分離ストレージIsolated Storage

デスクトップ アプリでは、分離ストレージは、コードと保存データを関連付ける標準化された方法を定義することにより、分離性と安全性を提供するデータ ストレージ機構です。For desktop apps, isolated storage is a data storage mechanism that provides isolation and safety by defining standardized ways of associating code with saved data. 標準化には、ほかにも利点があります。Standardization provides other benefits as well. 管理者は分離ストレージの操作用にデザインされたツールを使用して、ファイルのストレージ領域の構成、セキュリティ ポリシーの設定、および不要なデータの削除を行うことができます。Administrators can use tools designed to manipulate isolated storage to configure file storage space, set security policies, and delete unused data. 分離ストレージを使用すると、ファイル システムの安全な場所を指定するための固有のパスを指定する必要がなくなり、分離ストレージのアクセス権限を持たない他のアプリケーションからデータを保護できます。With isolated storage, your code no longer needs unique paths to specify safe locations in the file system, and data is protected from other applications that only have isolated storage access. アプリケーションのストレージ領域の場所を示すハードコーディングされた情報は不要になります。Hard-coded information that indicates where an application's storage area is located is unnecessary.

重要

分離ストレージは Windows 8.x ストアWindows 8.x Store アプリでは使用できません。Isolated storage is not available for Windows 8.x ストアWindows 8.x Store apps. 代わりに、Windows ランタイム API に含まれる Windows.Storage 名前空間内のアプリケーション データ クラスを使用して、ローカル データとローカル ファイルを格納します。Instead, use the application data classes in the Windows.Storage namespaces included in the Windows Runtime API to store local data and files. 詳細については、Windows デベロッパー センターの アプリケーション データ に関する説明を参照してください。For more information, see Application data in the Windows Dev Center.

このトピックは、次のセクションで構成されています。This topic contains the following sections:

データ コンパートメントとデータ ストアData Compartments and Stores

アプリケーションでファイルにデータを格納する場合は、ファイル名とストレージの場所を慎重に選択して、ストレージの場所が他のアプリケーションに知られたり、無防備に破壊されたりする可能性を最小限に抑える必要があります。When an application stores data in a file, the file name and storage location must be carefully chosen to minimize the possibility that the storage location will be known to another application and, therefore, will be vulnerable to corruption. このような問題を管理するための標準的なシステムが適切な場所に用意されていないと、ストレージの問題点を最小限に抑える特別な技術の開発が複雑になり、信頼できる結果が得られません。Without a standard system in place to manage these problems, developing ad hoc techniques that minimize storage conflicts can be complex, and the results can be unreliable.

分離ストレージを使用すると、データは常にユーザーおよびアセンブリ別に分離されます。With isolated storage, data is always isolated by user and by assembly. アセンブリの発生元または厳密な名前などの資格情報によって、アセンブリの ID が決定されます。Credentials such as the origin or the strong name of the assembly determine assembly identity. また、同様の資格情報を使用して、データをアプリケーション ドメイン別に分離することもできます。Data can also be isolated by application domain, using similar credentials.

分離ストレージを使用している場合、アプリケーションはコードの ID のいくつかの側面 (発行元や署名など) に関連付けられた固有のデータ コンパートメントにデータを保存します。When you use isolated storage, your application saves data to a unique data compartment that is associated with some aspect of the code's identity, such as its publisher or signature. データ コンパートメントは抽象概念であり、特定の記憶場所ではありません。データ コンパートメントは、データが格納される実際のディレクトリ位置が含まれている、ストアと呼ばれる 1 つ以上の分離ストレージ ファイルで構成されています。The data compartment is an abstraction, not a specific storage location; it consists of one or more isolated storage files, called stores, which contain the actual directory locations where data is stored. たとえば、アプリケーションがそのアプリケーションに関連付けられたデータ コンパートメントを持ち、ファイル システムのディレクトリがそのアプリケーションのデータを実際に保存するストアを実装します。For example, an application might have a data compartment associated with it, and a directory in the file system would implement the store that actually preserves the data for that application. ストアには、ユーザー設定情報からアプリケーション状態まで、どのような種類のデータでも保存できます。The data saved in the store can be any kind of data, from user preference information to application state. 開発者にとって、データ コンパートメントの場所は明確ではありません。For the developer, the location of the data compartment is transparent. 通常、ストアはクライアントに常駐しますが、サーバー アプリケーションがユーザーを偽装することによって機能し、分離ストアを使用して情報を格納することもあります。Stores usually reside on the client, but a server application could use isolated stores to store information by impersonating the user on whose behalf it is functioning. また、サーバー上の分離ストレージには、情報と共にユーザーのローミング プロファイルを格納できます。これにより、情報はローミング ユーザーと共に移動します。Isolated storage can also store information on a server with a user's roaming profile so that the information will travel with the roaming user.

分離ストレージのクォータQuotas for Isolated Storage

クォータは、使用できる分離ストレージの量に対する制限です。A quota is a limit on the amount of isolated storage that can be used. クォータには、ファイル領域のバイト数だけでなく、ストア内のディレクトリやその他の情報に関連するオーバーヘッドも含まれます。The quota includes bytes of file space as well as the overhead associated with the directory and other information in the store. 分離ストレージは許容クォータを使用します。許容クォータは、 IsolatedStoragePermission オブジェクトを使用して設定されるストレージ制限です。Isolated storage uses permission quotas, which are storage limits that are set by using IsolatedStoragePermission objects. クォータを超えるデータを書き込もうとすると、 IsolatedStorageException 例外がスローされます。If you try to write data that exceeds the quota, an IsolatedStorageException exception is thrown. セキュリティ ポリシーによって、コードに与えるアクセス許可が決定されます。セキュリティ ポリシーは、.NET Framework 構成ツール (Mscorcfg.msc) を使用して修正できます。Security policy, which can be modified using the .NET Framework Configuration Tool (Mscorcfg.msc), determines which permissions are granted to code. IsolatedStoragePermission を与えられたコードは、 UserQuota プロパティで許容されたストレージの範囲内だけに限定されます。Code that has been granted IsolatedStoragePermission is restricted to using no more storage than the UserQuota property allows. しかし、別のユーザー ID を提示することにより許容クォータを無視できるため、許容クォータはコードの動作に対する厳格な制限ではなく、動作方法についての指針として使用されます。However, because code can bypass permission quotas by presenting different user identities, permission quotas serve as guidelines for how code should behave rather than as a firm limit on code behavior.

ローミング ストアに対しては、クォータは適用されません。Quotas are not enforced on roaming stores. そのため、ローミング ストアを使用するコードに対しては、少し高いレベルのアクセス許可が必要になります。Because of this, a slightly higher level of permission is required for code to use them. 列挙値 AssemblyIsolationByRoamingUser および DomainIsolationByRoamingUser により、ローミング ユーザーの分離ストレージを使用するためのアクセス許可を指定します。The enumeration values AssemblyIsolationByRoamingUser and DomainIsolationByRoamingUser specify a permission to use isolated storage for a roaming user.

安全なアクセスSecure Access

分離ストレージを使用すると、完全な権限を与えられていないアプリケーションでも、コンピューターのセキュリティ ポリシーによって制御される方法でデータを格納できます。Using isolated storage enables partially trusted applications to store data in a manner that is controlled by the computer's security policy. 分離ストレージは、慎重に実行する必要のあるダウンロードされるコンポーネントに対しては、特に有益です。This is especially useful for downloaded components that a user might want to run cautiously. 標準の I/O 機構を使用してファイル システムにアクセスする場合に、この種のコード アクセス許可がセキュリティ ポリシーによって与えられるのは非常にまれです。Security policy rarely grants this kind of code permission when you access the file system by using standard I/O mechanisms. ただし、既定では、ローカル コンピューター、ローカル ネットワーク、またはインターネットから実行するコードには、分離ストレージを使用する権限が与えられています。However, by default, code running from the local computer, a local network, or the Internet is granted the right to use isolated storage.

管理者は、適切な信頼レベルに基づいて、アプリケーションやユーザーが利用できる分離ストレージの容量を制限できます。Administrators can limit how much isolated storage an application or a user has available, based on an appropriate trust level. また、管理者は、ユーザーの永続的なデータを完全に削除できます。In addition, administrators can remove a user's persisted data completely. 分離ストレージを作成したり、分離ストレージにアクセスしたりするには、適切な IsolatedStorageFilePermission アクセス許可を持っている必要があります。To create or access isolated storage, code must be granted the appropriate IsolatedStorageFilePermission permission.

分離ストレージにアクセスするには、必要なすべてのネイティブ プラットフォーム オペレーティング システム権限が必要です。To access isolated storage, code must have all necessary native platform operating system rights. どのユーザーにファイル システムを使用する権限を与えるかを制御するアクセス制御リスト (ACL: Access Control List) の要件を満たしている必要があります。The access control lists (ACLs) that control which users have the rights to use the file system must be satisfied. .NET Framework のアプリケーションには、分離ストレージにアクセスするためのオペレーティング システム権限が既にあります。ただし、アプリケーションがプラットフォーム固有の偽装を行っていない場合だけです。.NET Framework applications already have operating system rights to access isolated storage unless they perform (platform-specific) impersonation. 偽装している場合は、アプリケーションが偽装しているユーザー ID に対して分離ストレージにアクセスするための適切なオペレーティング システム権限が与えられていることをアプリケーションで確認する責任があります。In this case, the application is responsible for ensuring that the impersonated user identity has the proper operating system rights to access isolated storage. 偽装によるアクセスは、Web から実行またはダウンロードされたコードで、特定のユーザーに関連付けられたストレージ領域を読み取ったり書き込んだりする場合には都合のよい方法です。This access provides a convenient way for code that is run or downloaded from the web to read and write to a storage area related to a particular user.

共通言語ランタイムは、 IsolatedStorageFilePermission オブジェクトを使用して分類ストレージへのアクセスを制御します。To control access to isolated storage, the common language runtime uses IsolatedStorageFilePermission objects. 各オブジェクトには、次の値を指定するプロパティがあります。Each object has properties that specify the following values:

  • 許可するアクセス権限。許可するアクセスの種類を指定します。Allowed usage, which indicates the type of access that is allowed. 値は IsolatedStorageContainment 列挙体のメンバーです。The values are members of the IsolatedStorageContainment enumeration. これらの値の詳細については、次のセクションの表を参照してください。For more information about these values, see the table in the next section.

  • ストレージ クォータ。前述のセクションを参照してください。Storage quota, as discussed in the preceding section.

コードが最初にストアを開く場合、ランタイムが IsolatedStorageFilePermission アクセス許可を要求します。The runtime demands IsolatedStorageFilePermission permission when code first attempts to open a store. コードに与えられている権限の程度に応じて、このアクセス許可を与えるかどうかが決定されます。It decides whether to grant this permission, based on how much the code is trusted. アクセス許可が与えられた場合は、セキュリティ ポリシーとコードからの IsolatedStorageFilePermissionの要求によって、許可される使用法とストレージ クォータの値が決定されます。If the permission is granted, the allowed usage and storage quota values are determined by security policy and by the code's request for IsolatedStorageFilePermission. セキュリティ ポリシーは、.NET Framework 構成ツール (Mscorcfg.msc) を使用して設定します。Security policy is set by using the .NET Framework Configuration Tool (Mscorcfg.msc). それぞれの呼び出し元に最低限適切なアクセス権限が与えられていることを確認するために、コール スタック内のすべての呼び出し元がチェックされます。All callers in the call stack are checked to ensure that each caller has at least the appropriate allowed usage. ランタイムは、ファイルを保存するストアを開いたコードまたは作成したコードに与えられているクォータもチェックします。The runtime also checks the quota imposed on the code that opened or created the store in which the file is to be saved. これらの条件を満たしている場合に、アクセス許可が与えられます。If these conditions are satisfied, permission is granted. クォータは、ストアにファイルが書き込まれるたびに再チェックされます。The quota is checked again every time a file is written to the store.

共通言語ランタイムは、適切な IsolatedStorageFilePermission をすべてセキュリティ ポリシーに基づいて与えるため、アプリケーションのコードはアクセス許可を要求する必要はありません。Application code is not required to request permission because the common language runtime will grant whatever IsolatedStorageFilePermission is appropriate based on security policy. しかし、 IsolatedStorageFilePermissionを含め、アプリケーションに必要な特定のアクセス許可を要求するのにはそれなりの理由があります。However, there are good reasons to request specific permissions that your application needs, including IsolatedStorageFilePermission.

許可されるアクセス権限とセキュリティのリスクAllowed Usage and Security Risks

IsolatedStorageFilePermission で指定されたアクセス権限によって、コードが分離ストレージを成および使用する権限のレベルが決まります。The allowed usage specified by IsolatedStorageFilePermission determines the degree to which code will be allowed to create and use isolated storage. アクセス許可に指定されているアクセス権限と分離タイプの対応関係をまとめた表を次に示します。また、それぞれのアクセス権限に関係するセキュリティのリスクを要約も示します。The following table shows how the allowed usage specified in the permission corresponds to types of isolation and summarizes the security risks associated with each allowed usage.

アクセス権限Allowed usage 分離タイプIsolation types セキュリティのリスクSecurity impact
None 分離ストレージの使用は不可。No isolated storage use is allowed. セキュリティのリスクはありません。There is no security impact.
DomainIsolationByUser ユーザー、ドメイン、およびアセンブリ別の分離。Isolation by user, domain, and assembly. 各アセンブリがドメイン内にサブストアを 1 つ持っています。Each assembly has a separate substore within the domain. このアクセス許可を使用するストアは、さらに、暗黙にコンピューター別にも分離されます。Stores that use this permission are also implicitly isolated by computer. このアクセス許可レベルでは、権限なしの承認されない使用に対してリソースが保護されません。ただし、クォータを適用すると、承認されない使用に対する保護を強化できます。This permission level leaves resources open to unauthorized overuse, although enforced quotas make it more difficult. このような認証されない使用は、サービス不能攻撃と呼ばれます。This is called a denial of service attack.
DomainIsolationByRoamingUser DomainIsolationByUserと同じですが、ローミング ユーザー プロファイルが有効で、クォータが適用されていない場合は、ストアは移動先の場所に保存されます。Same as DomainIsolationByUser, but store is saved to a location that will roam if roaming user profiles are enabled and quotas are not enforced. クォータを使用できないため、ストレージ リソースはサービス不能攻撃に対して、より攻撃されやすくなります。Because quotas must be disabled, storage resources are more vulnerable to a denial of service attack.
AssemblyIsolationByUser ユーザーおよびアセンブリ別の分離。Isolation by user and assembly. このアクセス許可を使用するストアは、さらに、暗黙にコンピューター別にも分離されます。Stores that use this permission are also implicitly isolated by computer. このレベルでは、サービス不能攻撃の防止を強化するためにクォータが適用されます。Quotas are enforced at this level to help prevent a denial of service attack. 別のドメインの同じアセンブリがこのストアにアクセスできるので、アプリケーション間で情報がリークする可能性が大きくなります。The same assembly in another domain can access this store, opening the possibility that information could be leaked between applications.
AssemblyIsolationByRoamingUser AssemblyIsolationByUserと同じですが、ローミング ユーザー プロファイルが有効で、クォータが適用されていない場合は、ストアは移動先の場所に保存されます。Same as AssemblyIsolationByUser, but store is saved to a location that will roam if roaming user profiles are enabled and quotas are not enforced. AssemblyIsolationByUserと同じですが、クォータが適用されないため、サービス不能攻撃のリスクが大きくなります。Same as in AssemblyIsolationByUser, but without quotas, the risk of a denial of service attack increases.
AdministerIsolatedStorageByUser ユーザー別の分離。Isolation by user. 通常、管理ツールやデバッグ ツールのみ、このレベルのアクセス許可が使用されます。Typically, only administrative or debugging tools use this level of permission. このアクセス許可によるアクセスでは、アセンブリの分離とは関係なく、ユーザーの分離ストレージ ファイルやディレクトリはどれも表示または削除できます。Access with this permission allows code to view or delete any of a user's isolated storage files or directories (regardless of assembly isolation). 情報のリークとデータ消失のリスクだけでなく、ほかのリスクもあります。Risks include, but are not limited to, leaking information and data loss.
UnrestrictedIsolatedStorage 全ユーザー、ドメイン、およびアセンブリ別の分離。Isolation by all users, domains, and assemblies. 通常、管理ツールやデバッグ ツールのみ、このレベルのアクセス許可が使用されます。Typically, only administrative or debugging tools use this level of permission. このアクセス許可では、すべてのユーザーのすべての分離ストアがあらゆるリスクにさらされる可能性があります。This permission creates the potential for a total compromise of all isolated stores for all users.

分離ストレージの場所Isolated Storage Locations

オペレーティング システムのファイル システムを使用して分離ストレージの変化を検査すると役立つ場合があります。Sometimes it is helpful to verify a change to isolated storage by using the file system of the operating system. また、分離ストレージ ファイルの場所を知る必要がある場合もあります。You might also want to know the location of isolated storage files. 分離ストレージ ファイルの場所は、オペレーティングによって異なります。This location is different depending on the operating system. いくつかの一般的なオペレーティング システムで、分離ストレージが作成されるルート位置を次の表に示します。The following table shows the root locations where isolated storage is created on a few common operating systems. このルート位置の下の Microsoft\IsolatedStorage のディレクトリを検索してください。Look for Microsoft\IsolatedStorage directories under this root location. ファイル システムの分離ストレージを表示するには、隠しファイルやフォルダーが表示されるようにフォルダーの設定を変更する必要があります。You must change folder settings to show hidden files and folders in order to see isolated storage in the file system.

オペレーティング システムOperating system ファイル システム上の位置Location in file system
Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003 (Windows NT 4.0 からのアップグレード)Windows 2000, Windows XP, Windows Server 2003 (upgrade from Windows NT 4.0) ローミングに対応したストア =Roaming-enabled stores =

<SYSTEMROOT>\Profiles\<user>\Application Data<SYSTEMROOT>\Profiles\<user>\Application Data

ローミングに対応しないストア =Nonroaming stores =

<SYSTEMROOT>\Profiles\<user>\Local Settings\Application Data<SYSTEMROOT>\Profiles\<user>\Local Settings\Application Data
Windows 2000 - クリーン インストール (および Windows 98 と Windows NT 3.51 からのアップグレード)Windows 2000 - clean installation (and upgrades from Windows 98 and Windows NT 3.51) ローミングに対応したストア =Roaming-enabled stores =

<SYSTEMDRIVE>\Documents and Settings\<user>\Application Data<SYSTEMDRIVE>\Documents and Settings\<user>\Application Data

ローミングに対応しないストア =Nonroaming stores =

<SYSTEMDRIVE>\Documents and Settings\<user>\Local Settings\Application Data<SYSTEMDRIVE>\Documents and Settings\<user>\Local Settings\Application Data
Windows XP、Windows Server 2003 - クリーン インストール (および Windows 2000 と Windows 98 からのアップグレード)Windows XP, Windows Server 2003 - clean installation (and upgrades from Windows 2000 and Windows 98) ローミングに対応したストア =Roaming-enabled stores =

<SYSTEMDRIVE>\Documents and Settings\<user>\Application Data<SYSTEMDRIVE>\Documents and Settings\<user>\Application Data

ローミングに対応しないストア =Nonroaming stores =

<SYSTEMDRIVE>\Documents and Settings\<user>\Local Settings\Application Data<SYSTEMDRIVE>\Documents and Settings\<user>\Local Settings\Application Data
Windows 8Windows 8、Windows 7、Windows Server 2008、Windows Vista, Windows 7, Windows Server 2008, Windows Vista ローミングに対応したストア =Roaming-enabled stores =

<SYSTEMDRIVE>\Users\<user>\AppData\Roaming<SYSTEMDRIVE>\Users\<user>\AppData\Roaming

ローミングに対応しないストア =Nonroaming stores =

<SYSTEMDRIVE>\Users\<user>\AppData\Local<SYSTEMDRIVE>\Users\<user>\AppData\Local

分離ストレージの作成、列挙、および削除Creating, Enumerating, and Deleting Isolated Storage

.NET Framework には、 System.IO.IsolatedStorage 名前空間に、分離ストレージを必要とするタスクの実行に役立つ 3 つのクラスが用意されています。The .NET Framework provides three classes in the System.IO.IsolatedStorage namespace to help you perform tasks that involve isolated storage:

分離ストレージ クラスを使用すると、分離ストレージの作成、列挙、および削除を行うことができます。The isolated storage classes enable you to create, enumerate, and delete isolated storage. これらの作業を実行するためのメソッドは、 IsolatedStorageFile オブジェクトを通じて使用できます。The methods for performing these tasks are available through the IsolatedStorageFile object. 操作によっては、分離ストレージを管理する権限を表す IsolatedStorageFilePermission アクセス許可が必要です。また、ファイルやディレクトリにアクセスするためのオペレーティング システム権限が必要な場合もあります。Some operations require you to have the IsolatedStorageFilePermission permission that represents the right to administer isolated storage; you might also need to have operating system rights to access the file or directory.

分離ストレージに関する一般的な作業を具体的に説明する一連の例については、「 関連トピック」に示す「方法」トピックを参照してください。For a series of examples that demonstrate common isolated storage tasks, see the how-to topics listed in Related Topics.

分離ストレージのシナリオScenarios for Isolated Storage

分離ストレージは、次の 4 つのシナリオを含め、さまざまな状況で役立ちます。Isolated storage is useful in many situations, including these four scenarios:

  • ダウンロードされたコントロール。Downloaded controls. 通常の I/O クラスを使用して、インターネットからダウンロードしたマネージド コード コントロールをハード ドライブに書き込むことはできません。ただし、分離ストレージを使用することにより、ユーザーの設定やアプリケーション状態を永続化できます。Managed code controls downloaded from the Internet are not allowed to write to the hard drive through normal I/O classes, but they can use isolated storage to persist users' settings and application states.

  • 共有コンポーネント ストレージ。Shared component storage. アプリケーション間で共有されるコンポーネントで分離ストレージを使用することにより、データ ストアへのアクセスを制限できます。Components that are shared between applications can use isolated storage to provide controlled access to data stores.

  • サーバー ストレージ。Server storage. サーバー アプリケーションでは、アプリケーションに対する要求を行う多数のユーザーに個別のストアを提供するために分離ストレージを使用できます。Server applications can use isolated storage to provide individual stores for a large number of users making requests to the application. 分離ストレージは常にユーザー別に分離されているため、サーバーは、要求を行うユーザーを偽装する必要があります。Because isolated storage is always segregated by user, the server must impersonate the user making the request. サーバーがユーザーを偽装する場合、データは、プリンシパルの ID (アプリケーションがアプリケーションのユーザーを識別するために使用する ID と同じ ID) に基づいて分離されます。In this case, data is isolated based on the identity of the principal, which is the same identity the application uses to distinguish between its users.

  • ローミング。Roaming. アプリケーションでは、分離ストレージをローミング ユーザー プロファイルと共に使用することもできます。Applications can also use isolated storage with roaming user profiles. 分離ストレージとローミング ユーザー プロファイルを一緒に使用することにより、ユーザーの分離ストアは、プロファイルと共に移動します。This allows a user's isolated stores to roam with the profile.

分離ストレージを使用してはならないのは、次のような場合です。You should not use isolated storage in the following situations:

  • 暗号化されていないキー、パスワードなど、重要な機密情報の格納。分離ストレージは信頼性の高いコード、アンマネージ コード、またはコンピューターの信頼されるユーザーからは保護されていません。To store high-value secrets, such as unencrypted keys or passwords, because isolated storage is not protected from highly trusted code, from unmanaged code, or from trusted users of the computer.

  • コードの格納。To store code.

  • 管理者が制御する構成設定と配置設定の格納。To store configuration and deployment settings, which administrators control. ユーザー設定は管理者が制御しないので、構成設定とは見なされません。(User preferences are not considered to be configuration settings because administrators do not control them.)

多くのアプリケーションでは、データベースを使用してデータを格納し、分離しています。データベースを使用する場合は、データベースの 1 行または複数の行で 1 人の特定のユーザーのストレージを表します。Many applications use a database to store and isolate data, in which case one or more rows in a database might represent storage for a specific user. ユーザー数が少ない場合、データベースを使用するオーバーヘッドが重要である場合、またはデータベース機能が存在しない場合は、データベースの代わりに分離ストレージを使用できます。You might choose to use isolated storage instead of a database when the number of users is small, when the overhead of using a database is significant, or when no database facility exists. また、データベース内の行よりも複雑で柔軟性のあるストレージがアプリケーションに必要な場合でも、分離ストレージによって実行可能な選択肢が用意されます。Also, when the application requires storage that is more flexible and complex than what a row in a database provides, isolated storage can provide a viable alternative.

TitleTitle 説明Description
分離のタイプTypes of Isolation さまざまなタイプの分離を説明します。Describes the different types of isolation.
方法: 分離ストレージでストアを取得するHow to: Obtain Stores for Isolated Storage IsolatedStorageFile クラスを使用して、ユーザーおよびアセンブリ別に分離されたストアを取得する例を示します。Provides an example of using the IsolatedStorageFile class to obtain a store isolated by user and assembly.
方法: 分離ストレージでストアを列挙するHow to: Enumerate Stores for Isolated Storage IsolatedStorageFile.GetEnumerator メソッドを使用して、特定のユーザーのすべての分離ストレージのサイズを計算する方法を示します。Shows how to use the IsolatedStorageFile.GetEnumerator method to calculate the size of all isolated storage for the user.
方法: 分離ストレージでストアを削除するHow to: Delete Stores in Isolated Storage IsolatedStorageFile.Remove メソッドを 2 とおりの方法で使用して、分離ストアを削除する方法を示します。Shows how to use the IsolatedStorageFile.Remove method in two different ways to delete isolated stores.
方法: 分離ストレージの領域不足状態に備えるHow to: Anticipate Out-of-Space Conditions with Isolated Storage 分離ストアの残りの領域を計測する方法を示します。Shows how to measure the remaining space in an isolated store.
方法: 分離ストレージでファイルおよびディレクトリを作成するHow to: Create Files and Directories in Isolated Storage 分離ストア内にファイルやディレクトリを作成する例を示します。Provides some examples of creating files and directories in an isolated store.
方法: 分離ストレージ内で既存のファイルおよびディレクトリを検索するHow to: Find Existing Files and Directories in Isolated Storage 分離ストレージ内のディレクトリ構造やファイルを読み取る方法を示します。Demonstrates how to read the directory structure and files in isolated storage.
方法: 分離ストレージ内でファイルの読み取りと書き込みを行うHow to: Read and Write to Files in Isolated Storage 分離ストレージ ファイルに文字列を書き込み、その文字列を読み取る例を示します。Provides an example of writing a string to an isolated storage file and reading it back.
方法: 分離ストレージでファイルおよびディレクトリを削除するHow to: Delete Files and Directories in Isolated Storage 分離ストレージのファイルやディレクトリを削除する方法を示します。Demonstrates how to delete isolated storage files and directories.
ファイルおよびストリーム入出力File and Stream I/O ファイルとデータ ストリームに同期的および非同期的にアクセスする方法を説明します。Explains how you can perform synchronous and asynchronous file and data stream access.

関連項目Reference