XML 文字エンティティと XAMLXML Character Entities and XAML

XAML は、特殊文字に、XML で定義される文字エンティティを使用します。XAML uses character entities defined in XML for special characters. ここでは、いくつかの特定の文字エンティティ、および XAML における他の XML の概念に関する一般的な考慮事項について説明します。This topic describes some specific character entities and general considerations for other XML concepts in XAML.

XAML に固有の文字のエンティティとエスケープの問題Character Entities and Escaping Issues That Are Unique to XAML

XAML マークアップでは、一般に、XML で定義されているものと同じ文字エンティティおよびエスケープ シーケンスを使用します。XAML markup typically uses the same character entities and escape sequences that are defined in XML.

大きな違いは、XAML では中かっこ ({ と }) が意味を持つ点です。中かっこで囲まれた文字シーケンスは、マークアップ拡張機能として解釈する必要があることを XAML プロセッサに通知します。The main exception is that braces ({ and }) have significance in XAML because these characters inform a XAML processor that a character sequence enclosed by braces must be interpreted as a markup extension. マークアップ拡張機能について詳しくは、「 XAML のマークアップ拡張機能の概要」をご覧ください。For more information about markup extensions, see Markup Extensions for XAML Overview.

ただし、XML ではなく XAML に固有のエスケープ シーケンスを使用すると、中かっこをリテラル文字として表示できます。However, you can still display the braces as literal characters by using an escape sequence that is particular to XAML instead of XML. 詳細については、次を参照してください。 {}エスケープ シーケンス/マークアップ拡張します。For more information, see {} Escape Sequence - Markup Extension.

なお、円記号 (\) を文字列として処理されるときに、エスケープ シーケンスは必要ありません。Note that a backslash (\) does not require an escape sequence when it is handled as a string.

XML 文字エンティティXML Character Entities

前に述べたように、XAML マークアップを記述するときに一般的に使用する文字エンティティおよびエスケープ シーケンスの大半は、XML で定義されています。As mentioned previously, most character entities and escape sequences that are typically used to write XAML markup are defined by XML. このトピックでは、こうしたエンティティの一覧は示しません。エンティティの詳細なリファレンスについては、XML 仕様などの外部ドキュメントを参照してください。This topic does not provide the complete list of these entities; a detailed reference for the entities can be found in external documentation, such as in XML specifications. ただし、このトピックでは、便宜を考えて、XAML マークアップでよく使用する XML 文字エンティティを抜粋した一覧を示します。However, for convenience, this topic lists some of the specific XML character entities that are typically used in XAML markup.

文字Character エンティティEntity メモNotes
& (アンパサンド)& (ampersand) && 属性値および要素の内容の両方に対して使用する必要があります。Must be used both for attribute values and for content of an element.
> (大きい-より文字)> (greater-than character) &gt;&gt; 属性値に対して使用する必要がありますが、> が同じくらい要素のコンテンツとして許容される < 前しません。Must be used for an attribute value, but > is acceptable as the content of an element as long as < does not precede it.
< (以下の文字よりも)< (less-than character) &lt;&lt; 属性値に対して使用する必要がありますが、<が同じくらい要素のコンテンツとして許容される > それに従っていません。Must be used for an attribute value, but < is acceptable as the content of an element as long as > does not follow it.
" (二重引用符)" (straight quotation mark) &quot;&quot; 属性値に対しては使用する必要があります。要素の内容としては、二重引用符 (") も受け入れられます、Must be used for an attribute value, but a straight quotation mark (") is acceptable as the content of an element. 属性値は、単一引用符 (') と二重引用符 (") のどちらかで囲むことができます。最初に使用したほうの引用符が、属性値を囲む文字になり、もう一方の引用符は値の中でリテラルとして使用できます。Note that attribute values may be enclosed either by a single straight quotation mark (') or by a straight quotation mark ("); whichever character appears first defines the attribute value enclosure, and the alternative quote can then be used as a literal within the value.
' (単一引用符)' (single straight quotation mark) &apos;&apos; 属性値に対しては使用する必要があります。要素の内容としては、単一引用符 (') も受け入れられます、Must be used for an attribute value, but a single straight quotation mark (') is acceptable as the content of an element. 属性値は、単一引用符 (') と二重引用符 (") のどちらかで囲むことができます。最初に使用したほうの引用符が、属性値を囲む文字になり、もう一方の引用符は値の中でリテラルとして使用できます。Note that attribute values may be enclosed either by a single straight quotation mark (') or by a straight quotation mark ("); whichever character appears first defines the attribute value enclosure, and the alternative quote can then be used as a literal within the value.
(数値と文字の対応付け)(numeric character mappings) &#[整数]; または &#x [進数];&#[integer]; or &#x [hex]; XAML では、アクティブなエンコーディングに応じた数値と文字の対応付けがサポートされています。XAML supports numeric character mappings into the encoding that is active.
(改行しないスペース)(nonbreaking space) &#160;(utf-8 エンコードを想定)&#160; (assuming UTF-8 encoding) フロー ドキュメントの要素、または WPF の TextBox などのテキストを受け取る要素では、マークアップからの改行しないスペースの正規化は行われません。これには、xml:space="default" の場合も含まれます。For flow document elements, or elements that take text such as the WPF TextBox, nonbreaking spaces are not normalized out of the markup, even for xml:space="default". (詳細については、次を参照してください空白 XAML 処理。)。(For more information, see White-space processing in XAML.)

XML のコメントの書式XML Comment Format

XAML では、XML のコメントの書式を使用します。つまり、コメントの先頭は <!-- で表し、コメントの末尾は -->, で表します。コメントの中に -- というシーケンスを含めることはできません。XAML uses the XML comment format: the start of the comment is <!--, the end of comment is -->, and the sequence -- must not occur within the comment.

XML 処理命令XML Processing Instructions

XAML では、XML 仕様に従って XML 処理命令が処理されます。つまり、命令は必ず素通しされます。XAML handles XML processing instructions according to XML specifications, which state that the instructions must be passed through. .NET Framework XAML サービスで処理する XAML では、ある処理命令は使用しません。XAML processing in .NET Framework XAML Services does not use any processing instructions. XAML を使用する他の既存のフレームワークでも、XAML の処理命令は使用されません。Other existing frameworks that use XAML also do not use processing instructions from XAML.

関連項目See also