or allowed sites. アプリケーションがイントラネットまたは信頼済みサイトからインストールされている場合、ユーザーは、昇格されたアクセス許可を通知する標準の ClickOnce プロンプトを受け取ります。If the application is installed from the intranet or a trusted site, the user will receive the standard ClickOnce prompt notifying them of the elevated permissions. ユーザーは、インストールを続行するか取り消すかを選択できます。The user can choose to continue or cancel the installation.

または、すべてのセキュリティゾーンからの完全信頼配置に ClickOnce 信頼された配置モデルを使用することもできます。Alternatively, you can use the ClickOnce Trusted Deployment model for full trust deployment from any security zone. 詳細については、「信頼されたアプリケーションの展開の概要セキュリティ」を参照してください。For more information, see Trusted Application Deployment Overview and Security.

関連項目See also