プロテクト メンバーProtected Members

単独で保護されたメンバーでは任意の拡張機能は提供しませんより強力なサブクラス化による拡張性を作成することができます。Protected members by themselves do not provide any extensibility, but they can make extensibility through subclassing more powerful. これらは、メインのパブリック インターフェイスを不必要に複雑にせず、高度なカスタマイズ オプションを公開する使用できます。They can be used to expose advanced customization options without unnecessarily complicating the main public interface.

フレームワークの設計者は、「保護」の名前は、セキュリティの誤った認識を与えることができますので、保護されたメンバーには注意する必要があります。Framework designers need to be careful with protected members because the name "protected" can give a false sense of security. すべてのユーザーは、封印されていないクラスのサブクラスとメンバーへのアクセスが保護されていることと、防御的なコーディング手法がパブリック メンバーの使用が保護されたメンバーに適用するため、同じ。Anyone is able to subclass an unsealed class and access protected members, and so all the same defensive coding practices used for public members apply to protected members.

✓ CONSIDER 高度なカスタマイズのメンバーを使用して保護されています。✓ CONSIDER using protected members for advanced customization.

✓ DO セキュリティ、ドキュメント、および互換性分析するためにパブリックと封印されていないクラスにプロテクト メンバーを処理します。✓ DO treat protected members in unsealed classes as public for the purpose of security, documentation, and compatibility analysis.

クラスから継承するすべてのユーザーし、プロテクト メンバーにアクセスできます。Anyone can inherit from a class and access the protected members.

Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation.All rights reserved.Portions © 2005, 2009 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Pearson Education, Inc. からのアクセス許可によって了承を得て転載Framework デザイン ガイドライン。規則、手法、および再利用可能な .NET ライブラリの第 2 版のパターンKrzysztof Cwalina、Brad 内容では、Microsoft Windows の開発シリーズの一部として、Addison-wesley Professional、2008 年 10 月 22日を公開します。Reprinted by permission of Pearson Education, Inc. from Framework Design Guidelines: Conventions, Idioms, and Patterns for Reusable .NET Libraries, 2nd Edition by Krzysztof Cwalina and Brad Abrams, published Oct 22, 2008 by Addison-Wesley Professional as part of the Microsoft Windows Development Series.

関連項目See also