XML ドキュメントの作成XML Document Creation

XML ドキュメントは、2 とおりの方法で作成できます。There are two ways to create an XML document. 1 つは、パラメーターを使用せずに XmlDocument を作成する方法です。One way is to create an XmlDocument with no parameters. もう 1 つは、XmlDocument の作成時に XmlNameTable をパラメーターとして渡す方法です。The other way is to create an XmlDocument and pass it an XmlNameTable as a parameter. パラメーターを使用せず、新しい空の XmlDocument を作成する方法を次の例に示します。The following example shows how to create a new, empty XmlDocument using no parameters.

Dim doc As New XmlDocument()  
XmlDocument doc = new XmlDocument();  

ドキュメントを作成すると、Load メソッドを使用することにより、文字列、ストリーム、URL、テキスト リーダー、または XmlReader から派生したクラスのデータを読み込むことができます。Once a document is created, you can load it with data from a string, stream, URL, text reader, or an XmlReader derived class using the Load method. 文字列から XML を読み込む LoadXML メソッドという読み込みメソッドもあります。There is also another load method, the LoadXML method, which reads XML from a string. 各種の Load メソッドの詳細については、「XML ドキュメントの DOM への読み込み」を参照してください。For more information on the various Load methods, see Reading an XML Document into the DOM.

XmlNameTable というクラスがあります。There is a class called the XmlNameTable. このクラスは、分解された文字列オブジェクトのテーブルです。This class is a table of atomized string objects. このテーブルを使用すると、パーサーは XML ドキュメント内で繰り返されているすべての要素名と属性名に同じ文字列オブジェクトを使用でき、効率が向上します。This table provides an efficient means for the XML parser to use the same string object for all repeated element and attribute names in an XML document. XmlNameTable は、前述のようにドキュメントの作成時に自動的に作成され、ドキュメントの読み込み時に属性名および要素名と共に読み込まれます。An XmlNameTable is automatically created when a document is created as shown above and is loaded with attribute and element names when the document is loaded. 名前テーブルのあるドキュメントが既に存在し、それらの名前が別のドキュメントで役に立つ場合は、XmlNameTable をパラメーターとしてとる Load メソッドを使用して新しいドキュメントを作成できます。If you already have a document with a name table, and those names would be useful in another document, you can create a new document using the Load method that takes an XmlNameTable as a parameter. このメソッドによるドキュメントの作成時には、別のドキュメントからの既存の XmlNameTable と、既に読み込まれているすべての属性および要素が使われます。When the document is created with this method, it uses the existing XmlNameTable with all the attributes and elements already loaded into it from the other document. XmlNameTable を使用すると、要素名と属性名を効率的に比較できます。It can be used for efficiently comparing element and attribute names. XmlNameTable の詳細については、「XmlNameTable によるオブジェクトの比較」を参照してください。For more information on the XmlNameTable, see Object Comparison Using XmlNameTable. XmlNameTableを参照してください。For reference, see XmlNameTable.

関連項目See also