メンバー

このセクションでは、F# オブジェクト型のメンバーについて説明します。

解説

メンバー は、型定義の一部の機能であり、memberキーワードを使用して宣言されます。 レコード、クラス、判別共用体、インターフェイス、構造体などの F# オブジェクト型がメンバーをサポートします。 詳細については、「レコード」、「クラス」、「判別共用体」、「インターフェイス」、および「構造体」を参照してください。

メンバーは通常、型のパブリック インターフェイスを構成するので、特に指定しない限りパブリックになります。 プライベートまたは内部としてメンバーを宣言することもできます。 詳しくは、「アクセス制御」をご覧ください。 型のシグネチャを使用して、型の特定のメンバーを公開するか公開しないこともできます。 詳細については、「シグネチャ」を参照してください。

クラスでのみ使用されるプライベート フィールドと do バインドは、パブリック インターフェイスの一部ではなく、member キーワードを使用して宣言されないので、真のメンバーではありませんが、このセクションではそれらについても説明します。

トピック 説明
クラス内の let バインド クラス内のプライベート フィールドと関数の定義について説明します。
クラス内の do バインド オブジェクトの初期化コードの仕様について説明します。
プロパティ クラスのプロパティ メンバーとその他の型について説明します。
インデックス付きプロパティ クラスの配列に似たプロパティとその他の型について説明します。
メソッド 型のメンバーである関数について説明します。
コンストラクター 型のオブジェクトを初期化する特別な関数について説明します。
演算子のオーバーロード 型のカスタマイズした演算子の定義について説明します。
イベント F# のイベントおよびイベント処理のサポートの定義について説明します。
明示的なフィールド: val キーワード 型の初期化されていないフィールドの定義について説明します。