既存のノードのコピーCopy Existing Nodes

XML ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) には、SelectSingleNodeChildNodes[int i]Attributes[int i] など、ノードの選択に使用できるメソッドとプロパティが多数用意されています。There are many methods and properties in the XML Document Object Model (DOM)you can use to select a node, such as SelectSingleNode, ChildNodes[int i], Attributes[int i]. ノードを選択すると、その特定のノード型で利用できる挿入メソッドを使用してツリーに挿入できます。Once the node is selected, you can insert it into the tree using one of the insert methods that work for that particular node type. ノードをツリーに挿入するときの唯一の制約は、ノードを挿入した後もドキュメントが整形式になっていなければならないことです。The only restriction to inserting a node into the tree is that the document must still be well-formed after the node is inserted. 既存のノードを DOM ツリーに挿入すると、そのノードは元の位置から削除され、挿入先の位置に追加されます。When an existing node is inserted into the DOM tree, it is removed from its original position and added to its target position.

関連項目See also