DOM モデルを使用した XML データの処理Process XML Data Using the DOM Model

XML ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) は、XML データをメモリ内で処理するために使用され、XML データを標準の一連のオブジェクトとして取り扱います。The XML Document Object Model (DOM) treats XML data as a standard set of objects and is used to process XML data in memory. System.Xml 名前空間は、XML ドキュメント、フラグメント、ノード、またはノードセットのプログラム表現を提供します。The System.Xml namespace provides a programmatic representation of XML documents, fragments, nodes, or node-sets. これは、W3C (World Wide Web Consortium) の DOM Level 1 Core および DOM Level 2 Core 勧告に基づいています。It is based on the World Wide Web Consortium (W3C) DOM Level 1 Core and the DOM Level 2 Core recommendations.

XmlDocument クラスは、XML ドキュメントを表します。The XmlDocument class represents an XML document. これには、他のすべての XML オブジェクトの取り出しと作成のためのメンバーが含まれます。It includes members for retrieving and creating all other XML objects. XmlDocument およびその関連クラスを使用して、XML ドキュメントの作成、データの読み込みとアクセス、データの変更、および変更の保存が可能です。Using the XmlDocument, and its related classes, you can construct XML documents, load and access data, modify data, and save changes.

このセクションの内容In This Section

XPath データ モデルを使用した XML データの処理Process XML Data Using the XPath Data Model
XPathNavigator クラスによる XML の処理について説明します。Discusses XML processing using the XPathNavigator class.