フレームワーク デザインのガイドラインFramework Design Guidelines

このセクションでは、ライブラリを拡張し、.NET Framework との対話を設計するためのガイドラインを示します。This section provides guidelines for designing libraries that extend and interact with the .NET Framework. 目標は、ライブラリの設計者は開発のために使用するプログラミング言語の独立した統一プログラミング モデルを提供することで API の一貫性と使いやすさを確認するためです。The goal is to help library designers ensure API consistency and ease of use by providing a unified programming model that is independent of the programming language used for development. .NET Framework を拡張するクラスやコンポーネントを開発する際に、これらのデザイン ガイドラインに従うことをお勧めします。We recommend that you follow these design guidelines when developing classes and components that extend the .NET Framework. 一貫性のないライブラリ デザインが悪影響を及ぼす開発者の生産性に影響し、導入を抑制します。Inconsistent library design adversely affects developer productivity and discourages adoption.

ガイドラインは言葉を使った簡単な推奨事項として編成されてDoConsiderAvoid、およびDo notします。The guidelines are organized as simple recommendations prefixed with the terms Do, Consider, Avoid, and Do not. 次のガイドラインの目的は、クラス ライブラリのデザイナーのさまざまなソリューション間のトレードオフを理解します。These guidelines are intended to help class library designers understand the trade-offs between different solutions. 優れたライブラリ デザインのこれらのデザイン ガイドラインに違反することが必要な場所の状況である可能性があります。There might be situations where good library design requires that you violate these design guidelines. このような場合はまれで、する必要があります、意思決定の理由を明確かつ説得力のあることが重要です。Such cases should be rare, and it is important that you have a clear and compelling reason for your decision.

次のガイドライン、ブックからの抜粋はFramework デザイン ガイドライン。規則、手法、および再利用可能な .NET ライブラリでは、2 nd Edition のパターンKrzysztof Cwalina、Brad 内容。These guidelines are excerpted from the book Framework Design Guidelines: Conventions, Idioms, and Patterns for Reusable .NET Libraries, 2nd Edition, by Krzysztof Cwalina and Brad Abrams.

このセクションの内容In This Section

名前付けのガイドラインNaming Guidelines
アセンブリ、名前空間、型、およびクラス ライブラリ内のメンバーの名前付けのガイドラインを提供します。Provides guidelines for naming assemblies, namespaces, types, and members in class libraries.

型デザインのガイドラインType Design Guidelines
静的な抽象クラス、インターフェイス、列挙型、構造、およびその他の種類を使用するためのガイドラインを提供します。Provides guidelines for using static and abstract classes, interfaces, enumerations, structures, and other types.

メンバーのデザインのガイドラインMember Design Guidelines
設計とプロパティ、メソッド、コンス トラクター、フィールド、イベント、演算子、およびパラメーターの使用に関するガイドラインを提供します。Provides guidelines for designing and using properties, methods, constructors, fields, events, operators, and parameters.

機能拡張のデザインDesigning for Extensibility
イベントや仮想メンバーは、コールバック関数を使用して、サブクラス化などの拡張メカニズムについて説明し、フレームワークの要件に最適なメカニズムを選択する方法について説明します。Discusses extensibility mechanisms such as subclassing, using events, virtual members, and callbacks, and explains how to choose the mechanisms that best meet your framework's requirements.

例外のデザインのガイドラインDesign Guidelines for Exceptions
デザイン、スロー、および例外をキャッチのデザイン ガイドラインについて説明します。Describes design guidelines for designing, throwing, and catching exceptions.

使用方法のガイドラインUsage Guidelines
配列、属性、およびコレクションなどの一般的な型を使用して、シリアル化のサポート、等値演算子のオーバー ロードするためのガイドラインについて説明します。Describes guidelines for using common types such as arrays, attributes, and collections, supporting serialization, and overloading equality operators.

共通デザイン パターンCommon Design Patterns
選択して、依存関係プロパティを実装するためのガイドラインを提供します。Provides guidelines for choosing and implementing dependency properties.

Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Pearson Education, Inc. からのアクセス許可によって了承を得て転載Framework デザイン ガイドライン。規則、手法、および再利用可能な .NET ライブラリの第 2 版のパターンKrzysztof Cwalina、Brad 内容では、Microsoft Windows の開発シリーズの一部として、Addison-wesley Professional、2008 年 10 月 22日を公開します。Reprinted by permission of Pearson Education, Inc. from Framework Design Guidelines: Conventions, Idioms, and Patterns for Reusable .NET Libraries, 2nd Edition by Krzysztof Cwalina and Brad Abrams, published Oct 22, 2008 by Addison-Wesley Professional as part of the Microsoft Windows Development Series.

関連項目See also