.NET でのセキュリティSecurity in .NET

共通言語ランタイムと .NET には、開発者が安全なコードを簡単に記述し、保護されたリソースにアクセスできるように、システム管理者がコードに付与されたアクセス許可をカスタマイズできるようにする、便利なクラスとサービスが多数用意されています。The common language runtime and the .NET provide many useful classes and services that enable developers to easily write secure code and enable system administrators to customize the permissions granted to code so that it can access protected resources. さらに、ランタイムと .NET には、暗号化とロールベースのセキュリティの使用を容易にする便利なクラスとサービスが用意されています。In addition, the runtime and the .NET provide useful classes and services that facilitate the use of cryptography and role-based security.

このセクションの内容In this section

  • セキュリティの基本概念Key Security Concepts
    共通言語ランタイムのセキュリティ機能の概要を説明します。Provides an overview of common language runtime security features. このセクションは開発者およびシステム管理者を対象としています。This section is of interest to developers and system administrators.

  • ロール ベースのセキュリティRole-Based Security
    コード内でロール ベースのセキュリティと対話する方法について説明します。Describes how to interact with role-based security in your code. このセクションは開発者を対象としています。This section is of interest to developers.

  • 暗号モデルCryptography Model
    .NET で提供される暗号化サービスの概要について説明します。Provides an overview of cryptographic services provided by .NET. このセクションは開発者を対象としています。This section is of interest to developers.

  • 安全なコーディングのガイドラインSecure Coding Guidelines
    Reliable .NET アプリケーションを作成するためのベストプラクティスについて説明します。Describes some of the best practices for creating reliable .NET applications. このセクションは開発者を対象としています。This section is of interest to developers.

開発ガイドDevelopment Guide
アプリケーションの作成、構成、デバッグ、セキュリティ、配置、および動的プログラミング、相互運用性、拡張性、メモリ管理、スレッド処理に関する情報を含む、アプリケーション開発用の主要な技術領域とタスクのすべてについての手引書です。Provides a guide to all key technology areas and tasks for application development, including creating, configuring, debugging, securing, and deploying your application, and information about dynamic programming, interoperability, extensibility, memory management, and threading.