名前付けのガイドラインNaming Guidelines

フレームワーク開発で一貫した名前付け規則に従うことは、フレームワークの使いやすさへの主要な貢献となりえます。Following a consistent set of naming conventions in the development of a framework can be a major contribution to the framework’s usability. これにより、広範囲に分散されたプロジェクトで多くの開発者が使用するフレームワークができます。It allows the framework to be used by many developers on widely separated projects. 形式の一貫性以上に、フレームワーク要素の名前は簡単に理解でき、各要素の機能を伝えるものでなければなりません。Beyond consistency of form, names of framework elements must be easily understood and must convey the function of each element.

この章の目的は、開発者に即時に意味のある名前になる、一貫性のある名前付け規則のセットを提供することです。The goal of this chapter is to provide a consistent set of naming conventions that results in names that make immediate sense to developers.

これらの名前付け規約を一般的なコード開発ガイドラインとして採用すれば、より一貫した名前付けをコード全体で実現できますが、必須とされるのはパブリックに公開された API (public または protected な型やメンバー、および明示的に実装されたインターフェイス) への適用のみです。Although adopting these naming conventions as general code development guidelines would result in more consistent naming throughout your code, you are required only to apply them to APIs that are publicly exposed (public or protected types and members, and explicitly implemented interfaces).

このセクションの内容In This Section

大文字の使用規則Capitalization Conventions
一般的な名前付け規則General Naming Conventions
アセンブリと DLL の名前Names of Assemblies and DLLs
名前空間の名前Names of Namespaces
クラス、構造体、およびインターフェイスの名前Names of Classes, Structs, and Interfaces
型のメンバーの名前Names of Type Members
パラメーターに名前を付けるNaming Parameters
リソースに名前を付けるNaming Resources
Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Pearson Education, Inc. からのアクセス許可によって了承を得て転載Framework デザイン ガイドライン。規則、手法、および再利用可能な .NET ライブラリの第 2 版のパターンKrzysztof Cwalina、Brad 内容では、Microsoft Windows の開発シリーズの一部として、Addison-wesley Professional、2008 年 10 月 22日を公開します。Reprinted by permission of Pearson Education, Inc. from Framework Design Guidelines: Conventions, Idioms, and Patterns for Reusable .NET Libraries, 2nd Edition by Krzysztof Cwalina and Brad Abrams, published Oct 22, 2008 by Addison-Wesley Professional as part of the Microsoft Windows Development Series.

関連項目See also