ML.NET コマンドライン インターフェイス (CLI) ツールをインストールする方法

Windows、Mac、または Linux で ML.NET CLI (コマンド ライン インターフェイス) ツールをインストールする方法を説明します。

ML.NET CLI では、自動機械学習 (AutoML) とトレーニング データセットを使用して、高品質 ML.NET モデルとソース コードが生成されます。

注意

このトピックは、現在プレビュー段階の ML.NET CLI と ML.NET AutoML について述べており、内容が変更される場合があります。

前提条件

生成された C# コード プロジェクトを Visual Studio で実行するには、F5 キーを押すか、dotnet run (.NET Core CLI) を使用します。

メモ:.NET Core SDK のインストール後に dotnet tool コマンドが機能しない場合は、Windows からサインアウトしてから再度サインインします。

インストール

ML.NET CLI のインストール方法は他の .NET グローバル ツールと同様です。 dotnet tool install .NET Core CLI コマンドを使用します。

次の例は、既定の NuGet フィードの場所に ML.NET CLI をインストールする方法を示しています。

dotnet tool install -g mlnet

ツールをインストールできない場合 (つまり、既定の NuGet フィードで利用できない場合) は、エラー メッセージが表示されます。 予定していたフィードがチェックされていることを確認します。

インストールが成功すると、ツールの呼び出しに使用したコマンドとインストールされたバージョンを示す、次の例のようなメッセージが表示されます。

You can invoke the tool using the following command: mlnet
Tool 'mlnet' (version 'X.X.X') was successfully installed.

インストールが成功したことを確認するには、次のコマンドを入力します。

mlnet

"classification" コマンドなど、mlnet ツールに利用できるコマンドのヘルプを参照することをお勧めします。

重要

Linux または macOS を実行している場合、Bash 以外のコンソール (macOS の新しい既定である zsh など) を使用しているなら、mlnet 実行可能アクセス許可を与え、システム パスに mlnet を含める必要があることにご留意ください。 これを行う方法に関する指示は、mlnet (または、あらゆるグローバル ツール) のインストール時、ターミナルに表示されます。

あるいは、次のコマンドで mlnet ツールを実行してみることもできます。

~/.dotnet/tools/mlnet

特定のリリース バージョンをインストールする

ツールのプレリリース バージョンまたは特定のバージョンをインストールしようとしている場合は、次の形式を使用して、フレームワークを指定できます。

dotnet tool install -g mlnet --framework <FRAMEWORK>

次のコマンドを入力して、パッケージが正しくインストールされているかどうかを確認することもできます。

dotnet tool list -g

CLI パッケージをアンインストールする

ローカル コンピューターからパッケージをアンインストールするには、次のコマンドを入力します。

dotnet tool uninstall mlnet -g

CLI パッケージを更新する

ローカル コンピューターからパッケージを更新するには、次のコマンドを入力します。

dotnet tool update -g mlnet

インストール ディレクトリ

ML.NET CLI は、既定のディレクトリまたは特定の場所にインストールできます。 既定のディレクトリは次のとおりです。

OS パス
Linux/macOS $HOME/.dotnet/tools
Windows %USERPROFILE%\.dotnet\tools

これらの場所は、そこにインストールされたグローバル ツールを直接呼び出せるように、SDK が最初に実行されるときにユーザーのパスに追加されます。

注: グローバル ツールは、マシン全体ではなく、ユーザー固有のものです。 ユーザーに固有であることは、そのマシンのすべてのユーザーが使用できるグローバル ツールをインストールできないことを意味します。 このツールは、ツールがインストールされた各ユーザー プロファイルでしか使用できません。

グローバル ツールは、特定のディレクトリにインストールすることもできます。 特定のディレクトリにインストールした場合は、ユーザーはコマンドが使用できることを確認する必要があります。それには、そのディレクトリをパスに含めるか、指定されたディレクトリでコマンドを呼び出すか、指定したディレクトリ内からツールを呼び出します。 この場合、.NET Core CLI によりこの場所が PATH 環境変数に自動的に追加されることはありません。

関連項目