DOM を読み込むときの空白および有意の空白の処理White Space and Significant White Space Handling when Loading the DOM

ドキュメントを読み込むときには、空白を保持するオプションを設定して、ドキュメント ツリーに XmlWhitespace ノードを作成できます。When loading the document, you can set the option to preserve white space and create XmlWhitespace nodes in the document tree. 空白ノードを作成するには、PreserveWhitespace プロパティを true に設定します。To create white space nodes, set the PreserveWhitespace property to true. このプロパティが既定の false に設定されている場合、空白ノードは作成されません。If the property is set to false, which is the default, white space nodes are not created. PreserveWhitespace フラグの設定に関係なく、有意の空白ノードは常に保持され、そのデータを表す XmlSignificantWhitespace ノードが常にメモリ内に作成されます。Significant white spaces nodes are always preserved, and XmlSignificantWhitespace nodes are always created in memory to represent this data, regardless of the setting of the PreserveWhitespace flag.

ドキュメントがリーダーから読み込まれた場合は、XmlTextReaderWhitespaceHandling プロパティが WhitespaceHandling.None に設定されていない場合にのみ、XmlDocument クラスの PreserveWhitespace フラグ プロパティの設定が XmlWhitespace ノードの作成に影響を及ぼします。If the document is loaded from a reader, then setting of the PreserveWhitespace flag property on the XmlDocument class affects the creation of XmlWhitespace nodes only when the WhitespaceHandling property on the XmlTextReader is not set to WhitespaceHandling.None. リーダーの WhitespaceHandling プロパティの値の方が XmlDocument のこのフラグの設定より優先されます。It is the value of the WhitespaceHandling property on the reader that takes precedence over the setting of that flag on the XmlDocument. XmlSignificantWhitespace の詳細については、「XmlSignificantWhitespace」を参照してください。For more information on XmlSignificantWhitespace, see XmlSignificantWhitespace.

関連項目See also