アセンブリと side-by-side 実行Assemblies and side-by-side execution

side-by-side 実行は、アプリケーションやコンポーネントの複数のバージョンを同じコンピューターに格納して実行する機能です。Side-by-side execution is the ability to store and execute multiple versions of an application or component on the same computer. つまり、ランタイムの複数のバージョンと、特定のバージョンのランタイムを使用するアプリケーションおよびコンポーネントの複数のバージョンを、同一コンピューター上に共存させることができます。This means that you can have multiple versions of the runtime, and multiple versions of applications and components that use a version of the runtime, on the same computer at the same time. side-by-side 実行によって、アプリケーションをバインドするコンポーネントのバージョンや、アプリケーションが使用するランタイムのバージョンを細かく制御できます。Side-by-side execution gives you more control over what versions of a component an application binds to, and more control over what version of the runtime an application uses.

同じアセンブリの異なるバージョンの side-by-side ストレージにおける side-by-side 実行のサポートは、厳密な名前には不可欠の要素であり、ランタイムのインフラストラクチャに組み込まれています。Support for side-by-side storage and execution of different versions of the same assembly is an integral part of strong naming and is built into the infrastructure of the runtime. 厳密な名前を持つアセンブリのバージョン番号がその識別子の一部に含まれているため、ランタイムは同じアセンブリの複数のバージョンをグローバル アセンブリ キャッシュに格納し、実行時にこれらのアセンブリを読み込むことができます。Because the strong-named assembly's version number is part of its identity, the runtime can store multiple versions of the same assembly in the global assembly cache and load those assemblies at run time.

ランタイムは、side-by-side 実行できるアプリケーションの作成機能を提供しますが、side-by-side 実行は自動的にサポートされるわけではありません。Although the runtime provides you with the ability to create side-by-side applications, side-by-side execution is not automatic. side-by-side 実行できるアプリケーションの作成に関する詳細については、「side-by-side 実行用のコンポーネントを作成するためのガイドライン」を参照してください。For more information on creating applications for side-by-side execution, see Guidelines for creating components for side-by-side execution.

関連項目See also