大文字の使用規則Capitalization Conventions

この章のレイアウトを使用するための単純なメソッドのガイドラインは、型、メンバー、およびパラメーターを読みやすくする識別子を一貫した適用されるときに場合です。The guidelines in this chapter lay out a simple method for using case that, when applied consistently, make identifiers for types, members, and parameters easy to read.

識別子の大文字と小文字の規則Capitalization Rules for Identifiers

識別子内の単語を区別するためには、識別子内の各単語の最初の文字を大文字に変換します。To differentiate words in an identifier, capitalize the first letter of each word in the identifier. アンダー スコアは、単語を区別するために使用しないでくださいまたはさらに言えば、識別子で任意の場所。Do not use underscores to differentiate words, or for that matter, anywhere in identifiers. 識別子の使用によって、識別子を大文字に変換する 2 つの適切な方法はあります。There are two appropriate ways to capitalize identifiers, depending on the use of the identifier:

  • Pascal 表記を使用PascalCasing

  • キャメル ケースcamelCasing

Pascal 表記を使用規則は、パラメーター名を除くすべての識別子には、次の例に示すように、(2 文字の長さを頭字語を含む) の各単語の最初の文字を大文字になります。The PascalCasing convention, used for all identifiers except parameter names, capitalizes the first character of each word (including acronyms over two letters in length), as shown in the following examples:

PropertyDescriptor
HtmlTag

特殊なケースは、次の識別子で示すように 2 文字の頭字語が両方の文字が大文字で入力に行われます。A special case is made for two-letter acronyms in which both letters are capitalized, as shown in the following identifier:

IOStream

キャメル ケース規約、パラメーター名では、専用に使用では、次の例に示すように、最初の単語以外の各単語の最初の文字が大文字にします。The camelCasing convention, used only for parameter names, capitalizes the first character of each word except the first word, as shown in the following examples. 例に示すも camel 形式の識別子を開始 2 文字の頭字語は小文字の両方です。As the example also shows, two-letter acronyms that begin a camel-cased identifier are both lowercase.

propertyDescriptor
ioStream
htmlTag

✓ DO すべてパブリック メンバー、種類、および名前空間の名前を複数の単語で構成される pascal 表記を使用を使用します。✓ DO use PascalCasing for all public member, type, and namespace names consisting of multiple words.

✓ DO パラメーター名の camel 表記を使用します。✓ DO use camelCasing for parameter names.

次の表では、さまざまな種類の識別子の大文字と小文字の規則について説明します。The following table describes the capitalization rules for different types of identifiers.

識別子Identifier 大文字小文字の区別Casing Example
名前空間Namespace Pascal 形式Pascal namespace System.Security { ... }
Type Pascal 形式Pascal public class StreamReader { ... }
InterfaceInterface Pascal 形式Pascal public interface IEnumerable { ... }
メソッドMethod Pascal 形式Pascal public class Object {
public virtual string ToString();
}
プロパティProperty Pascal 形式Pascal public class String {
public int Length { get; }
}
イベントEvent Pascal 形式Pascal public class Process {
public event EventHandler Exited;
}
フィールドField Pascal 形式Pascal public class MessageQueue {
public static readonly TimeSpan
InfiniteTimeout;
}
public struct UInt32 {
public const Min = 0;
}
列挙値Enum value Pascal 形式Pascal public enum FileMode {
Append,
...
}
パラメーターParameter Camel 形式Camel public class Convert {
public static int ToInt32(string value);
}

複合語の大文字と一般的な用語Capitalizing Compound Words and Common Terms

ほとんどの複合語は、大文字と小文字の目的で 1 つの単語として扱われます。Most compound terms are treated as single words for purposes of capitalization.

X DO NOT いわゆる閉じたフォームの複合語内の各単語を大文字に変換します。X DO NOT capitalize each word in so-called closed-form compound words.

これらは、複合語のエンドポイントなど、1 つの単語として書き込まれます。These are compound words written as a single word, such as endpoint. 大文字と小文字のガイドラインについては、目的には、1 つの単語として閉じられたフォームの複合語を処理します。For the purpose of casing guidelines, treat a closed-form compound word as a single word. 現在のディクショナリを使用すると、複合語が閉じたフォームで記述されたかどうかを判断できます。Use a current dictionary to determine if a compound word is written in closed form.

Pascal 形式Pascal Camel 形式Camel NotNot
BitFlag bitFlag Bitflag
Callback callback CallBack
Canceled canceled Cancelled
DoNot doNot Don't
Email email EMail
Endpoint endpoint EndPoint
FileName fileName Filename
Gridline gridline GridLine
Hashtable hashtable HashTable
Id id ID
Indexes indexes Indices
LogOff logOff LogOut
LogOn logOn LogIn
Metadata metadata MetaData, metaData
Multipanel multipanel MultiPanel
Multiview multiview MultiView
Namespace namespace NameSpace
Ok ok OK
Pi pi PI
Placeholder placeholder PlaceHolder
SignIn signIn SignOn
SignOut signOut SignOff
UserName userName Username
WhiteSpace whiteSpace Whitespace
Writable writable Writeable

大文字と小文字の区別Case Sensitivity

CLR で実行できる言語は、いくつかの操作を行いますが、大文字小文字の区別をサポートする必要はありません。Languages that can run on the CLR are not required to support case-sensitivity, although some do. お使いの言語をサポートしている場合でも、フレームワークにアクセスする他の言語は必要ありません。Even if your language supports it, other languages that might access your framework do not. したがって、外部からアクセス可能であるすべての Api は、場合、同じコンテキストで 2 つの名前を区別するために単独で使用できません。Any APIs that are externally accessible, therefore, cannot rely on case alone to distinguish between two names in the same context.

X DO NOT すべてのプログラミング言語が大文字小文字を区別があると仮定します。X DO NOT assume that all programming languages are case sensitive. しかし、そうではありません。They are not. 大文字と小文字だけ名前が異なることはできません。Names cannot differ by case alone.

Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Pearson Education, Inc. からのアクセス許可によって了承を得て転載Framework デザイン ガイドライン。規則、手法、および再利用可能な .NET ライブラリの第 2 版のパターンKrzysztof Cwalina、Brad 内容では、Microsoft Windows の開発シリーズの一部として、Addison-wesley Professional、2008 年 10 月 22日を公開します。Reprinted by permission of Pearson Education, Inc. from Framework Design Guidelines: Conventions, Idioms, and Patterns for Reusable .NET Libraries, 2nd Edition by Krzysztof Cwalina and Brad Abrams, published Oct 22, 2008 by Addison-Wesley Professional as part of the Microsoft Windows Development Series.

関連項目See also