言語規則Language rules

コードスタイルの言語規則は、.NET プログラミング言語のさまざまな構造 (修飾子やかっこなど) が使用される方法に影響します。Code style language rules affect how various constructs of .NET programming languages, for example, modifiers and parentheses, are used. 規則は次のカテゴリに分類されます。The rules fall into the following categories:

  • .Net スタイルルール: C# と Visual Basic の両方に適用される規則。.NET style rules: Rules that apply to both C# and Visual Basic. これらの規則の EditorConfig オプション名は、 dotnet_style_ prefix で始まります。The EditorConfig option names for these rules start with dotnet_style_ prefix.
  • C# スタイルルール: c# 言語に固有の規則。C# style rules: Rules that are specific to C# language only. これらの規則の EditorConfig オプション名は、 csharp_style_ prefix で始まります。The EditorConfig option names for these rules start with csharp_style_ prefix.
  • Visual Basic スタイルルール: Visual bsic 言語のみに固有の規則。Visual Basic style rules: Rules that are specific to Visual Bsic language only. これらの規則の EditorConfig オプション名は、 visual_basic_style_ prefix で始まります。The EditorConfig option names for these rules start with visual_basic_style_ prefix.

オプションの形式Option format

言語ルールのオプションは、次の形式で EditorConfig ファイルで指定できます。Options for language rules can be specified in an EditorConfig file with the following format:

option_name = value:severity

  • : 各言語ルールで、スタイルを優先するかどうかを定義する値を指定します。Value: For each language rule, you specify a value that defines if or when to prefer the style. 多くのルールでは、true (このスタイルを優先する) または false (このスタイルを優先しない) の値が受け付けられます。Many rules accept a value of true (prefer this style) or false (do not prefer this style). それ以外では、when_on_single_linenever などの値が受け付けられます。Other rules accept values such as when_on_single_line or never.
  • 重要度: ルールの2番目の部分では、ルールの 重大度レベル を指定します。Severity: The second part of the rule specifies the severity level for the rule. 上記のオプション構文の一部としての重要度の指定は、Visual Studio などの開発 Ide 内でのみ尊重されます。Severity specification as part of the above option syntax is only respected inside development IDEs, such as Visual Studio. この設定は、C# または VB コンパイラで認識されないため、ビルド時には尊重されません。This setting is not understood by the C# or VB compilers, hence not respected during build. 代わりに、ビルドでコードスタイルルールを適用するには、アナライザーのルール ID ベースの重大度構成構文を使用して重大度を設定する必要があります。Instead, to enforce code style rules on build, you should set the severity by using the rule ID-based severity configuration syntax for analyzers. この構文では dotnet_diagnostic.<rule ID>.severity = <severity> 形式が使用されます。たとえば、dotnet_diagnostic.IDE0040.severity = silent のようになります。The syntax takes the form dotnet_diagnostic.<rule ID>.severity = <severity>, for example, dotnet_diagnostic.IDE0040.severity = silent. 詳細については、こちらの GitHub の問題のページを参照してください。For more information, see this GitHub issue.

ヒント

Visual Studio 2019 バージョン 16.3 以降、スタイル違反後、[クイック アクション] という電球メニューからコード スタイルの規則を構成できます。Starting in Visual Studio 2019 version 16.3, you can configure code style rules from the Quick Actions light bulb menu after a style violation occurs. 詳細については、「 Visual Studio でコードスタイルを自動的に構成する」を参照してください。For more information, see Automatically configure code styles in Visual Studio.

.NET スタイルルール.NET style rules

このセクションのスタイル ルールは、C# および Visual Basic の両方に適用されます。The style rules in this section are applicable to both C# and Visual Basic.

C# スタイル規則C# style rules

このセクションのスタイルルールは、C# 言語にのみ適用されます。The style rules in this section are applicable to C# language only.

Visual Basic スタイルルールVisual Basic style rules

このセクションのスタイルルールは Visual Basic 言語にのみ適用されます。The style rules in this section are applicable to Visual Basic language only.

関連項目See also