XML スキーマの使用Working with XML Schemas

XML ドキュメントの構造、その要素間のリレーションシップ、データ型、および内容の制約を定義するには、ドキュメント型定義 (DTD: Document Type Definition) または XML スキーマ定義言語 (XSD) スキーマを使用します。To define the structure of an XML document, as well as its element relationships, data types, and content constraints, you use a document type definition (DTD) or XML Schema definition language (XSD) schema. XML ドキュメントは、W3C (World Wide Web Consortium) 勧告『Extensible Markup Language (XML) 1.0』で定義されている構文要件をすべて満たしている場合には整形式と見なされますが、整形式であると同時に DTD またはスキーマに定義されている制約に準拠していなければ有効とは見なされません。Although an XML document is considered to be well-formed if it meets all the syntactical requirements defined by the World Wide Web Consortium (W3C) Extensible Markup Language (XML) 1.0 Recommendation, it is not considered valid unless it is both well-formed and conforms to the constraints defined by its DTD or schema. したがって、有効な XML ドキュメントはすべて整形式ですが、整形式の XML ドキュメントがすべて有効であるとは限りません。Therefore, although all valid XML documents are well-formed, not all well-formed XML documents are valid.

XML の詳細については、W3C 勧告『XML 1.0』を参照してください。For more information about XML, see the W3C XML 1.0 Recommendation. XML スキーマの詳細については、W3C 勧告『XML Schema Part 1: Structures』および『XML Schema Part 2: Datatypes』を参照してください。For more information about XML Schema, see the W3C XML Schema Part 1: Structures Recommendation and the W3C XML Schema Part 2: Datatypes Recommendation recommendations.

このセクションの内容In This Section

XML スキーマ オブジェクト モデル (SOM)XML Schema Object Model (SOM)
System.Xml.Schema 名前空間のスキーマ オブジェクト モデル (SOM) について説明します。SOM は、ファイルからスキーマ定義言語 (XSD) スキーマを読み取ったり、プログラムを使用してメモリ内にスキーマを作成したりできる一連のクラスを提供します。Discusses the Schema Object Model (SOM) in the System.Xml.Schema namespace that provides a set of classes that allows you to read a Schema definition language (XSD) schema from a file or programmatically create a schema in-memory.

スキーマをコンパイルするための XmlSchemaSetXmlSchemaSet for Schema Compilation
XmlSchemaSet クラスについて説明します。このクラスは、XSD スキーマを格納または検証できるキャッシュです。Discusses the XmlSchemaSet class that is a cache where XSD schemas can be stored and validated.

XmlSchemaValidator のプッシュ ベースの検証XmlSchemaValidator Push-Based Validation
XmlSchemaValidator クラスについて説明します。このクラスは、プッシュ ベース方式で、XSD スキーマを基準として XML データを検証する、効率的かつ高性能なしくみを提供します。Discusses the XmlSchemaValidator class that provides an efficient, high-performance mechanism to validate XML data against XSD schemas in a push-based manner.

XML スキーマの推論Inferring an XML Schema
XmlSchemaInference クラスを使用して XML ドキュメントの構造から XSD スキーマを推論する方法を説明します。Discusses how to use the XmlSchemaInference class to infer an XSD schema from the structure of an XML document.

参照Reference

XmlSchemaSet | XmlSchemaInference | XmlReaderXmlSchemaSet | XmlSchemaInference | XmlReader

DOM における XML ドキュメントの検証Validating an XML Document in the DOM
ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) の XML を検証する方法を説明します。Discusses how to validate the XML in the Document Object Model (DOM). 検証できる XML は、DOM に読み込まれている XML か、または事前に検証されていない DOM の XML ドキュメントです。You can validate the XML as it is loaded into the DOM, or validate a previously unvalidated XML document in the DOM.

XPathNavigator を使用したスキーマ検証Schema Validation using XPathNavigator
XPathNavigator クラスを使用して操作中および編集中の XML を検証する方法を説明します。Discusses how to validate XML being navigated and edited using the XPathNavigator class.