NuGet パッケージの公開

NuGet パッケージは、パッケージ リポジトリから公開され、使用されます。 NuGet.org は最も広く知られ、使用されているリポジトリですが、NuGet パッケージを公開するための場所は数多くあります。

  • NuGet.org は、NuGet パッケージの主要なオンライン リポジトリです。 NuGet.org にあるパッケージはすべて一般に公開されています。 Visual Studio の既定のパッケージ ソースは NuGet.org です。また、多くの開発者にとって、やり取りする唯一のパッケージ リポジトリは NuGet.org です。 NuGet.org は、コミュニティからのフィードバックが必要な安定版パッケージとプレリリース パッケージを公開するのに最適な場所です。

  • MyGet は、オープン ソース プロジェクト用のカスタム パッケージ フィードをサポートしているリポジトリ サービスです。 MyGet のパブリック カスタム フィードは、独自の CI サービスで作成したプレリリース パッケージを公開するのに理想的な場所です。 MyGet には商用のプライベート フィードも用意されています。

  • ローカル フィード を使用すると、フォルダーをパッケージ リポジトリのように扱い、フォルダー内の *.nupkg ファイルを NuGet からアクセス可能にすることができます。 ローカル フィードは、NuGet.org に公開する前に NuGet パッケージをテストする場合に便利です。

注意

NuGet.org では、一度アップロードしたらパッケージを削除することはできません。 一般の UI から見えないようにパッケージを一覧から外すことはできますが、*.nupkg は引き続き復元でダウンロードできます。 また、nuget.org では、パッケージのバージョンを重複させることはできません。 エラーを含む NuGet パッケージを修正するには、正しくないパッケージを一覧から外し、バージョン番号をインクリメントして新しいバージョンのパッケージを公開する必要があります。

✔️ 実行 コミュニティからのフィードバックが必要な安定版パッケージとプレリリース パッケージを公開する場合、NuGet.org を選択します。

✔️ 検討 継続的インテグレーションによるビルドから、プレリリース パッケージを MyGet のフィードに公開します。

✔️ 検討 ローカル フィードか MyGet を使用して、開発環境でパッケージをテストします。 パッケージの動作を確認したら、NuGet.org に公開します。

NuGet.org のセキュリティ

悪意のあるユーザーが自分の NuGet アカウントにアクセスし、悪意のあるバージョンのライブラリをアップロードできないことが重要です。 NuGet.org には、パッケージを公開する際の 2 要素認証と電子メールの通知が用意されています。 NuGet.org にログインした後、[Account settings](アカウント設定) ページでこれらの機能を有効にします。

代替テキスト

✔️ 実行 Microsoft アカウントを使用して NuGet にサインインします。

✔️ 実行 NuGet へのアクセスに対して 2 要素認証を有効にします。

✔️ 実行 パッケージが公開されたときの電子メール通知を有効にします。