DOM への新しいノードの作成Create New Nodes in the DOM

XmlDocument には、すべてのノード型に対応する Create メソッドがあります。The XmlDocument has a create method for all of the node types. このメソッドに、名前が必要な場合は名前を渡し、コンテンツを持つノードではコンテンツやその他のパラメーターを指定すると、そのノードが作成されます。コンテンツを持つノードには、たとえばテキスト ノードがあります。Supply the method with a name when required, and content or other parameters for those nodes that have content (for example, a text node), and the node is created. 次のメソッドは、ノードを適切に作成するために、名前といくつかのパラメーターの指定が必要なメソッドです。The following methods are ones that need a name and a few other parameters filled to create an appropriate node.

その他のノード型では、パラメーターにデータを与えるだけでなく、他の要件を満たす必要もあります。Other node types have more requirements than just providing data to parameters.

属性の詳細については、「DOM の要素に対する新しい属性の作成」を参照してください。For information on attributes, see Creating New Attributes for Elements in the DOM. 要素名と属性名の検証については、「新しいノードの作成時における XML 要素名および属性名の検証」を参照してください。For information on element and attribute name validation, see XML Element and Attribute Name Verification when Creating New Nodes. エンティティ参照の作成については、「新しいエンティティ参照の作成」を参照してください。For creating entity references, see Creating New Entity References. エンティティ参照の展開における名前空間の影響については、「要素と属性を含む新しいノードでのエンティティ参照の展開に対する名前空間の影響」を参照してください。For information on how namespaces affect the expansion of entity references, see Namespace Affect on Entity Reference Expansion for New Nodes Containing Elements and Attributes.

新しく作成したノードをツリーに挿入するには、いくつかのメソッドを使用できます。Once new nodes are created, there are several methods available to insert them into the tree. 使用できるメソッドと、そのメソッドによって DOM のどこに新しいノードが作成されるかの説明を次の表に示します。The table lists the methods with a description of where the new node appears in the XML Document Object Model (DOM).

メソッドMethod ノードの位置Node placement
InsertBefore 参照ノードの前に挿入されます。Inserted before the reference node. たとえば、5 番目の位置に新しいノードを挿入するには、次のようにします。For example, to insert the new node in position 5:

Dim refChild As XmlNode = node.ChildNodes(4) 'The reference is zero-based.node.InsertBefore(newChild, refChild);

XmlNode refChild = node.ChildNodes[4]; //The reference is zero-based. node.InsertBefore(newChild, refChild);

詳細については、InsertBefore メソッドを参照してください。For more information, see the InsertBefore method.
InsertAfter 参照ノードの後に挿入されます。Inserted after the reference node. 次に例を示します。For example:

node.InsertAfter(newChild, refChild)

node.InsertAfter(newChild, refChild);

詳細については、InsertAfter メソッドを参照してください。For more information, see the InsertAfter method.
AppendChild 当該ノードの子ノードのリストの末尾にノードを追加します。Adds the node to the end of the list of child nodes for the given node. 追加するノードが XmlDocumentFragment の場合は、ドキュメント フラグメントの内容全体がこのノードの子リストに移動されます。If the node being added is an XmlDocumentFragment, the entire contents of the document fragment are moved into the child list of this node. 詳細については、AppendChild メソッドを参照してください。For more information, see the AppendChild method.
PrependChild 当該ノードの子ノードのリストの先頭にノードを追加します。Adds the node to the beginning of the list of child nodes of the given node. 追加するノードが XmlDocumentFragment の場合は、ドキュメント フラグメントの内容全体がこのノードの子リストに移動されます。If the node being added is an XmlDocumentFragment, the entire contents of the document fragment are moved into the child list of this node. 詳細については、PrependChild メソッドを参照してください。For more information, see the PrependChild method.
Append 要素に関連付けられている属性コレクションの末尾に XmlAttribute ノードを追加します。Appends an XmlAttribute node to the end of the attribute collection associated with an element. 詳細については、Append メソッドを参照してください。For more information, see the Append method.

関連項目See also