リソースに名前を付けるNaming Resources

場合のプロパティと同様、特定のオブジェクトを使用してローカライズ可能なリソースを参照できる、ので、リソースの名前付けのガイドラインは、プロパティのガイドラインに似ています。Because localizable resources can be referenced via certain objects as if they were properties, the naming guidelines for resources are similar to property guidelines.

✓ DO リソース キーで pascal 表記を使用を使用します。✓ DO use PascalCasing in resource keys.

✓ DO 短い識別子ではなくわかりやすいを提供します。✓ DO provide descriptive rather than short identifiers.

X DO NOT メインの CLR 言語の言語固有のキーワードを使用します。X DO NOT use language-specific keywords of the main CLR languages.

✓ DO のみ英数字とアンダー スコアを使用してリソースの名前付けで使用します。✓ DO use only alphanumeric characters and underscores in naming resources.

✓ DO 例外メッセージのリソースに対して次の命名規則を使用します。✓ DO use the following naming convention for exception message resources.

リソース識別子は、例外の種類名と例外の短い識別子にする必要があります。The resource identifier should be the exception type name plus a short identifier of the exception:

ArgumentExceptionIllegalCharacters
ArgumentExceptionInvalidName
ArgumentExceptionFileNameIsMalformed

Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Pearson Education, Inc. からのアクセス許可によって了承を得て転載Framework デザイン ガイドライン。規則、手法、および再利用可能な .NET ライブラリの第 2 版のパターンKrzysztof Cwalina、Brad 内容では、Microsoft Windows の開発シリーズの一部として、Addison-wesley Professional、2008 年 10 月 22日を公開します。Reprinted by permission of Pearson Education, Inc. from Framework Design Guidelines: Conventions, Idioms, and Patterns for Reusable .NET Libraries, 2nd Edition by Krzysztof Cwalina and Brad Abrams, published Oct 22, 2008 by Addison-Wesley Professional as part of the Microsoft Windows Development Series.

関連項目See also