クロス プラットフォーム ターゲット

最新の .NET では、複数のオペレーティング システムとデバイスがサポートされます。 .NET のオープンソース ライブラリでは、開発者が Azure でホストされる ASP.NET Web サイトを構築しているか、Unity で .NET ゲームを構築しているかに関わらず、できるだけ多くの開発者をサポートすることが重要です。

.NET および .NET Standard のターゲット

.NET および .NET Standard のターゲットは、.NET ライブラリにクロスプラットフォーム サポートを追加する最善の方法です。

  • .NET Standard は、すべての .NET 実装で使用できる .NET API の仕様です。 .NET Standard をターゲットにすることで、特定のバージョンの .NET Standard 内にある API を使用するように制約されるライブラリを作成できます。これは、そのバージョンの .NET Standard を実装するすべてのプラットフォームで使用できることを意味します。
  • .NET 5 は、Microsoft が積極的に開発している .NET の実装です。 Windows デスクトップ アプリとクロスプラットフォーム コンソール アプリ、クラウド サービス、Web サイトに使用できる統一された機能と API のセットを備えた単一の製品です。

.NET と .NET Standard を比較する方法の詳細については、「.NET 5 と .NET Standard」を参照してください。

.NET Standard

.NET または .NET Standard をターゲットとし、プロジェクトを正常にコンパイルした場合、すべてのプラットフォームでライブラリが正常に実行されることは保証されません。

  1. プラットフォーム固有の API は、他のプラットフォームでは失敗します。 たとえば、Microsoft.Win32.Registry は Windows では成功し、他の OS で使用する場合、PlatformNotSupportedException がスローされます。
  2. API の動作はそれぞれ異なる場合があります。 たとえば、アプリケーションによって iOS や UWP で Ahead Of Time コンパイルが使用される場合、リフレクション API のパフォーマンス特性は異なります。

ヒント

考えられる問題の検出に役立つプラットフォーム互換性アナライザーが .NET チームから提供されます。

✔️ まず、netstandard2.0 ターゲットを含めることから始めてください。

ほとんどの汎用ライブラリでは、.NET Standard 2.0 外の API は必要ありません。 .NET Standard 2.0 はすべての最新のプラットフォームでサポートされており、1 つのターゲットで複数のプラットフォームをサポートする場合に推奨される方法です。

✔️ 最新の .NET で導入された新しい API が必要な場合は、net5.0 ターゲット以降を含めてください。

.NET 5 以降のアプリでは netstandard2.0 ターゲットを使用できるので、net5.0 は必要ありません。 新しい .NET API を使用する場合は、net5.0 を明示的にターゲットとすることを追加する必要があります。

netstandard1.x ターゲットを含めることは避けてください。

.NET Standard 1.x は、NuGet の細かいパッケージ セットとして配布されます。大きなパッケージの依存関係グラフが作成されるため、開発者は構築時に多くのパッケージをダウンロードすることになります。 最新の .NET 実装は .NET Standard 2.0 をサポートしています。 特に古いプラットフォームをターゲットにする必要がある場合は、.NET Standard 1.x のみをターゲットにしてください。

✔️ netstandard1.x ターゲットを必要とする場合は、netstandard2.0 ターゲットを含めてください。

.NET Standard 2.0 をサポートするすべてのプラットフォームでは netstandard2.0 ターゲットを使用し、より小さなパッケージ グラフを作成することで利点が得られますが、古いプラットフォームは引き続き動作し、netstandard1.x ターゲットを使用するようにフォールバックします。

❌ ライブラリがプラットフォーム固有のアプリ モデルに依存する場合は、.NET Standard ターゲットを含めないでください。

たとえば、UWP コントロール ツールキット ライブラリは、UWP でのみ使用できるアプリ モデルによって異なります。 アプリ モデル固有の API を .NET Standard で使用することはできません。

マルチターゲット

場合によっては、ご利用のライブラリからフレームワーク固有の API にアクセスする必要があります。 フレームワーク固有の API を呼び出す最善の方法は、1 つだけでなく、多くの .NET ターゲット フレームワークに対するプロジェクトを構築する、マルチ ターゲットを使用することです。

コンシューマーが個々のフレームワークに対して構築しなくても済むように、.NET Standard 出力に加え、1 つ以上のフレームワーク固有の出力が得られるようにします。 マルチ ターゲットを使用すると、単一の NuGet アセンブリ内にすべてのアセンブリがパッケージ化されます。 その後、コンシューマーは同じパッケージを参照でき、NuGet では適切な実装が選択されます。 .NET Standard ライブラリはフォールバック ライブラリとして機能します。このライブラリは、NuGet パッケージでフレームワーク固有の実装が提供される場合を除き、あらゆる場所で使用されます。 マルチ ターゲットでは、コードで条件付きコンパイルを使用して、フレームワーク固有の API を呼び出すことができます。

複数のアセンブリを含む NuGet パッケージ

✔️ .NET Standard に加え、.NET 実装をターゲットにすることを検討してください。

.NET 実装をターゲットにすることで、.NET Standard 外にあるプラットフォーム固有の API を呼び出すことができます。

これを行うときに、.NET Standard のサポートを放棄しないでください。 代わりに、実装から分離させて、機能 API を提供します。 これにより、ライブラリを任意の場所で使用でき、ランタイムの機能を際立たせることができます。

public static class GpsLocation
{
    // This project uses multi-targeting to expose device-specific APIs to .NET Standard.
    public static async Task<(double latitude, double longitude)> GetCoordinatesAsync()
    {
#if NET461
        return CallDotNetFramworkApi();
#elif WINDOWS_UWP
        return CallUwpApi();
#else
        throw new PlatformNotSupportedException();
#endif
    }

    // Allows callers to check without having to catch PlatformNotSupportedException
    // or replicating the OS check.
    public static bool IsSupported
    {
        get
        {
#if NET461 || WINDOWS_UWP
            return true;
#else
            return false;
#endif
        }
    }
}

❌ すべてのターゲットでソース コードが同じである場合は、マルチターゲットにすること、または .NET Standard をターゲットにすることは避けてください。

.NET Standard アセンブリは、NuGet によって自動的に使用されます。 個々の .NET 実装をターゲットにすると、*.nupkg サイズが増えるだけで、利点はありません。

✔️ netstandard2.0 ターゲットを提供する場合、net461 のターゲットを追加することを検討してください。

.NET Framework から .NET Standard 2.0 を使用する場合、いくつかの問題がありますが、.NET Framework 4.7.2 で対処されました。 .NET Framework 4.6.1 から 4.7.1 を引き続き使用している開発者に、.NET Framework 4.6.1 用にビルドされているバイナリを提供することで、その開発者のエクスペリエンスを向上させることができます。

NuGet パッケージを使用してご利用のライブラリの配布を✔️ 実施してください。

NuGet では開発者にとって最適なターゲットが選択され、開発者が適切な実装を選ぶ必要はなくなります。

✔️ マルチターゲットにする場合は、プロジェクト ファイルの TargetFrameworks プロパティを使用してください。

<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">
  <PropertyGroup>
    <!-- This project will output netstandard2.0 and net461 assemblies -->
    <TargetFrameworks>netstandard2.0;net461</TargetFrameworks>
  </PropertyGroup>
</Project>

✔️ UWP と Xamarin をマルチターゲットにする場合は、MSBuild.Sdk.Extras を使用することを検討してください (プロジェクト ファイルが大幅に簡素化されるため)。

古いターゲット

.NET では、長い間サポート対象外になっている NET Framework のバージョンと、一般的には使用されなくなったプラットフォームをターゲットにすることができます。 できるだけ多くのターゲットでライブラリを動作させる価値はありますが、API の欠落を回避する必要がある場合、オーバーヘッドが大幅に増える可能性があります。 その範囲と制限事項を考えれば、特定のフレームワークをターゲットとする価値はなくなったと思われます。

❌ ポータブル クラス ライブラリ (PCL) ターゲットを含めないでください。 たとえば、「 portable-net45+win8+wpa81+wp8 」のように入力します。

.NET Standard は、クロスプラットフォームの .NET ライブラリをサポートする最新の方法であり、PCL に代わるものです。

❌ サポートされなくなった .NET プラットフォームのターゲットを含めないでください。 たとえば、SL4WP のようになります。