アサーションAssertions

assert 式は、式をテストするために使用できるデバッグ機能です。The assert expression is a debugging feature that you can use to test an expression. デバッグ モードでエラーが発生すると、アサーションによってシステム エラーのダイアログ ボックスが生成されます。Upon failure in Debug mode, an assertion generates a system error dialog box.

構文Syntax

assert condition

RemarksRemarks

assert 式に bool -> unit型があります。The assert expression has type bool -> unit.

assert 関数は、Debug.Assertに解決されます。The assert function resolves to Debug.Assert. つまり、その動作は、Debug.Assert を直接呼び出した場合と同じです。This means its behavior is identical to having called Debug.Assert directly.

アサーションチェックは、デバッグモードでコンパイルした場合にのみ有効になります。つまり、定数 DEBUG が定義されている場合はです。Assertion checking is enabled only when you compile in Debug mode; that is, if the constant DEBUG is defined. 既定では、プロジェクトシステムでは、DEBUG 定数はデバッグ構成で定義されていますが、リリース構成では定義されていません。In the project system, by default, the DEBUG constant is defined in the Debug configuration but not in the Release configuration.

例外処理を使用しF#てアサーションエラーをキャッチすることはできません。The assertion failure error cannot be caught by using F# exception handling.

Example

次のコード例は、assert 式の使用方法を示しています。The following code example illustrates the use of the assert expression.

let subtractUnsigned (x : uint32) (y : uint32) =
    assert (x > y)
    let z = x - y
    z
// This code does not generate an assertion failure.
let result1 = subtractUnsigned 2u 1u
// This code generates an assertion failure.
let result2 = subtractUnsigned 1u 2u

関連項目See also