エクスポネンシャル バックオフを含む再試行を実装するImplement retries with exponential backoff

エクスポネンシャル バックオフを含む再試行は、最大再試行回数に達するまで、指数関数的に増加する待機時間で操作を再試行する手法です (エクスポネンシャル バックオフ)。Retries with exponential backoff is a technique that retries an operation, with an exponentially increasing wait time, up to a maximum retry count has been reached (the exponential backoff). この手法を利用すると、何らかの理由でクラウド リソースが数秒以上断続的に使用できなくなる可能性があります。This technique embraces the fact that cloud resources might intermittently be unavailable for more than a few seconds for any reason. たとえば、オーケストレーターは、負荷分散のためにコンテナーをクラスター内の別ノードに移動している可能性があります。For example, an orchestrator might be moving a container to another node in a cluster for load balancing. その間は、一部の要求が失敗する可能性があります。During that time, some requests might fail. また、SQL Azure のようなデータベースで、負荷分散のためにデータベースを別のサーバーに移動しているときに、データベースを数秒間使用できなくなる例もあります。Another example could be a database like SQL Azure, where a database can be moved to another server for load balancing, causing the database to be unavailable for a few seconds.

エクスポネンシャル バックオフを使用する再試行ロジックを実装するには、さまざまなアプローチがあります。There are many approaches to implement retries logic with exponential backoff.