ループ: for...in 式

このループ コンストラクトは、列挙可能なコレクション (範囲表現、シーケンス、リスト、配列、または列挙型をサポートするその他のコンストラクト) のパターンと一致するかどうかの照合を反復処理するために使用されます。

構文

for pattern in enumerable-expression do
    body-expression

解説

列挙可能なコレクションの値をループ処理するために使用されるため、for...in 式は、他の .NET 言語の for each ステートメントと比較できます。 ただし、for...in では、単にコレクション全体に対して反復処理するだけでなく、コレクションに対するパターン マッチングもサポートされています。

列挙可能な式は、列挙可能なコレクションとしても、.. 演算子を使用して整数型の範囲としても指定することができます。 列挙可能なコレクションには、リスト、シーケンス、配列、セット、マップなどが含まれます。 System.Collections.IEnumerable を実装する任意の型を使用することができます。

.. 演算子を使用して範囲を表現する場合、次の構文を使用することができます。

start .. finish

次のコードのように、skip と呼ばれるインクリメントを含むバージョンを使用することもできます。

start .. skip .. finish

整数の範囲と単純なカウンター変数をパターンとして使用する場合の一般的な動作は、各反復処理でカウンター変数を 1 ずつインクリメントすることですが、範囲に skip 値が含まれている場合は、代わりに skip 値ごとにカウンターがインクリメントされます。

パターンに一致した値は、本文の式にも使用できます。

次のコード例では、for...in 式の使用例を示しています。

// Looping over a list.
let list1 = [ 1; 5; 100; 450; 788 ]
for i in list1 do
   printfn "%d" i

出力は次のとおりです。

1
5
100
450
788

次の例では、シーケンスをループ処理する方法と、単純な変数の代わりにタプル パターンを使用する方法を示しています。

let seq1 = seq { for i in 1 .. 10 -> (i, i*i) }
for (a, asqr) in seq1 do
  printfn "%d squared is %d" a asqr

出力は次のとおりです。

1 squared is 1
2 squared is 4
3 squared is 9
4 squared is 16
5 squared is 25
6 squared is 36
7 squared is 49
8 squared is 64
9 squared is 81
10 squared is 100

次の例では、単純な整数範囲をループ処理する方法を示しています。

let function1() =
  for i in 1 .. 10 do
    printf "%d " i
  printfn ""
function1()

function1 の出力は次のとおりです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

次の例では、範囲を skip 2 でループ処理する方法を示しています。範囲の要素が 1 つおきに含まれます。

let function2() =
  for i in 1 .. 2 .. 10 do
     printf "%d " i
  printfn ""
function2()

function2 の出力は次のとおりです。

1 3 5 7 9

次の例では、文字範囲を使用する方法を示しています。

let function3() =
  for c in 'a' .. 'z' do
    printf "%c " c
  printfn ""
function3()

function3 の出力は次のとおりです。

a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z

次の例では、負の skip 値を使用して、逆の反復処理を行う方法を示します。

let function4() =
    for i in 10 .. -1 .. 1 do
        printf "%d " i
    printfn " ... Lift off!"
function4()

function4 の出力は次のとおりです。

10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 ... Lift off!

次のコードのように、範囲の先頭と末尾には、関数などの式を指定することもできます。

let beginning x y = x - 2*y
let ending x y = x + 2*y

let function5 x y =
  for i in (beginning x y) .. (ending x y) do
     printf "%d " i
  printfn ""

function5 10 4

この入力による function5 の出力は次のとおりです。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

次の例は、ループで要素が不要な場合に、ワイルドカード文字 (_) を使用する方法を示しています。

let mutable count = 0
for _ in list1 do
   count <- count + 1
printfn "Number of elements in list1: %d" count

出力は次のとおりです。

Number of elements in list1: 5

Note for...in は、シーケンス式やその他のコンピュテーション式で使用することができます。その場合は、for...in 式のカスタマイズされたバージョンを使用します。 詳細については、「シーケンス」、「非同期ワークフロー」、「コンピュテーション式」を参照してください。

関連項目