x:Uid ディレクティブx:Uid Directive

マークアップ要素の一意の識別子を提供します。Provides a unique identifier for markup elements. 多くのシナリオでは、この一意の識別子は XAML のローカライズ プロセスとツールによって使用されます。In many scenarios, this unique identifier is used by XAML localization processes and tools.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object x:Uid="identifier"... />  

XAML 値XAML Values

identifier 手動で作成または自動生成された文字列を指定する必要がありますで一意であるファイルによって解釈されるは、その場合、x:Uidコンシューマー。A manually created or autogenerated string that should be unique in a file when it is interpreted by an x:Uid consumer.

RemarksRemarks

MS-XAML でx:Uidディレクティブとして定義されます。In [MS-XAML], x:Uid is defined as a directive. 詳細については、次を参照してください。 [MS XAML]セクション 5.3.6します。For more information, see [MS-XAML] Section 5.3.6.

x:Uid 不連続x:Name両方規定された XAML のローカライズ シナリオのため、ローカライズに使用される識別子のプログラミング モデルの結果に対する依存関係があるないようにx:Namex:Uid is discrete from x:Name both because of the stated XAML localization scenario and so that identifiers that are used for localization have no dependencies on the programming model implications of x:Name. また、x:Nameは規定された XAML 名前スコープ。 ただし、x:Uid一意性の強制の XAML 定義されている言語概念によって制御されていません。Also, x:Name is governed by the XAML namescope; however, x:Uid is not governed by any XAML language defined concept of uniqueness enforcement. XAML プロセッサは広い意味 (プロセッサ、ローカライズ プロセスの一部ではない) では、一意性を適用する必要はありませんx:Uid値。XAML processors in a broad sense (processors that are not part of the localization process) are not expected to enforce uniqueness of x:Uid values. その責任は元の値には、概念的には。That responsibility is conceptually on the originator of the values. 一意性のことを期待x:Uid1 つの XAML ソース内の値は、値は、専用のグローバル化のプロセスやツールなどのコンシューマーに適しています。The expectation of uniqueness of x:Uid values within a single XAML source is reasonable for consumers of the values, such as dedicated globalization processes or tools. 一意性の一般的なモデルはx:Uid値は、XAML を表す XML でエンコードされたファイル内で一意です。The typical uniqueness model is that x:Uid values are unique within an XML-encoded file that represents XAML.

適用する特定の XAML スキーマの重要な情報を持っているツールを選択できますx:Uidのみでテキストの文字列値がマークアップでが発生したすべてのケースについての代わりに、ローカライズ可能な文字列を true です。Tools that have significant knowledge of a particular XAML schema can choose to apply x:Uid only for true localizable strings, instead of for all cases where a text string value is encountered in markup.

フレームワークは、エイリアスにするには、そのオブジェクト モデルで特定のプロパティを指定できますx:Uid属性を適用することでUidPropertyAttributeを定義する型。Frameworks can specify a particular property in their object model to be an alias for x:Uid by applying the attribute UidPropertyAttribute to the defining type. フレームワークでは、特定のプロパティを指定する場合は、両方を指定する有効ないないx:Uidと同じオブジェクトの別名のメンバー。If a framework specifies a particular property, it is not valid to specify both x:Uid and the aliased member on the same object. 両方x:Uidエイリアス化されたメンバーを指定すると、通常 .NET Framework XAML サービス API をスローおよびXamlDuplicateMemberExceptionこのケース。If both x:Uid and the aliased member are specified, the .NET Framework XAML Services API typically throws XamlDuplicateMemberException for this case.

WPF の使用上の注意WPF Usage Notes

ロールの詳細についてはx:UidWPF のローカライズ プロセスおよび XAML の BAML 形式では、「 WPF のグローバリゼーションまたは UidFor more information about the role of x:Uid in the WPF localization process and in the BAML form of XAML, see Globalization for WPF or Uid

関連項目See Also

Uid
UidManager
WPF のグローバリゼーションGlobalization for WPF