共有 Web ホストの最適化Optimization for Shared Web Hosting

複数の小規模な Web サイトをホストして共有されているサーバーの管理者は、.NET ディレクトリの Aspnet.config ファイルの runtime ノードに次の gcTrimCommitOnLowMemory 設定を追加することで、パフォーマンスを最適化し、サイトの容量を増やすことができます。If you are the administrator for a server that is shared by hosting several small Web sites, you can optimize performance and increase site capacity by adding the following gcTrimCommitOnLowMemory setting to the runtime node in the Aspnet.config file in the .NET directory:

<gcTrimCommitOnLowMemory enabled="true|false"/>

注意

この設定は、共有 Web ホスティング シナリオの場合にのみお勧めします。This setting is recommended only for shared Web hosting scenarios.

ガベージ コレクターは将来の割り当てのためにメモリを保持するので、コミットされる領域は厳密に必要な領域を超える可能性があります。Because the garbage collector retains memory for future allocations, its committed space can be more than what is strictly needed. この領域を減らすと、システム メモリにかかる負荷が高くなる時間に対応できます。You can reduce this space to accommodate times when there is a heavy load on system memory. このコミットされる領域を減らすと、パフォーマンスが向上し、より多くのサイトをホストできるようになります。Reducing this committed space improves performance and expands the capacity to host more sites.

gcTrimCommitOnLowMemory 設定が有効な場合、ガベージ コレクターはシステムのメモリ負荷を評価し、負荷が 90% に達するとトリミング モードに切り替わります。When the gcTrimCommitOnLowMemory setting is enabled, the garbage collector evaluates the system memory load and enters a trimming mode when the load reaches 90%. 負荷が 85% 未満になるまでトリミング モードは維持されます。It maintains the trimming mode until the load drops under 85%.

条件を満たしている場合、gcTrimCommitOnLowMemory 設定で現在のアプリケーションを助けずに無視することをガベージ コレクターで決定することができます。When conditions permit, the garbage collector can decide that the gcTrimCommitOnLowMemory setting will not help the current application and ignore it.

Example

次の XML フラグメントは、gcTrimCommitOnLowMemory 設定を有効にする方法を示しています。The following XML fragment shows how to enable the gcTrimCommitOnLowMemory setting. 省略記号は、runtime ノード内のその他の設定を示します。Ellipses indicate other settings that would be in the runtime node.

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>  
<configuration>  
    <runtime>  
    . . .  
    <gcTrimCommitOnLowMemory enabled="true"/>  
    </runtime>  
    . . .  
</configuration>  

関連項目See also