CA1822:メンバーを static に設定します

ルール ID CA1822
カテゴリ パフォーマンス
修正が中断ありか中断なしか 中断なし - 変更に関係なく、メンバーがアセンブリの外部で参照されない場合。

中断なし - this キーワードで、メンバーをインスタンス メンバーに変更するだけの場合。

中断あり - メンバーをインスタンス メンバーから静的メンバーに変更し、アセンブリの外部から参照できる場合。

原因

インスタンス データにアクセスしないメンバーは、静的 (Visual Basic では Shared) としてマークされていません。

規則の説明

インスタンス データにアクセスしない、またはインスタンス メソッドを呼び出さないメンバーは、静的 (Visual Basic では Shared) としてマークできます。 メソッドを静的としてマークすると、コンパイラはこれらのメンバーに対する非仮想呼び出しサイトを出力します。 非仮想呼び出しサイトを出力すると、現在のオブジェクト ポインターが null 値以外であることを確認する呼び出しごとの実行時チェックが行われなくなります。 パフォーマンス重視のコードでは、これによりパフォーマンスを大幅に向上できます。 場合によっては、現在のオブジェクト インスタンスにアクセスできないことにより、正確性の問題が発生します。

違反の修正方法

メンバーを静的 (または Visual Basic では Shared) としてマークするか、該当する場合は、メソッド本体で 'this'/'Me' を使用します。

どのようなときに警告を抑制するか

修正によって破壊的変更が生じる出荷済みのコードについては、この規則による警告を抑制できます。

分析するコードを構成する

次のオプションを使用して、コードベースのどの部分に対してこの規則を実行するか構成します。

このオプションを構成できる対象は、この規則だけ、すべての規則、このカテゴリ (パフォーマンス) のすべての規則のいずれかです。 詳細については、「コード品質規則の構成オプション」を参照してください。

特定の API サーフェイスを含める

ユーザー補助に基づいて、この規則を実行するコードベースの部分を構成できます。 たとえば、非パブリック API サーフェイスでのみ規則を実行するように指定するには、プロジェクトの .editorconfig ファイルに次のキーと値のペアを追加します。

dotnet_code_quality.CAXXXX.api_surface = private, internal